Platform Web SDK でのAdobe Analytics for Target(A4T) のログ

パーソナライゼーションにAdobe Targetを使用する場合、パフォーマンス測定に使用するシステムを選択できます。 各 Target アクティビティ では、Target レポートとAdobe Analyticsレポートのどちらを選択できます。

Analytics レポートを使用している場合、Adobe Targetは Analytics に次の情報を伝える必要があります。

  • 訪問者が入力したAdobe Targetアクティビティ
  • どのエクスペリエンスを閲覧したか
  • コンバージョンに達したもの

Adobe Experience Platform Web SDK は、 Analytics for Target(A4T) の 2 種類の Analytics ログの使用例をサポートしています。

ログメソッド
説明
サーバー側分析ログ
Edge ネットワークを通じて送信される Analytics のヒットは、ヒットのステッチプロセスを経ずに、サーバー側の Target の詳細で拡張されます。
クライアントサイド分析ログ
Target データがクライアント側で返されるので、 Data Insertion API.

ログの記録方法は、設定したでAdobe Analyticsを有効にしているかどうかによって異なります。 datastream:

ログメソッドの決定フロー

次の手順

このドキュメントでは、Web SDK 内の A4T データの様々なログメソッドについて簡単に説明しました。 これらの各メソッドについて詳しくは、次のドキュメントを参照してください。

recommendation-more-help
ad108910-6329-42f1-aa1d-5920a2b13636