記事のエクスポート設定の作成 creating-article-export-configuration

NOTE
単一ページアプリケーションフレームワークを基にしたクライアントサイドレンダリング(React など)が必要なプロジェクトでは、SPA エディターを使用することをお勧めします。詳細情報
CAUTION
前提条件:
共有リソースの作成と変更については、を参照してください。 コンテンツ同期 を参照して、基本概念を理解します。

AEM Mobile ユーザーはコンテンツ同期を使用して、モバイルアプリで使用するためにライブコンテンツを静的コンテンツに書き出します。この書き出しは、コンテンツがAEM Mobileから Mobile On-Demand Services にアップロードされる際に行われます。

プロパティ dps-exportTemplate 上記の表で説明されている、はアプリの書き出し設定へのパスを定義します。 共有リソースを作成および変更するには、このプロパティを設定します。

以下のリソースでは、AEM MobileにアップロードするためにAdobe Experience Manager(AEM)からコンテンツを書き出す方法について説明します。

記事には、書き出しとアップロードが必要なコンテンツがあります。 このコンテンツの一部は、記事間で共有できます。

使用方法 ContentSync コンテンツを 1 つにまとめて作成するには 共有リソース パッケージ。

ContentSync 設定はにあります。 <dps-exporttemplate>/dps-article> は、デバイスでのプロパティの静的レンダリングに必要な記事のすべてのコンテンツを書き出すように設定する必要があります。

CAUTION
以下の手順を実行してサンプルの共有リソースを表示できるのは、次のような場合のみです。
  • サンプルコンテンツがインストールされました
  • 実行中のAEM インスタンス
  • カスタム コンテキストが構成されていないか、別のポートがありません

サンプルの共有リソースを表示するには、以下の手順を参照してください。

  1. AEM サーバーでCRXDE Liteを開きます。

  2. このパスを参照 /etc/contentsync/templates/dps-we-unlimited-app/dps-article共有リソースのサンプルを表示します。

    次の図に示すように、共有リソースの作成に必要なすべてのプロパティを表示できます。

    chlimage_1-134

NOTE
アーティクルは、アーティクルのコンテンツが変更されたときに、AEM Mobile On-demand Servicesにアップロードまたはエクスポートしてください。
recommendation-more-help
2eeeb575-8007-40cc-a72d-206fbc4ddd4b