リリースノート:2022年3月 release-notes-mar-22

2022年3月リリースには、次の機能が含まれています。機能の可用性についてはお使いの Marketo Engage のエディションをご確認ください。

AVAILABILITY
星( 星 )で示す機能は有償オプションです。詳細は Marketo Engage 担当営業にお問い合わせください。

四半期リリース

以下の機能のリリースは、2022年3月11日 ​に始まり、(特に指定のない限り)次の週から各機能が段階的にロールアウトされます。

クロスチャネルオーケストレーション cross-channel-orchestration

  • 動的チャット:リードとアカウントの両方をターゲットして、積極的に、魅力的で 1 対 1 のパーソナライズされた会話によって、web サイト上のあらゆる機会を最大化します。Dynamic Chat を使用すると、Marketo Engageユーザーは、B2B マーケティングおよびセールスの使用例に対して、統合されたクロスチャネルエクスペリエンスの主要な部分としてチャットを活用し始めることができます。 チャット内で直接会議を予約する機能、リードルーティング、スターターテンプレート、ドラッグ&ドロップによる会話の作成などの機能があります。動的チャットは、すべての Marketo Engage パッケージに含まれ、今年にすべての Marketo Engage ユーザにロールアウトされます。

  • メールボットアクティビティフィルタリングの機能強化:以前にリリースしたの機能強化として メールボットアクティビティフィルタリング 機能のオプトイン時に、ボットとして識別されるログアクティビティをオプトインできるようになりました。 ボットが実行したと識別されたアクティビティに基づいて、アクションをフィルタリングしてトリガーを設定できます。

次世代エクスペリエンス modern-ux

  • 次世代エクスペリエンスのための画面の更新:次世代のエクスペリエンスで、トグルスイッチを介してアクセス可能な、最新のデザインと操作性の強化を備えた新しい画面を追加しました。

    • デザインスタジオのフォームリスト表示(新しい一括アクションを含む)
  • プログラムワークフローインポートのアップデート:プログラムワークフローのインポートは、デザインと操作性をアップデートして機能強化した、次世代のエクスペリエンスで提供されます。切替スイッチはなく、自動的に変更されます。

  • 次世代エクスペリエンス切替スイッチの管理者制御:切替スイッチにアクセスできるユーザのタイプを管理者が選択できるように、次世代エクスペリエンスのロールアウトを管理します。

エクスペリエンスの自動化 experience-automation

  • セルフサービスのフローステップ(ベータ版):スマートキャンペーンで使用するカスタマイズされたフローステップを作成する機能により、Marketo Engage とスタックの他の部分との接続性を拡張できます。Marketo のユーザとパートナーの両方がこの機能を活用して、(トリガーキャンペーンでのみ使用できる web フックとは異なり)バッチ、実行可能なキャンペーンで外部の web サービスを使用できます。

  • アセットの有効期限:Classic ユーザエクスペリエンスで、指定した日時に自動的に非アクティブ化するようにスケジュールを設定し、時間的制約のあるアセットとキャンペーンの制御を維持します。

  • スマートキャンペーン優先度の上書き:標準キャンペーン優先順位のトリガーを上書きする機能により、優先度の高いランキングスマートキャンペーンをすぐに実行できます。また、優先度の高い他のタスクの処理リソースを解放するために、優先度の低いトリガースマートキャンペーンの優先度を低くすることもできます。

API の強化 api-enhancements

  • メールの開封トラッキングステータスの無効化を返却:API を介したメールの開封トラッキングステータスの読み取りを許可します。
  • メールから動的コンテンツの件名行を取得:マーケターが BI ツールで動的な件名行を分析できるようになります。
  • プログラムメンバーカスタムフィールドの CRUD:マーケターがプログラムメンバーカスタムフィールドをプログラムで作成できるようになります。
  • カスタムオブジェクト一括エクスポート updatedAt フィルター:マーケターがカスタムオブジェクトをプログラムで同期できるようになります。
  • メールプログラムの優先スタート設定を公開:マーケターが API を介して優先スタートさせるメールプログラムを設定できるようになります。
  • 選択的なプログラムタグ更新:マーケターは、すべてのタグを同時にプッシュすることなく、選択的なタグの更新をプッシュできます
  • アクティビティ一括抽出 actionResult フィールド:マーケターがスキップまたは失敗したアクティビティを識別できるようになります。

四半期を通した段階的リリース

以下の機能はリリース後約 1~2 か月の間に段階的にリリースされます。

Bizible bizible

(星印)

  • BI テンプレート:Bizible は、Tableau および Power BI 用のダウンロード可能な基本的なレポートアーティファクトとサンプルレポートを提供します。ビジネスニーズに合わせてカスタマイズされたカスタムレポートを迅速に開発できるようになります。

Sales Connect sales-connect

(星印)

  • メール接続のスロットリング(GA):メール接続のスロットリングを使用すると、Sales Connect 管理者は、Gmail または Exchange を配信チャネルとして使用する場合に、配信チャネルプロバイダーに引き渡されるメールの割合が強制的な制限を超えないように、メールの送信率を設定できます。

お知らせ announcements

  • Marketo Sky の廃止:Marketo Sky は 3月に利用できなくなります。これは、当社が次世代ユーザエクスペリエンスの提供にリソースを注力しているためです。Marketo Sky 専用の機能へのアクセスを維持するため、アセットの有効期限とスマートキャンペーンの優先順位の上書きが Classic エクスペリエンスに取り入れられます。こちらをクリックすると、詳細が表示されます。

製品リリースウェビナー

2022年3月および 5月の Marketo Engage リリースウェビナー

recommendation-more-help
94ec3174-1d6c-4f51-822d-5424bedeecac