アクションセンター actions-center

AEM as Cloud Service では、即時対応を求められる重大なインシデントが発生した場合のアクションセンターのメール通知や、最適化のための事前対応の推奨事項が送信されます。例えば、ブロックされたキューや、期限が切れる一連の資格情報などです。すべてのアクションセンター通知タイプは下の表で確認でき、この表には時間の経過と共に項目が追加されます。

アクションセンターのメール通知を受信したら、クリックすると AEM as a Cloud Service のアクションセンターとポップアップが開き、顧客が実行すべきアクションを説明する追加のコンテキストが表示されます。

アクションセンターは、クリックした通知に関する情報を表示するだけでなく、現在および過去に受信した一連の通知を表示して管理するための拠点としても機能します。

アクションセンターに表示される通知には、大きく分けて 2 つのカテゴリがあります。

  1. 運用上のインシデント - イベントが発生した場合に表示され、通常、迅速な解決が求められます(ブロックされたキューの解決など)。
  2. プロアクティブなレコメンデーション - アドビでは、顧客が近い将来に実行するべきアクションについてレコメンデーションを提供しています。例えば、非推奨の UI の参照を停止する、など

アクションセンターで現在サポートされている通知について詳しくは、以下の表を参照してください。

アクションセンターから特定のプログラムと環境を選択することができ、これにより選択した範囲のフィルタリングが行われます。

設定 configuration

受信するアクションセンターの電子メール通知を設定するには、こちらの記事の説明に従って、「インシデント通知 - Cloud Service」製品プロファイルおよび「事前通知 - Cloud Service」製品プロファイルを作成します。また、組織の適切な Adobe ID をこれらのプロファイルに割り当てます。これにより、管理者は、これらの電子メール通知を受信する対象ユーザーを決定できます。

NOTE
アクションセンターの電子メール通知は組織レベルで機能するので、サブスクライバーは、すべてのプログラムとプログラム内の環境に関する通知を受信します。

詳細なユーザーフロー detailed-user-flow

メールをクリックすると、アクションセンターに移動し、クリックした通知のコンテキストを示すポップアップと、是正措置の実行方法を説明する追加情報へのリンクが表示されます。また、次の場所からアクションセンターに直接アクセスすることもできます:https://experience.adobe.com/aem/actions-center。アクションセンターでは、関連するプログラムおよび環境を選択できます。

インシデントの詳細

詳細情報 ​リンクをクリックすると、ユーザーはこの記事に移動し、以下のサポートされている通知タイプの表で通知タイプを参照して、実行するアクションに関するガイダンスを確認できます。

アクションセンターには、その他の最近の通知がリスト表示されます。通知を確認することで組織がタスクを認識していることをアドビに伝えるために、または後で是正措置が実行されたときに通知を解決するために、アクションリストの使用をお勧めします。

通知リスト

ほとんどの場合、問題を解決するために必要なすべてのコンテキストがポップアップに表示されます。ただし、アドビサポートに質問がある場合は、ポップアップの​ サポートへのお問い合わせ ​リンクをクリックします。表示されたフォームで質問を説明して送信し、サポートチケットを作成することができます。このフォームには、アドビサポートエンジニアが関連コンテキストを把握できるように、特定の通知への参照も含まれます。

サポートへのお問い合わせ 1

サポートへのお問い合わせ 2

すべてのサポートチケットと同様に、Adobe Admin Console の「サポートケース」タブに表示されるので、追跡したり、コメントを追加したりできます。

Admin Console サポート

表示される通知 which-notification

AEM as a Cloud Service の通知には複数のタイプがありますが、次の表に示すように、アクションセンターにはサブセットのみが表示されます。

通知タイプ
説明
設定方法
センターに表示されるかどうか
運用上のインシデント
即時対応を求められる重大なインシデント
「インシデント通知 - Cloud Service」製品プロファイルに割り当てられたユーザー
X
プロアクティブなレコメンデーション
予定しておくべき最適化
「事前通知 - Cloud Service」製品プロファイルに割り当てられたユーザー
X
Cloud Manager のパイプラインステータス
パイプラインのステータスに関する情報
ここで説明するように、ビジネスオーナー、プログラムマネージャーまたはデプロイメントマネージャーの役割を持ち、Experience Cloud の環境設定で「その他」チェックボックスがオンになっているユーザー。

サポートされている通知タイプ supported-notification-types

アクションセンターで現在サポートされている通知タイプを次の表に示します。現在、通知を使用できるのは実稼動環境に限定されています。

通知タイプ
関連する製品プロファイル
是正措置
ブロックされたレプリケーションキュー
インシデント
キューのブロックを解除するには、レプリケーションドキュメントの手順に従ってください。
無効な永続 GraphQL クエリ
インシデント
永続 GraphQL クエリのトラブルシューティングドキュメントを参照して、無効な GraphQL クエリを修正する
S2S 証明書の有効期限が切れます
事前対応
サーバーサイド API のアクセストークンの生成ドキュメントで資格情報を更新する方法を説明します。
recommendation-more-help
fbcff2a9-b6fe-4574-b04a-21e75df764ab