コンテンツのプロパティを使用したコンテンツのエクスポート using-content-properties-to-export-content

NOTE
単一ページアプリケーションフレームワークを基にしたクライアントサイドレンダリング(React など)が必要なプロジェクトでは、SPA エディターを使用することをお勧めします。詳細情報

アプリは次のように表されます cq:Pages をAEMで行います。

共通のプロパティは次のとおりです cq:Page 統合をサポートするプロパティを表す以下のプロパティに加えて、

アプリのプロパティ app-properties

次の表に示します アプリのプロパティとノード.

プロパティ名
タイプ
説明
dps-cloudConfig
String:Path

設定済みのモバイルオンデマンドCloud Serviceーへのパス。 AEM Mobileから Mobile オンデマンドアクションへの変換(API 呼び出し)に使用

この関連付けは、作成者がアプリを関連付けるモバイルオンデマンドCloud Serviceを選択したときに、接続を管理タイルで設定されます。

dps-exportTemplate
String:Path

アプリの書き出し設定のパス。 エクスポート設定は、2 つの子 ContentSync エクスポート設定テンプレートを含むフォルダーです。

dps-article:記事のコンテンツをエクスポートするための ContentSync エクスポート設定

dps-HTMLResources:アプリ/記事の共有リソースをエクスポートするための ContentSync エクスポート設定

dps-projectId
文字列

このアプリがリンク/バインドされている Mobile On-Demand プロジェクトの ID/URI。

この関連付けは、作成者が関連するモバイルオンデマンドCloud Serviceで使用可能なプロジェクトのリストからプロジェクトを選択すると、「接続を管理」タイルで設定されます。

dps-projectTitle
文字列
アプリのタイトル。
dps-resourceType
文字列
コンテンツタイプ。
dps-sharedHTMLResources-lastUploaded
日付
AEMからAEM Mobileへの共有リソースの最終アップロード日。
dps-sharedHTMLResources-lastUploadedBy
String:userid
AEMからAEM Mobileへの共有リソースリクエストの最後のアップロードを実行したユーザーの ID。
pge-dashboard-config
String:Path
ダッシュボード設定のパス。 必要に応じて、パスをカスタムダッシュボード設定にリダイレクトできます。
sling:resourceType
String:Path

または拡張される cq:Component へのパス mobileapps/core/components/instance です。

これにより、アプリカタログにプレゼンスとレンダリングが提供されます。

次を使用できます コンテンツのプロパティ コンテンツを作成します。 記事および共有リソースの作成と書き出しについては、次のリソースを参照してください。

recommendation-more-help
2eeeb575-8007-40cc-a72d-206fbc4ddd4b