第 2 部:プロジェクト範囲を定義する際の検討事項 part-considerations-as-projects-are-scoped

このページは 5 部構成のシリーズの第 2 部で、AEM Screens の導入を成功に導くためのプリセールス面の検討事項をチームメンバーがより深く理解できる内容になっています。

概要 overview

次のチュートリアルでは、プロジェクトの検出時に識別する必要がある要素について説明します。 また、プロジェクトを評価するための関係者のインプットと、適切な設計に必要な準備についても説明します。

デジタルサイネージプログラムを正常にデプロイするために必要な主要要素は、次のとおりです。

  • コンテンツ戦略
  • 事業運営要件
  • IT およびネットワーク環境の検出
  • オーディオ/ビデオの要件
  • 装置仕様
  • サイト対応
NOTE
意図した価値を適切に実現するために、アプリケーションがソフトウェア、ハードウェア、および接続リソースをどのように使用するかを考慮したコンテンツ戦略を定義します。

デジタルサイネージプロジェクトの検討事項の概要 summary-of-project-considerations-in-a-digital-signage

コンテンツ戦略を策定する際には、I/O レイヤー、アセットタイプ、オーディエンスのセグメント化、日分割スケジュール要件など、いくつかの考慮事項があります。

I/O レイヤー i-o-layers

I/O は、オーディエンスの近接性の検知に基づいて、コンテンツの条件付き再生を実行します。例えば、センサーが近接性を検知したら、コンテンツの再生を「パッシブコンテンツ」から「インタラクティブ再生」に変更することができます。この機能は、人口統計に基づいたコンテンツを提供することが望まれるアプリケーションで特に役立ちます。

コンテンツアセットタイプ content-asset-types

コンテンツアセットに関するエンドクライアントの意図を理解しやすくするために、次の点を考慮してください。

  • コンテンツが印刷、テレビ、web のどのキャンペーンから再利用されるか?
  • コンテンツが静的画像で構成されるか、動的に入力されるコンポーネントを組み込んだテンプレートで構成されるか?
  • アニメーションはビデオまたは HTML プログラムとして再生されるか?
  • コンテンツサブスクリプションサービス、ソーシャルメディア、RSS 集約サービスまたは API 呼び出しなどとのサードパーティ統合があるか?
  • 画像の解像度にはどのような要件があるか。
  • 画面の縦横比は標準の 16:9 かカスタムか。縦置きか横置きか。
  • マルチスクリーンビデオウォールは必要か?その場合、どのような設定か?
  • コンテンツは、運用収益や広告収益に結び付けられていて、ダウンタイムを防ぐためのフェイルオーバー戦略が必要か?

オーディエンスのセグメント化、日分割 audience-segmentation-day-parts

日分割戦略を採用すると、エンドクライアントはコンテンツをセグメント化できます。 適切なオーディエンスに適切なタイミングでメッセージをターゲティングするのに役立ちます。 この機能は、多くのコンテンツ寄稿者がプレイリスト全体を構成する広告または小売ネットワークで特に効果的です。

事業運営要件 business-operations-requirements

ビジネス運営は、コンテンツ戦略に関する会話で定義する上でも重要です。 エンドクライアントのサポート要件を形式化することで、デプロイメント後の期待事項の管理に役立ち、サポートの労力を適切に測定できます。

オーディオ/ビデオの要件 a-v-requirements

また、機器の保守に必要なデバイスアクセスに関する検討事項と同様に、取り付けのシナリオも定義する必要があります。これは、初期の設置作業と機器のレコメンデーションに影響を与えるだけでなく、継続的な保守およびサポートの要件も左右します。

サイト対応 site-readiness

プリセールス・プロセスの最後のステップは、サイトの準備を決定することです。 準備は、サイト、プロジェクト、進捗の詳細を把握するサイト調査を通じて容易におこなうことができます。 サイトの準備では、基本的にインストール前の現在の場所の状態を把握し、技術者が到着する前にお客様が準備または対応を予定している項目を特定します。 通常、このチェックリストには、電力、データ、家具の取り外し、ほこりの除去などの項目が含まれます。

第 2 部:プロジェクト範囲を定義する際の検討事項に関するビデオチュートリアル part-video-tutorial-on-considerations-as-projects-are-scoped

次のチュートリアルに従って、コンテンツ戦略、I/O レイヤー、アセットタイプおよびオーディエンスのセグメント化について学習します。 日分割、ビジネス運用要件およびサイト準備に関する考慮事項について読みます。

プロジェクト範囲を定義する際の検討事項

コンテンツ戦略、I/O レイヤー、アセットタイプおよびオーディエンスのセグメント化について説明します。 日分割、ビジネス運用の要件、サイト準備に関する考慮事項について読みます。

次のステップ the-next-step

プロジェクトの洗い出し作業で特定された要素を理解し、プロジェクトを評価し適切な設計を準備するための関係者のアドバイスを提供します。 プロジェクト計画全体に関係する主な用語について説明します。 このような用語には、プロジェクトサイクル、ハードウェアテストに関係するアクション、概念実証、パイロット、ロールアウトが含まれます。

詳しくは、テスト、POC、パイロット、ロールアウト ​を参照してください。

recommendation-more-help
adce462a-f916-4dbe-9ab5-0b62cfb0f053