履歴データの同期 syncing-historical-data

Marketo Measure は、最も詳細で実用的なデータを提供するソリューションです。 ただし、アトリビューションを必要とする既存のデータが存在する可能性はあると認識しています。 履歴データのタッチポイントを生成することもできますが、このプロセスを進める前に、いくつかの要因を考慮に入れることが重要です。

NOTE
この記事では、古いプロセスについて説明します。 ユーザーには、 新しく改善されたアプリ内プロセス.

考慮すべき要因 factors-to-consider

データは既にキャンペーンに整理されていますか?

a.と同期するには、データをキャンペーンに整理する必要があります。 Marketo Measure タッチポイントを生成するために。 現在キャンペーンにまとめられていない場合は、データを適切なキャンペーンにセグメント化するのに必要な時間とリソースに見合うものかどうかを評価する必要があります。

b.メンバーがキャンペーンに追加された、または応答としてマークされた日付がタッチポイントの日付に使用されるので、これも正確にする必要があります。 Marketo Measure では、SFDC と MSD の両方で日付を更新するための回避策が提供されていますが、ボリュームによっては時間がかかる場合があります。

すべてのチャネル(有料検索、イベント、オーガニックなど)のキャンペーンに整理されたデータの量は、ほぼ同じですか?

正確で「公平」なレポートを作成するには、アトリビューションのバランスのとれた画像を持つことが重要です。 例えば、イベントのような過去のオフラインチャネル活動のデータのみがある場合、データを補完するために、履歴のオンラインデータがない状態で、本質的に偏りが生じます。

どの程度の精度を期待していますか?

基本的に、チャネル、サブチャネルおよびキャンペーン名のみがわかります。

今後のレポートの目標は何ですか?

このデータは限られているので、どのように使用するかを検討することが重要です。 履歴データと将来のデータを比較すると意味がない場合があります。

どのくらい前に行きたいの?

Marketo Measure 前年を過ぎないことを強くお勧めします。

これは、お客様との間で強くお勧めするトピックです。 Marketo Measure 最初ににに問い合わせてください。 上記を検討済みで、続行する場合は、一般的な手順 ( Salesforce および Microsoft Dynamics) が以下に表示されます。

での履歴キャンペーンの同期 Salesforce syncing-historic-campaigns-in-salesforce

オンライン:

オンライン履歴データを同期するには、データを Salesforce キャンペーンに整理し、同期する必要があります。 Marketo Measure 経由 Salesforce キャンペーン同期ルール ( Marketo Measure アプリを使用します。 JavaScript の有効化後に、これらのキャンペーンからタッチポイントが生成されないようにすることが重要です。 これは、タッチポイントの重複を避けるためです。 JavaScript のライブ化後は、オンラインアクティビティが自動的に追跡されるので、SFDC キャンペーンを通じて追跡する必要はありません。 この問題を回避するには、必ずルールに時間の感覚を追加してください。 「キャンペーンメンバーの作成日が次の日付よりも小さい」などの項目が考えられます [JavaScript の開始日]".

過去のオンラインデータのチャネルマッピングコンポーネントは、少し難しい場合があります。 クリーンなレポートを実現するために、できる限り現在のオンラインチャネルルール(オンラインルールシートから)に一致させるようにします。 理想的なチャネルマッピングの例を以下に示します。

NOTE
このチャネルマッピングは、 オフラインチャネル のセクション Marketo Measure アプリを作成します。
Salesforce キャンペーンタイプ
チャネル
サブチャネル
有料検索 — AdWords
ペイド検索
AdWords
有料検索 — Bing
ペイド検索
Bing
有料検索 — Yahoo
ペイド検索
Yahoo

この方法で追加されるオンラインデータは、本質的にオンラインデータに比べて精度が低くなります。 Marketo Measure は、JavaScript を介して追跡します。 例えば、フォーム URL、ランディングページ、リファラーページなどのフィールドは入力されません。 したがって、可能であれば、キャンペーンを各ソースに分割することをお勧めします。 上の例で見たように、レポートの精度を高めるには、各ソースに対して複数のキャンペーンタイプが必要です。

詳細なチャネルマッピングをサポートするために SFDC キャンペーンタイプの数を持つことは不可能か、合理的な場合があるので、チャネルレベルにマッピングするだけで、サブチャネルを無視することもできます。 チャネルレベルも不明な場合は、「履歴デジタル」のようなプロキシチャネルを設定して、少なくともオンラインタッチであることを把握できるようにします。

これらの過去のオンライン活動に対してプッシュされるタッチポイントの日付を一括編集する必要がある場合は、 Marketo Measure カスタム"タッチポイント日の一括更新」ボタン(SFDC のキャンペーンオブジェクトのカスタムフィールドとして使用できます) キャンペーンの期間が短い場合は、1 日ごとにタッチポイントの日付を一括編集することをお勧めします。ただし、キャンペーンの期間が長い場合は、週単位で一括更新をおこなうと効果的です。 「一括更新タッチポイント日」機能を使用している場合は、必ずキャンペーン同期ルールを更新して、「日付」フィールドで「 Buyer Touchpoint Date 」を使用するようにします。 これがすべてではなく 1 ~ 2 個のキャンペーンにのみ適用される場合は、キャンペーン同期ルールでクリエイティブを作成する必要が生じる場合があります。

オフライン:

また、オフラインマーケティング活動(JavaScript で追跡できないもの)の履歴データも、SFDC キャンペーンに整理する必要があります。 SFDC キャンペーンがその道のり Marketo Measure アクティビティが「履歴」か「現在/事後」かに関係なく、オフラインの取り組みを追跡しますMarketo Measure 実装」の場合は、元のオフラインチャネル設定トレーニングで決定したのと同じチャネルマッピングに従います。

必要に応じて、「タッチポイント日の一括更新」ボタンを使用して、キャンペーンメンバーのタッチポイント日を一括編集します。 例えば、イベントの発生後に SFDC キャンペーンを作成する場合、正しい日付に対して一括編集を行う必要があります。 「一括更新タッチポイント日」機能を使用している場合は、必ずキャンペーン同期ルールを更新して、「日付」フィールドで「 Buyer Touchpoint Date 」を使用するようにします。 これがすべてではなく 1 ~ 2 個のキャンペーンにのみ適用される場合は、キャンペーン同期ルールでクリエイティブを作成する必要が生じる場合があります。

での履歴キャンペーンの同期 Dynamics syncing-historic-campaigns-in-dynamics

Marketo Measure は、過去に発生したインタラクションのタッチポイントを、内のキャンペーンに整理されている限り遡って生成できます。 Dynamics.

通常、履歴日付を考慮するために、CRM での作業が含まれます。 また、オンラインアクティビティ(JS で追跡)とオフラインアクティビティ(JS で追跡できない)では、処理が異なります。

で履歴データを整理するには、以下の手順に従います。 Dynamics と同期できる形式で Marketo Measure.

オンライン:

履歴デジタルデータは、次のように整理する必要があります。 Dynamics キャンペーンをバックフィルします。 理想的には、この構造は既に導入されています。

データが他の場所(マーケティングオートメーションにまだ存在するなど)に格納されている場合は、にプッシュする必要があります。 Dynamics 適切なキャンペーンに整理されます。 次に、タッチポイントをにプッシュした日付ではなく、過去の日付を反映するために、タッチポイント日付を考慮する必要があります。 Dynamics. この日付を上書きするには、カスタムの「Buyer Touchpoint Date」フィールドを使用して日付を変更します。 これをマーケティングリストフォームに追加する必要があります。

その結果、タッチポイント日に使用されるマーケティングリストの全員に対して、日付を一括で設定できます。 より正確な履歴日付を取得するには、同じキャンペーンに対して複数のマーケティングリストを作成し、それぞれに独自のタッチポイント日が設定されるようにします。 キャンペーンの期間が短い場合は、1 日ごとにマーケティングリストを作成することをお勧めします。 キャンペーンの期間が長い場合は、週単位でマーケティングリストを作成すると効果的です。

マーケティングリストの同期の詳細については、次を参照してください。 Dynamics キャンペーンとマーケティングリスト

NOTE
何らかの理由で、JavaScript のライブ日を過ぎてアクティブなキャンペーントラッキングのオンラインアクティビティがある場合、必ずタッチポイント終了日」フィールドに含まれている必要があります。 これは、同じインタラクションで重複したタッチポイントが発生するのを防ぐためです。

注意点:この方法で追加されるオンラインデータは、本質的にオンラインデータに比べて精度が低くなります。 Marketo Measure は、JavaScript を介して追跡します。 例えば、フォーム URL、ランディングページ、リファラーページなどのフィールドは入力されません。 したがって、可能であれば、キャンペーンを各ソースに分割することをお勧めします。 理想的なマッピングの例を以下に示します。

Dynamics キャンペーンタイプ
チャネル
サブチャネル
有料検索 — AdWords
ペイド検索
AdWords
有料検索 — Bing
ペイド検索
Bing
有料検索 — Yahoo
ペイド検索
Yahoo

ソースを識別する方法がない場合や、時間と労力の無駄がある場合は、「レガシーデジタル」や「履歴 Web サイト」などのチャネルにマッピングされたキャンペーンタイプを 1 つ使用できます。

オフライン:

過去のオフラインマーケティング活動のタッチポイントを持つには、データを次のように整理する必要があります。 Dynamics キャンペーンと同期済み Marketo Measure. このプロセスは、現在のオフラインチャネルの場合と同じです(マーケティングリストまたはキャンペーンの回答を使用してキャンペーンを同期)。 以下に、チャネルマッピングの例を示します。

Dynamics キャンペーンタイプ
チャネル
サブチャネル
イベント — スポンサー付き会議
イベント
スポンサー付き会議
イベント — パートナーイベント
イベント
パートナーイベント
イベント — ホストされたイベント
イベント
ホストされるイベント
ウェビナー — パートナーウェビナー
ウェビナー
パートナーウェビナー

このデータが正しい日付が設定されたキャンペーンにまだ整理されていない場合は、「Buyer Touchpoint Date」フィールドを使用して、過去のオフラインアクティビティからの正確な日付を反映できます。

recommendation-more-help
9deee213-85c8-4c42-8ba8-089345b91d20