監査イベントのリストの書き出し

イベントデータを取得するには、 /audit/export エンドポイントで、ペイロードで取得するイベントを指定します。

API 形式

GET /audit/export
パラメーター
説明
timestamp
タイムスタンプでフィルタリングする場合、正確な値ではなく、> および < 演算子を使用して範囲を使用することをお勧めします。
例: ?property=timestamp<2020-02-08T02:46:48.610862Z&property=timestamp>2020-01-01T02:46:48.610862Z.
status

アクションのステータス。 ステータスは、次のいずれかになります。

  • Allow

  • Deny

  • Failure

  • Success

例: ?property=status==Deny.

action

イベントに対して記録されたアクションのタイプ。 アクションは、次のいずれかになります。

  • Add
  • Create
  • Dataset activate
  • Dataset remove
  • Delete
  • Disable for profile
  • Enable
  • Enable for profile
  • Profile activate
  • Profile remove
  • Remove
  • Reset
  • Segment Activate
  • Segment remove
  • Update

例:?property=action==Create

user
イベントを実行したユーザー。
assetType
アクションが実行された Platform リソースのタイプ。
例: ?property=assetType==<an asset type>.

リクエスト

curl -X POST \
  https://platform.adobe.io/data/foundation/audit/events
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -H 'x-request-id: {TRACING_ID}' \

応答

結果は、書き出し用に CSV ファイルに生成されます。 正常な応答は、HTTP 307 と応答本文を返しません。 書き出しファイルへのリンクは、 Location 応答ヘッダー。

recommendation-more-help
5741548a-2e07-44b3-9157-9c181502d0c5