Salesforce Sandbox とのMarketo Measure統合のテスト testing-the-marketo-measure-integration-with-a-salesforce-sandbox

NOTE
この場合、Marketo Measure」 (ドキュメント内)が表示されますが、CRM には「Bizible」が表示されます。 アドビは現在、その更新を行っており、ブランディングの変更がまもなく CRM に反映される予定です。

いずれかの Marketo Measure 主な機能は、Web サイト上でのアクションを通じてデジタルマーケティングの取り組みを追跡し、そのデータを実稼動環境にプッシュする機能です Salesforce org リードと連絡先から。 ただし、通常、サンドボックス統合内に Web サイトから作成されたインバウンドリードはないので、データに対する焦点は純粋にオフラインの観点からなります。

次に、テストの両方の段階で参照される 2 つのソースを示します。 手順 1 ~ 4 および 手順 5~6. 一部の領域で詳細な情報が提供されるので、これらのドキュメントを確認することをお勧めします。

  1. リードをキャンペーンにアップロードするには、CSV でリードを作成する必要があります。 これをおこなう方法は、実稼動版の Salesforce のレポートから一部のリードを書き出すことです。 それ以外の場合は、Excel ファイルにリードを手動で作成し、読み込むための CSV として保存できます。 必要なレコードは約 20 個です。 ファイルには次の列が必要です。

    1. メール
    2. 会社
    3. 名前(姓)
    4. 名(オプション、推奨)
  2. サンドボックス環境にログインします。

  3. テストキャンペーンを作成します。 イベントやニュースレターなどのキャンペーンタイプを使用します。

  4. キャンペーンを作成したら、「 」を選択して、リードをキャンペーンメンバーとしてアップロードします。 メンバーを管理 > メンバーを追加 > ファイルの読み込み.

  5. 完了したら、キャンペーンページレイアウトに戻り、選択リストフィールドである「Enable Buyer Touchpoints」を選択します。 値を選択します。 すべてのキャンペーンメンバーを含める.

この処理が完了すると、 Marketo Measure および Salesforce リードレコードにタッチポイントを適用します。 次の日に、「リードの購入者タッチポイント」というレポートを確認することをお勧めします。詳しくは、 購入者タッチポイントレポート フォルダーを作成します。 レポートが各リードのタッチポイントに入力されている場合は、成功の兆しです。

recommendation-more-help
9deee213-85c8-4c42-8ba8-089345b91d20