迅速な開発環境の設定方法

AEM as a Cloud Service で迅速な開発環境(RDE)を​ 設定する方法 ​を説明します。

このビデオでは、次の内容を紹介します。

  • Cloud Manager を使用した、プログラムへの RDE の追加
  • Adobe IMS を使用した RDE ログインフロー(他の AEM as a Cloud Service 環境との類似)
  • Adobe I/O Runtime 拡張可能 CLI(別名 aio CLI)の設定
  • AEM RDE および Cloud Manager のセットアップと設定 aio CLI 非インタラクティブモードを使用するプラグイン。 インタラクティブモードの場合は、を参照してください 設定手順

前提条件

以下をローカルにインストールしておく必要があります。

ローカル設定

WKND Sites プロジェクトのコードとコンテンツをローカルマシンから RDE 上にデプロイするには、次の手順を実行します。

Adobe I/O Runtime 拡張可能 CLI

コマンドラインから次のコマンドを実行して、Adobe I/O Runtime 拡張可能 CLI(別名 aio CLI)をインストールします。

$ npm install -g @adobe/aio-cli

aio CLI プラグインのインストールとセットアップ

aio CLI で RDE を操作するには、プラグインがインストールされ、組織、プログラム、RDE 環境 ID が設定されている必要があります。 設定は、よりシンプルなインタラクティブモードまたは非インタラクティブモードを使用して、aio CLI で実行できます。

対話モード

を使用して、AEM RDE プラグインをインストールしてセットアップします。 aio cliplugins:install コマンド。

  1. を使用して、aio CLI のAEM RDE プラグインをインストールします。 aio cliplugins:install コマンド。

    code language-shell
    $ aio plugins:install @adobe/aio-cli-plugin-aem-rde
    $ aio plugins:update
    

    AEM RDE プラグインは、開発者がローカルマシンからコードとコンテンツをデプロイできるようにします。

  2. 次のコマンドを実行してAdobe I/O Runtime拡張可能 CLI にログインし、アクセストークンを取得します。 Cloud Manager と同じAdobe組織にログインしてください。

    code language-shell
    $ aio login
    
  3. 次のコマンドを実行して、インタラクティブモードを使用して RDE を設定します。

    code language-shell
    $ aio aem:rde:setup
    
  4. CLI では、組織 ID、プログラム ID、環境 ID を入力するよう求められます。

    code language-shell
    Setup the CLI configuration necessary to use the RDE commands.
    ? Do you want to store the information you enter in this setup procedure locally? (y/N)
    
    • を選択 不可 1 つの RDE のみを使用し、RDE 設定をローカルマシンにグローバルに保存する場合。

    • を選択 はい 複数の RDE を使用する場合、または RDE 設定をローカルに現在のフォルダーのに保存する場合 .aio ファイル(プロジェクトごとに)。

  5. 使用可能なオプションのリストから、組織 ID、プログラム ID、RDE 環境 ID を選択します。

  6. 次のコマンドを実行して、組織、プログラム、環境が正しくセットアップされていることを確認します。

    code language-shell
    $ aio aem rde setup --show
    
非インタラクティブモード

を使用して、Cloud Manager およびAEM RDE プラグインをインストールしてセットアップします。 aio cliplugins:install コマンド。

code language-shell
$ aio plugins:install @adobe/aio-cli-plugin-cloudmanager
$ aio plugins:install @adobe/aio-cli-plugin-aem-rde
$ aio plugins:update

Cloud Manager プラグインは、開発者がコマンドラインから Cloud Manager を操作できるようにします。

AEM RDE プラグインは、開発者がローカルマシンからコードとコンテンツをデプロイできるようにします。

aio CLI プラグインは、RDE とやり取りするように設定する必要があります。

  1. まず、Cloud Manager を使用して、組織、プログラム、環境の ID の値をコピーします。

    • 組織 ID:プロファイル画像/アカウント情報(内部)/モーダルウィンドウ/現在の組織 ID から値をコピーします

    組織 ID

    • プログラム ID:プログラム概要/環境/{ProgramName}-rde/ブラウザー URI/program//environment の間の数値から値をコピーします

    プログラム ID と環境 ID

    • 環境 ID:プログラム概要/環境/{ProgramName}-rde/ブラウザー URI/environment/ の後の数値から値をコピーします

    プログラム ID と環境 ID

  2. の使用 aio cliconfig:set コマンド次のコマンドを実行して、これらの値を設定します。

    code language-shell
    $ aio config:set cloudmanager_orgid <ORGANIZATION ID>
    $ aio config:set cloudmanager_programid <PROGRAM ID>
    $ aio config:set cloudmanager_environmentid <ENVIRONMENT ID>
    
  3. 次のコマンドを実行して、現在の設定値を確認します。

    code language-shell
    $ aio config:list
    
  4. 現在ログインしている組織の切り替えまたは確認:

    code language-shell
    $ aio where
    

RDE アクセスの検証

次のコマンドを実行して、AEM RDE プラグインのインストールと設定を確認します。

$ aio aem:rde:status

RDE ステータス情報として、環境ステータス、AEM プロジェクト ​バンドルのリスト、オーサー サービスとパブリッシュサービスの設定が表示されます。

次の手順

お気に入りの統合開発環境(IDE)からコードとコンテンツをデプロイして、開発サイクルを高速化する RDE の使用方法を説明します。

その他のリソース

プログラムドキュメントでの RDE の有効化

Adobe I/O Runtime 拡張可能 CLI(別名 aio CLI)の設定

aio CLI の使用とコマンド

AEMの迅速な開発環境とやり取りするためのAdobe I/O Runtime CLI プラグイン

Cloud Manager aio CLI プラグイン

recommendation-more-help
4859a77c-7971-4ac9-8f5c-4260823c6f69