クエリサービスへの Power BI の接続

このドキュメントでは、Power BI Desktop と Adobe Experience Platform クエリサービスを接続する手順について説明します。

はじめに

このガイドでは、Power BI Desktop アプリに既にアクセスしており、そのインターフェイスの操作方法に精通している必要があります。Power BI Desktop をダウンロードするには、または詳細情報については、公式 Power BI ドキュメントを参照してください。

IMPORTANT
Power BI Desktop アプリケーションは、Windows デバイスで​ のみ ​使用できます。

Power BI を Experience Platform に接続するために必要な資格情報を取得するには、Platform UI のクエリワークスペースにアクセスできる必要があります。現在、クエリワークスペースにアクセスできない場合は、組織の管理者にお問い合わせください。

Power BI をインストールした後、PostgreSQL の .NET ドライバーパッケージである Npgsql をインストールする必要があります。Npgsql について詳しくは、Npgsql のドキュメントを参照してください。

IMPORTANT
新しいバージョンではエラーが発生するので、v4.0.10 以前をダウンロードする必要があります。

カスタム設定画面の「Npgsql GAC Installation」で「Will be installed on local hard drive」を選択します。

Npgsql が正しくインストールされていることを確認するには、次の手順に進む前にコンピューターを再起動してください。

クエリサービスへの Power BI の接続 connect-power-bi

Power BI をクエリサービスに接続するには、Power BI を開き、上部のメニューリボンで「Get Data」を選択します。次に、検索バーに「PostgreSQL」と入力して、データソースのリストを絞り込みます。表示される結果から、「PostgreSQL database」を選択し、続いて「Connect」を選択します。

PostgreSQL データベースダイアログが表示され、サーバーとデータベースの値の入力が求められます。Power Query Desktop から PostgreSQL データベースに接続する方法の追加手順については、PowerBI の公式ドキュメントを参照してください。

これらの必須値は、Adobe Experience Platform 資格情報から取得されます。資格情報を見つけるには、Platform UI にログインし、左側のナビゲーションから「クエリ」を選択し、続いて「資格情報」を選択します。データベース名、ホスト、ポートおよびログイン資格情報の検索について詳しくは、資格情報ガイドを参照してください。

IMPORTANT
Power BIユーザーまたは Tableau ユーザーは、「クエリサービスの資格情報」タブからCustomer Journey Analyticsを BI ツールに接続できます。 の方法については、資格情報ドキュメントを参照してください。 bi ツールをCustomer Journey Analyticsに接続.

「資格情報」タブと期限切れになる資格情報がハイライト表示されている Experience Platform クエリワークスペース

PostgreSQL database ダイアログの「Server」フィールドに、クエリサービスの「資格情報」セクションに表示されているホストの値を入力します。実稼動環境の場合は、ホスト文字列の末尾にポート :80 を追加します。例:made-up.platform-query.adobe.io:80

Database」フィールドには、「all」かデータセットテーブル名のいずれかを指定できます。例:prod:all

IMPORTANT
ネストされたデータ構造をサードパーティの BI ツール用にフラット化して、より使いやすいデータ構造にし、データの取得、分析、変換およびレポートに必要なワークロードを軽減できます。データベースへの接続時にこの設定をアクティブにする方法については、FLATTEN機能に関するドキュメントを参照してください。

データ接続モード data-connectivity-mode

次に、「Data Connectivity mode」を選択できます。PostgreSQL database ダイアログで、「Import」に続いて「OK」を選択して、使用可能なすべてのテーブルを一覧表示するか、「DirectQuery」を選択して、データを Power BI に直接読み込んだりコピーしたりせずにデータソースを直接クエリします。

Import モードについて詳しくは、テーブルの読み込みの節を参照してください。DirectQuery モードについて詳しくは、データの読み込みを伴わないデータセットのクエリの節を参照してください。

データベースの詳細を確認した後、「OK」を選択します。

認証 authentication

データ接続モードを確認すると、ユーザー名、パスワードおよびアプリケーション設定の入力を求めるプロンプトが表示されます。この場合のユーザー名は組織 ID であり、パスワードは認証トークンです。両方ともクエリサービスの資格情報ページで確認できます。

これらの詳細を入力し、「Connect」を選択して次の手順に進みます。

テーブルの読み込み import

Import Data Connectivity mode」を選択すると、完全なデータセットが読み込まれ、選択したテーブルと列を Power BI Desktop アプリケーション内でそのまま使用できます。

IMPORTANT
最初の読み込み以降に発生したデータの変更を確認するには、データセット全体を再度読み込んで Power BI 内でデータを更新する必要があります。

テーブルを読み込むには、サーバーとデータベースの詳細を上記のように入力し、「Import Data Connectivity mode」に続いて「OK」を選択します。Navigator ダイアログが表示され、使用可能なすべてのテーブルが一覧表示されます。プレビューするテーブルに続いて「Load」を選択して、データセットを Power BI に取り込みます。これで、テーブルが Power BI に読み込まれます。

Power BI Desktop アプリでのデータへの接続に関する一般情報については、公式ドキュメントを参照してください。

カスタム SQL を使用したテーブルの読み込み

Power BI のほか、 Tableau などのサードパーティツールでは、現在、Platform の XDM オブジェクトなどのネストしたオブジェクトを読み込めません。 これに対処するために、 Power BI では、カスタム SQL を使用してこれらのネストされたフィールドにアクセスし、フラット化されたデータビューを作成できます。 Power BI では、次に、以前にネストされたデータのこうしたフラット化されたビューを通常のテーブルとして読み込みます。

PostgreSQL database ダイアログで「Advanced options」を選択して、「SQL statement」セクションにカスタム SQL クエリを入力します。 このカスタムクエリは、JSON の名前と値のペアをテーブル形式にフラット化するために使用します。 詳細オプションの SQL 文を使用して Power BI に接続する方法についても、公式ドキュメントを参照してください。

カスタマイズしたクエリを入力したら、「OK」を選択して、データベースへの接続を続行します。 ワークフローのこの部分からデータベースに接続する方法については、前述の認証の節を参照してください。

認証が完了すると、フラット化されたデータのプレビューが Power BI Desktop ダッシュボードにテーブルとして表示されます。 サーバー名とデータベース名がダイアログの上部に一覧表示されます。 「Load」を選択すると、読み込みプロセスが完了します。

これで、ビジュアライゼーションを Power BI Desktop アプリから編集したり書き出したりできるようになりました。

データの読み込みを伴わないデータセットのクエリ direct-query

DirectQuery Data Connectivity mode では、データを Power BI Desktop に読み込んだりコピーしたりせずにデータソースに対して直接クエリを実行します。 この接続モードを使用すると、UI を通じてすべてのビジュアライゼーションを現在のデータで更新できます。 ただし、ビジュアライゼーションの生成または更新に要する時間は、基になるデータソースのパフォーマンスによって異なります。

DirectQuery の使用とその接続オプション、ユースケースおよび制限事項に関する包括的な議論について詳しくは、PowerBI の公式ドキュメントを参照してください。

この Data Connectivity mode を使用するには、「DirectQuery」切り替えスイッチに続いて「Advanced options」を選択して、「SQL statement」セクションにカスタム SQL クエリを入力します。 「Include relationship columns」が選択されていることを確認します。 クエリが完成したら、「OK」を選択して続行します。

クエリのプレビューが表示されます。 「Load」を選択して、クエリの結果を確認します。

次の手順

このドキュメントでは、 Power BI Desktop アプリに接続する方法と使用可能な様々なデータ接続モードについて説明しました。 クエリの作成および実行方法について詳しくは、 クエリ実行のガイダンスを参照してください。

recommendation-more-help
ccf2b369-4031-483f-af63-a93b5ae5e3fb