Analytics Workspaceでの場所データのレポート places-in-workspace

このドキュメントでは、Analytics Workspaceでロケーションデータをレポートする方法の例を示します。 各手順には、概要と、他のドキュメントページを参照する際に提供される詳細が含まれます。

前提条件

このドキュメントでは、次のことを前提としています。

  1. Places 拡張機能はアプリケーションに実装されています。

    Places 拡張機能の実装について詳しくは、Places 拡張機能を参照してください。

  2. Adobe Analytics ユーザーは管理者で、処理ルールにアクセスできます。

    処理ルールについて詳しくは、「処理ルールの概要」を参照してください。

  3. Launch プロパティで、目的とする Places Service 変数のデータ要素が作成されています。

    Launch のデータ要素について詳しくは、「 データ要素の定義」を参照してください。

1. ローンチルールの作成

デバイスが POI に入ると SDK が Analytics にデータを送信するルールを作成します。 このようなルールの作成については、Analytics への POI エントリおよび離脱データの送信ページで説明します。

この例では、ルールのアクションには、Analytics リクエストに対して定義された次の値があります。

  • Action には Places Entry の値を指定します。

  • コンテキストデータキー poi.name は、データ要素 {%%POI Name%%} の値に設定されています。

「アクションを設定」

2. Analytics 変数の作成

コンテキストデータ(手順 1 で送信)をマッピングするには、まず Analytics レポートスイート用の変数を作成する必要があります。 Analytics での変数の作成について詳しくは、 コンバージョン変数(eVars)を参照してください。

この例では、コンバージョン変数 Evar2 が作成され、Places POI 名 という名前が付けられています。 レポートで公開する場所変数ごとに、追加の変数を作成する必要があります。

analytics 変数の作成」

3.処理ルールの作成

この手順は、コンテキストデータ(手順 1)を Analytics 変数(手順 2)にマッピングするために必要です。 処理ルールの作成について詳しくは、 処理ルールの概要を参照してください。

この例では、コンテキストデータ値 poi.namePlaces POI Name (eVar2) にマッピングする処理ルールを作成しました。 作成する場所変数ごとに、追加の処理ルールを作成する必要があります。

「処理ルールの作成」

4. Workspaceでのレポートの生成

この手順では、手順 1 ~ 3 で収集したデータを表示するための Analytics Workspaceの基本レポートを示します。 Analytics Workspaceの使用方法について詳しくは、Analytics Workspaceの概要を参照してください。

この例では、レポートには次の設定があります。

  • 指標 – 発生件数

  • Dimension- アクション名

    • Dimension別に分類 – Places POI 名

workspace でのレポートの作成」

recommendation-more-help
475fad96-f29f-4dca-a109-68bf0557e825