Adobe Learning Manager におけるアクセシビリティ

このドキュメントでは、Learning Manager 学習管理システムが、障がいを持つ学習者向けに提供しているアクセシビリティサポートの概要を説明します。また、プラットフォームのナビゲーションオプションやアクセシビリティ機能についても説明しています。

Learning Managerのプラットフォームは、W3CのWCAG 2.1レベルAおよびAAのアクセシビリティ標準に準拠しています。

Adobe Learning Managerの学習者の役割により、学習者はプラットフォーム内を移動し、次の主要なアクセシビリティ機能を活用できます。

  • スクリーンリーダー
  • キーボード
  • クローズドキャプション
  • その他

スクリーンリーダーのサポート supportforscreenreaders

Adobe Learning Manager は、デスクトップでは NVDA、JAWS、VoiceOver、モバイルでは TalkBack および VoiceOver などのスクリーンリーダーをサポートしています。これにより、学習者は Learning Manager プラットフォームでテキスト読み上げ機能を使用し、コンテンツを読み進めることができます。

デスクトップでサポートされているスクリーンリーダーとブラウザーの組み合わせは次のとおりです。

オペレーティングシステム
ブラウザー
スクリーンリーダー
Windows
Chrome
NVDA
Windows
Firefox
Jaws
macOS
Safari
VoiceOver
Android
Chrome
TalkBack
iOS
Safari
VoiceOver

キーボードナビゲーションのサポート supportforkeyboardnavigation

学習者は、スクリーンリーダーの有無にかかわらず、標準キーを使用してページ間を移動することができます。 これにより、学習者はページにある要素に移動し、スクリーンリーダーを使用してコンテンツを読み取ることができます。

また、Learning Manager では次のキーボードショートカットをサポートしています。

機能
Windows
macOS
ナビゲーションのスキップ
Alt + 1
Option + 1
機能
Windows
macOS
ユーザー通知
Alt + 2
Option + 2
プロファイル設定
Alt + 3
Option + 3
グローバル検索
Alt + 4
Option + 4
ナビゲーションのスキップ
Alt + 1
Option + 1

プレーヤーコントロール

機能
Windows
macOS
再生/一時停止
Alt + P
Option + P
Alt + V
Option + V
音量
Alt + M
Option + M
全画面表示

その他のサポート supportforcolorcontrast

Learning Manager の学習者の役割では、次のようなその他のアクセシビリティ機能に対応しています。

  1. 学習者の役割ページに対するセマンティック構造。これには、見出し、リストのマークアップ、分かりやすいタイトルなどが含まれます。
  2. 学習者の役割全体で、コンテンツや機能を失うことなくブラウザーを最大 200 % まで拡大可能。
  3. テキストやテキスト以外の要素に対する色のコントラストは、学習者の役割で利用可能。 操作性を向上させるには、ビビッドテーマを使用します。
  4. 一貫性を保ち、業界のベストプラクティスに準拠できるように、W3CのWAI ARIAデザインのパターンに対応。

詳細については次を参照してください。

Learning Managerの最上位ワークフロー(学習者の役割) captivateprimetopworkflowslearnerrole

ここでは、Learning Managerでアクセシビリティ機能を使用して、学習者が主要な機能を順を追って操作する方法について説明します。

次を使用します kbd Tabキーを押すと、ページ上のエレメント間を移動できます。 次を使用します kbd Shift + Tab キーを押してナビゲーション方向を逆にします。 キーボードフォーカスは、要素の周りに表示される青い輪郭で示されます。 スクリーンリーダーは、フォーカスされている要素のテキストを読み上げます。

Learning Managerでのトレーニングの検索 searchforatrainingincaptivateprime

  1. これらの手がかりを使用して、ホームページの右上にある検索ボックスに移動してアクセスします。

  2. キーボードを使用してテキストを入力します。 検索結果が表示されます。

  3. キーボードの使用 kbd Up/Down 矢印をクリックして結果をナビゲートするか、 kbd ENTERすべての結果を表示します。

  4. トレーニングが特定されたら、次のテストを行います。 kbd ENTERトレーニングページに移動します。

Adobe Learning Managerでのトレーニングの使用 consumeatraininginadobecaptivateprime

  1. トレーニングを特定したら、 kbd Tabまたは kbd Shift + Tab 「登録/開始」ボタンにナビゲートします。 ボタンのステータスは、そのトレーニングの登録ステータスによって異なります。

  2. ヒット kbd ENTERトレーニングを開始します。

  3. コンテンツの種類に関係なく表示されるコントロールを次に示します。

    • 目次
    • メモ
    • 「再生」/「一時停止」ボタン
    • 全画面表示
    • 「閉じる」ボタン
    • 設定
    • モジュール名ラベル
  4. コンテンツの種類に基づき表示されるコントロールは、次のとおりです。

    • ビデオコンテンツ – 早送り、早戻し、スライダーコントロール。
    • 文書コンテンツ – ページ番号、上ページ、下ページ、ズームイン、ズームアウト
    • eラーニング – クローズドキャプションボタン。
  5. キーボードコントロールをヒット kbd Tabまたは kbd Shift + Tab コントロール間を移動してヒットするには kbd ENTERコントロールを有効または無効にします。

  6. ドキュメントタイプには、次のような矢印コントロールを使用します kbd UP/DOWN をクリックして文書をスクロールします。

特定のニーズに対するアクセシビリティサポート

学習者が特定のニーズに基づいて利用できるアクセシビリティ機能を見てみましょう。

聴覚に障がいがある方、または難聴の方

  • Adobe Captivate オーサリングツールを使用して作成されたコンテンツで利用可能なクローズドキャプションを使用します。
  • ビデオの場合、作成者はクローズドキャプションテキストでビデオをエンコードできます。 このような動画にはクローズドキャプションが埋め込まれており、学習者が利用できます。
  • Learning Manager は、ビデオコンテンツ用のクローズドキャプション WebVTT ファイルをアップロードする機能をサポートしています。詳しくは、「 クローズドキャプションのWebVTTファイルのアップロード.

目が不自由な方、または視力の弱い方

  • 標準のキーボードショートカットとコマンドを使用して、ページ内を参照できます。
  • 前述のスクリーンリーダーを使用して、web ページの情報を読み上げます。
  • 拡大表示を使用して画面を拡大し、読みやすさを向上させます。ブラウザーを 200%に拡大してコンテンツを読むことができます。

色覚に障がいがある方

Adobe Learning Manager の学習者の役割では、WCAG 2.1 標準に準拠し、明確で読みやすいユーザーインターフェイスをユーザーに提供することに尽力しています。

「学習者」ページでの操作性を向上させるには、ビビッドテーマを使用します。

運動制限や手に障がいがある方

Adobe Learning Manager は、引き続きアクセシビリティに焦点を当て、システムの学習者が「学習者」の役割内をスムーズに移動できるよう、現在の機能を改善する予定です。

ビデオのクローズドキャプションサポート

コースの作成中に、作成者は、ビデオファイルと一緒に WebVTT ファイルをアップロードできます。 そのようにして、学習者がビデオを見るときにクローズドキャプションを表示できるようになります。

今後のリリースにおいて対処を予定している事項 whatwillbeaddressedinafuturerelease

  • ビデオのクローズドキャプションサポート。 作成者がビデオファイルと共に SRT ファイルをアップロードできるようにする必要があります。 学習者がビデオのクローズドキャプションを表示できるようにする必要があります。
recommendation-more-help
d5e5961a-141b-4c77-820e-8453ddef913d