Adobe Experience Manager as a Cloud Service の 2023.12.0 リリースノート release-notes

以下の節では、Experience Manager as a Cloud Service の 2023.12.0 バージョンの機能リリースノートの概要について説明します。

NOTE
ここから、以前のバージョン(例えば、2021年、2022年)のリリースノートに移動できます。
Experience Manager as a Cloud Service の今後の機能のアクティベーションについての詳細は、Experience Manager リリースロードマップをご覧ください。
NOTE
リリースに直接関連しないドキュメント更新の詳細については、最近のドキュメントの更新を参照してください。

リリース日 release-date

Adobe Experience Manager as a Cloud Service の最新の機能リリース(2023.12.0)のリリース日は、2023年12月14日(PT)です。次回の機能リリース(2024.1.0)は 2023年1月25日(PT)に予定されています。

メンテナンスリリースノート maintenance

最新のメンテナンスリリースノートについては、こちらをご覧ください。

Experience Manager Sites as a Cloud Service sites

早期導入プログラム sites-early-adopter

を利用できます RUM (Real User Monitoring)データ・サービス AEMas a Cloud Service用のクライアントサイド収集を有効にします。

実ユーザーモニタリング(RUM)データサービスは、ユーザーインタラクションをより正確に反映し、web サイトのエンゲージメントの信頼性の高い測定を保証します。 ページのパフォーマンスに関する高度なインサイトを取得する絶好の機会です。 これは、アドビが管理する CDN やアドビ以外が管理する CDN を使用するお客様にとって有益です。さらに、アドビ以外が管理する CDN を使用しているお客様は、自動トラフィックレポートを有効にできるようになり、アドビとトラフィックレポートを共有する必要がなくなります。

この新機能のテストやフィードバックの共有に関心がある場合は、にメールを送信してください。 aemcs-rum-adopter@adobe.comに加え、Adobe IDに関連付けられたメールアドレスから取得した実稼動、ステージ、開発環境のドメイン名を使用します。 その後、アドビの製品チームが、リアルユーザーモニタリング(RUM)データサービスを有効にします。

Experience Manager Assets as a Cloud Service assets

アセットビューの新機能 assets-view-features

Adobe Firefly を使用した生成 AI 画像の作成

Adobe Firefly のテキストから画像生成機能を統合して、検索クエリに基づいて新しい画像を作成します(Adobe Firefly ライセンスが必要です)。

Assets Firefly の統合

類似検索画像

画像を選択し、Experience Manager Assets リポジトリで類似の画像を表示することで、コンテンツを簡単に検索できるようになりました。

Experience Manager Forms as a Cloud Service forms

の新機能 Experience Manager Forms forms-features

  • アダプティブFormsとMicrosoft® SharePoint リストの接続:AEM Formsでは、フォームデータをSharePoint リストに直接送信する OOTB 統合が提供され、SharePoint リストの機能を使用できるようになります。 Microsoft SharePoint リストをフォームデータモデルのデータソースとして設定し、を使用できます フォームデータモデルを使用して送信 アダプティブフォームをSharePoint リストに接続するための送信アクション。

早期導入プログラム forms-early-adopter

  • Adobe Workfront Fusion シナリオへのアダプティブフォームの送信:Forms as a Cloud Service には、アダプティブフォームを Adobe Workfront に簡単に接続するための標準オプションが用意されています。これにより、Adobe Workfront シナリオにアダプティブフォームを送信するプロセスが簡単になり、アダプティブフォームの送信時に Workfront Fusion シナリオをトリガーできます。

  • 右横書き言語のサポート:コアコンポーネントに基づいて作成されたアダプティブフォームを、アラビア語、ペルシア語、ウルドゥー語などの右横書き(RTL)言語で表示できるようになりました。RTL 言語は、世界中で 20 億人以上の人々が話しています。RTL 言語のフォームを使用すると、アダプティブフォームのリーチを拡大して、これらの多様なオーディエンスに対応し、RTL マーケットを選択できます。また、特定の地域では、現地の言語でフォームを提供することは法的義務として定められています。現地の言語に対応することで、より幅広いオーディエンスに扉を開くだけでなく、関連する法律や規制を確実に遵守できます。

    右横書き言語のサポート

  • DocAssurance API(通信 API の一部)を使用したドキュメントの保護:DocAssurance API を使用すると、ドキュメントに署名および暗号化して、機密情報を保護できます。暗号化により、ドキュメントのコンテンツは読み取り不可能な形式に変換され、許可されたユーザーのみがアクセスできるようになります。この強化された保護層は、貴重なデータを信頼できない環境にさらすことなく、安心感ももたらします。Signature API を使用すると、組織は配布および受信する Adobe PDF ドキュメントのセキュリティとプライバシーを保護できます。このサービスでは、デジタル署名と証明書を使用して、意図された受信者のみがドキュメントを変更できるようにします。

    公式メール ID から aem-forms-ea@adobe.com に送信して早期導入プログラムに参加し、機能へのアクセスをリクエストできます。

Experience Manager as a Cloud Service の基盤 foundation

CDN 設定の早期導入プログラム cdn-config-early-adopter

最近リリースされたに加えて トラフィックフィルタールール(オプションでライセンス可能な Web アプリケーションファイアウォール(WAF)ルールが含まれる)場合は、設定パイプラインを使用して、他のタイプの CDN 設定を宣言およびデプロイできます。 次のようなユースケースについてお聞かせください。

  • 301/302 クライアントサイドのリダイレクト
  • 任意の接触チャネルに対するエッジでのリクエストのプロキシ処理
  • URL 変換
  • リクエストヘッダーまたは応答ヘッダーの設定または変更
  • CDN が AEM に到達できない場合のカスタムエラーページ
  • ユーザー名/パスワードによる認証
  • その他の便利な CDN 設定

メールの送信先 aemcs-cdn-config-adopter@adobe.com フィードバックを含む公式メール ID から。

Cloud Manager cloud-manager

Cloud Manager の月次リリースの完全なリストは、こちらで確認できます。

移行ツール migration-tools

移行ツールのリリースの完全なリストは、こちらで確認できます

recommendation-more-help
fbcff2a9-b6fe-4574-b04a-21e75df764ab