クラウドストレージの場所へのデータセットの書き出し export-datasets

Journey Optimizer では、データセットの内容を書き出すために、クラウドストレージの場所とのライブ接続を確立できます。

データを定期的に書き出すことで、顧客とのやり取りの完全で最新の記録を作成し、レポート、アーカイブ、データ分析の目的で容易に利用できるようにします。

ご利用いただけるクラウドストレージの宛先 destinations

カタログ」タブの​ 宛先 ​メニューからアクセスできる 6 つのクラウドストレージの宛先にデータセットを書き出すことができます。

各宛先について詳しくは、 Adobe Experience Platform のドキュメントを参照してください。

書き出しに使用できるデータセット datasets

以下の表から、書き出す Journey Optimizer データセットについて理解します。

データセット
説明
AJO BCC フィードバックイベントデータセット
AJO BCC フィードバックイベントデータセット
AJO 分類データセット
メールおよびプッシュアプリケーションのフィードバックイベントを Journey Optimizer から取り込むデータセット。SDK を通じて作成。
AJO 同意サービスデータセット
プロファイルの同意情報を保存。
AJO メールトラッキングエクスペリエンスイベントデータセット
レポートやオーディエンス作成のために使用されるメールチャネルのインタラクションログ。
AJO エンティティデータセット
エンドユーザーに送信されるメッセージのエンティティメタデータを保存するデータセット。
AJO 受信アクティビティイベントデータセット
配信およびインタラクションイベント用の Journey Optimizer web およびアプリ内チャネルのデータセット。
AJO インタラクティブメッセージプロファイルデータセット
API トリガーキャンペーンをサポートするために作成されたプロファイルを保存します
AJO メッセージフィードバックイベントデータセット
メッセージ配信ログ。レポートやオーディエンス作成を目的とした Journey Optimizer からのすべてのメッセージ配信に関する情報です。バウンスに関するメール ISP からのフィードバックも、このデータセットに記録されます。
AJO プロファイルカウンター拡張機能
counter_id でキー指定された counter_value と expiryDate を含むオブジェクトのマップを保持します
AJO プッシュプロファイルデータセット
プロファイルのプッシュトークンを保存します。
AJO プッシュトラッキングエクスペリエンスイベントデータセット
レポートやオーディエンス作成のために使用されるプッシュチャネルのインタラクションログ。
AJO サーフェスデータセット
Journey Optimizer Inbound Surfaces スキーマに関連する空のデータセット
AOOutputForUPSDataset
UPS にライトバックする AO オーディエンスメンバーシップをすべて含む
オーディエンスオーケストレーションプロファイルデータセット
オーディエンス構成オーディエンス用のオーディエンス構成によって生成されます。すべてのオーディエンス構成オーディエンス、その属性、エンリッチメントデータを含みます
決定オブジェクトリポジトリ - アクティビティ
ユーザーインターフェイスでは「決定」とも呼ばれます。ただし、これらはユーザーが作成するオブジェクトで、決定ロジックを含むすべての構成要素をまとめたものです。例えば、特定のプレースメント(場所)について、考慮する必要があるオファー(オファーのコレクション)と、それらのオファーで使用するランキング方法などです。
決定オブジェクトリポジトリ - フォールバックオファー
これは、ユーザーが作成する、別のタイプのオファーのリポジトリです。具体的には、パーソナライズされたオファーを閲覧する資格がなく、何かを見る必要がある場合でも、少なくともフォールバックオファーは表示されます。このデータセットには、このタイプのオファーの属性が含まれます
決定オブジェクトリポジトリ - パーソナライズされたオファー
これは、ユーザーが作成するタイプのオファーのリポジトリです。したがって、このデータセットには、このタイプのオファーに関する属性が含まれます
決定オブジェクトリポジトリ - プレースメント
これは、オファーを表示する場所を定義するオブジェクトのリポジトリです。
ジャーニーステップイベント
Journey Optimizer から生成され、レポートなどのサービスで使用されるすべてのジャーニーステップエクスペリエンスイベントをキャプチャします。
ジャーニー
ジャーニーの各ステップの情報を格納するメタデータのデータセット
ODE DecisionEvents - 製品決定
リクエストに基づいて決定を下すたびに、それを決定イベントとしてカウントします

前提条件 prerequisites

データセットを書き出すには、アクセス制御権限 listed below. Read the access control overviewが必要です。権限がない場合は、製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

カテゴリ
権限
宛先
データセット宛先の管理とアクティブ化
データ管理
データセットの表示
宛先
宛先の表示

データセットを書き出す主な手順 main-steps

データセットをクラウドストレージの場所に書き出す主な手順を以下に示します。

各手順について詳しくは、Adobe Experience Platform のドキュメントを参照してください。

  1. クラウドストレージの宛先を設定します。まだ行っていない場合は、宛先カタログからクラウドストレージの宛先に接続します。新規宛先接続を作成する方法については、Adobe Experience Platform のドキュメントを参照してください

  2. データセットを書き出す​ クラウドストレージの宛先を選択 ​します。宛先カタログで、目的のカードにある「データセットを書き出し」ボタンをクリックし、使用する接続を選択します。

    note note
    NOTE
    Adobe Journey Optimizer をリアルタイム顧客プロファイルと共に使用している場合、宛先カードに​**「アクティベート」**​ボタンが表示され、有効にした権限に応じて、データセットの書き出しとこの宛先に対するオーディエンスのアクティベートの両方が可能になります。
  3. 選択した宛先に書き出す​ データセットを選択 ​します。書き出しに使用できる Journey Optimizer データセットの詳細情報

  4. データセットの​ 書き出しをスケジュール ​します。書き出しを開始するタイミングと実行する頻度を指定します。

  5. 設定の最後に表示される概要を確認して、書き出しをレビューして確認 ​します。

書き出しが完了すると、設定したスケジュールに従って、データセットの内容がクラウドストレージの場所に保存されます。データセットの書き出しが成功したことを確認する方法については、こちらを参照してください

recommendation-more-help
b22c9c5d-9208-48f4-b874-1cefb8df4d76