累積的な主な機能および機能強化

以前の 8 つのサービスパックリリースに対する Adobe Experience Manager 6.5 の主な機能および機能強化の累積リストです。

詳しくは、Adobe Experience Manager 6.5 の最新のサービスパックリリースノートも参照してください。

AEM 6.5 サービスパック 18 - 2023年12月7日(PT)

  • Sites ページエディター/画像コンポーネントユーザーがリモート Assets Cloud Service からアセットを参照できるようにしました。(Sites-13448、Sites-13433)
  • AEM では、リスト表示でのプロジェクトのナビゲーションを迅速化するために、サーバーサイドの並べ替えをサポートするようになりました。プロジェクトノードは、インターフェイスに表示される前に、ユーザーが選択した列に基づいて並べ替えられます。

Forms

  • 新しいアダプティブフォームコアコンポーネント:垂直タブ、利用条件、チェックボックスが追加され、フォームのスケーラビリティが向上します。

    • チェックボックスコンポーネント:コアコンポーネントに基づくアダプティブフォームにチェックボックスコンポーネントを含めることができるようになりました。これにより、ユーザーは特定のオプションを選択または選択解除する二者択一の選択を行うことができます。通常、小さなボックスとして表示され、クリックまたはタップすると、オンとオフの 2 つの状態を切り替えることができます。チェックボックスは、はい/いいえ、または真/偽の選択肢を提示するために使用される一般的なフォーム要素です。

    • 利用条件コンポーネント:コアコンポーネントに基づくアダプティブフォームに利用条件コンポーネントを含めることができるようになりました。これにより、フォーム作成者は、サービス、製品、プラットフォームの使用に関連する利用条件または法的合意をユーザーに提示するフォーム内に特定のセクションを導入できます。このコンポーネントは、フォームを送信することで同意するルール、規制、義務についてユーザーに通知するように設計されています。

      垂直タブ、利用条件およびチェックボックスコンポーネント

    • 垂直タブコンポーネント:コアコンポーネントに基づくアダプティブフォームでは、フォームのコンテンツをタブの垂直リストに整理し、構造化されたナビゲートしやすいレイアウトを提供できるようになりました。フォームで垂直タブを使用すると、特にフォームに複数のセクションや複雑な情報が含まれている場合、ナビゲーションが簡素化され、フォームコンテンツの整理が改善され、全体的なユーザーエクスペリエンスが向上します。

  • 64 ビット版の AEM Forms Designer:64 ビット版の AEM Forms Designer では、パフォーマンス、スケーラビリティ、メモリ管理が強化され、フォーム作成エクスペリエンスを支援します。64 ビットアーキテクチャを使用すると、さらに大規模で複雑なプロジェクトに簡単に取り組むことができ、シームレスな設計ワークフローと最適化された効率が保証されます。この最先端のリリースでフォームデザイン機能を強化し、AEM Forms Designer の未来を体現します。

  • アダプティブフォームと Microsoft® SharePoint リストの接続:AEM Forms では、フォームデータを SharePoint リストに直接送信する標準の統合を提供し、SharePoint のリスト機能を使用できます。Microsoft® SharePoint リストをフォームデータモデルのデータソースとして設定し、「フォームデータモデルを使用して送信」送信アクションを使用して、アダプティブフォームを SharePoint リストに接続できます。

  • アダプティブフォームフラグメントのレコードのドキュメントプロパティの設定のサポート:アダプティブフォームエディターでアダプティブフォームフラグメントとそのフィールドを簡単にカスタマイズできるようになりました。

  • 64 ビット XMLFM:64 ビット反復の XMLFM により、パフォーマンス、スケーラビリティ、洗練されたメモリ管理が導入されます。これは、サーバーサイドにデプロイされた最初の 64 ビットネイティブサービスです。XMLFM 64 ビットでは、32 ビット版と比較してより大きなメモリリソースにアクセスする固有の機能を利用することで、より大きなレンダリングワークロードをシームレスに処理できます。このマイルストーンは、パフォーマンスの飛躍的な向上を示すだけでなく、AEM Forms サーバー内のネイティブサービスフレームワークに重要な機能強化も導入します。このアップデートにより、AEM Forms サーバーでは 64 ビットのネイティブサービスをシームレスにサポートできます。

AEM 6.5 サービスパック 18 - 2023年8月24日(PT)

  • Assets、Dynamic Media - Dynamic Media のビデオに対するマルチサブタイトルとマルチオーディオトラックのサポート - プライマリビデオに複数のサブタイトルと複数のオーディオトラックを簡単に追加できるようになりました。この機能により、グローバルなオーディエンスがビデオにアクセスできるようになります。1 つの公開済みプライマリビデオを複数の言語でグローバルオーディエンスに向けてカスタマイズし、様々な地理的地域のアクセシビリティガイドラインに従うことができます。また、作成者は、ユーザーインターフェイスの 1 つのタブからサブタイトルとオーディオトラックを管理することもできます。
  • Assets - 検索結果から、アセットが含まれるフォルダーの場所に移動でき、様々なアセット管理タスクを実行できるようになります。
  • コンテンツフラグメントの Sites Polaris ピッカーのパフォーマンスが向上しました。
  • Sites ページエディター/画像コンポーネントユーザーがリモート Assets Cloud Service からアセットを参照できるようにしました。
  • システム内に多数のプロジェクトが存在する可能性があるリスト表示でプロジェクトをすばやく見つけるために、アドビではサーバーサイドでの並べ替えをサポートするようになりました。プロジェクトノードは、ユーザーインターフェイスでレンダリングする前に、ユーザーが選択した列に基づいて、バックエンドで並べ替えられます。
  • AEM 6.5.18.0 は、MongoDB 5.0~6.0 をサポートします。

Forms

  • ルールエディターでのカスタムエラーハンドラーによるエラー処理の強化 - 外部サービスから返されたエラーに応じて(クライアントライブラリを使用して)カスタム関数を呼び出すことができるようになりました。また、エンドユーザーに対してカスタマイズされた応答を提供できるようになりました。または、サービスから返されたエラーに対して特定のアクションを実行できます。例えば、特定のエラーコードに対してバックエンドでカスタムワークフローを呼び出したり、サービスが停止していることを顧客に通知したりできます

  • Adobe Sign ワークフローステップの機能強化 - AEM ワークフローの Adobe Sign ワークフローステップは、次の機能強化で使用可能になります。

    • Adobe Sign の行政 ID に基づいた認証によるセキュリティの機能強化 - Adobe Acrobat Sign の行政 ID に基づいた認証は、追加の検証レイヤーを提供します。これにより、ユーザーは行政発行の ID(運転免許証、国民 ID、パスポート)を使用して身元を認証できます。この機能強化により、信頼できる ID ドキュメントを使用することで、署名プロセスの信頼性がさらに高まり、高度なセキュリティ、コンプライアンスおよびユーザー検証を必要とするシナリオに最適になります。

    • Adobe Sign ドキュメントの監査証跡による透明性の機能強化 - 監査証跡機能を使用すると、Adobe Sign ドキュメントのライフサイクルに関する詳細なインサイトが得られます。監査証跡を使用すると、ドキュメントに関連するすべてのアクションとインタラクションの包括的な記録を保持できるようになります。これには、ドキュメントを表示、編集、署名したユーザーなどの詳細と、各イベントのタイムスタンプが含まれます。この機能強化は、コンプライアンスの保持、紛争の解決、デジタル契約の整合性を確保する上で重要です。

    • 契約受信者の役割を署名者以外にも拡張 - Adobe Acrobat Sign を使用すると、契約受信者の役割を署名者以外にも拡張して、ワークフロー要件にさらに適合させることができます。有効にすると、契約の各受信者の役割を個別に設定でき、署名者がデフォルトになります。

  • AEM Forms on JEE 完全インストーラー - サービスパックには、AEM Forms on JEE 完全インストーラーが含まれており、以下を含む複数の新しいソフトウェアの組み合わせがサポートされます。

    • Microsoft® Windows Server 2022
    • Microsoft® Active Directory 2022
    • Oracle WebLogic 14C(Windows Server 2022)
    • Red Hat® JBoss® 7.4.10
    • MongoDB 6.0
    • MySQL JDBC Connector 8

AEM 6.5 Forms on JEE 環境に最新ソフトウェアをインストールしている場合や、使用することを計画している場合は、AEM 6.5.18.0 Forms on JEE 完全インストーラーを使用することをお勧めします。新しく追加されたソフトウェアと非推奨(廃止予定)のソフトウェアの完全なリストを確認するには、AEM Forms on JEE または AEM Forms on OSGi のドキュメントを参照してください。

AEM 6.5 サービスパック 17 - 2023年5月25日(PT)

  • 検索エクスペリエンスの強化 - 検索結果に表示されるアセットに対して、次の操作を素早く実行できるようになりました。

    • ワークフローの作成
    • バージョンを作成
    • アセットの関連付けまたは関連付けを解除

    これらの操作を実行する場合、アセットの場所に移動してアセットのプロパティを表示する必要はありません。

  • Dynamic Media スナップショット- テスト画像や Dynamic Media の URL を試して、様々な画像修飾子の出力や、ファイルサイズ(WebP および AVIF 配信による)、ネットワーク帯域幅およびデバイスのピクセル比を最適化するスマートイメージングを確認します。詳しくは、Dynamic Media スナップショットを参照してください。

  • Dynamic Media での DASH ストリーミング - CMAF が有効な Dynamic Media ビデオ配信で、アダプティブストリーミングをサポートする新しいプロトコル(DASH - HTTP での動的アダプティブストリーミング)が開始しました。すべての地域で利用可能で、サポートチケットを通じて有効になります

  • Experience Manager Sites およびコンテンツフラグメントと Assets の次世代 Dynamic Media の統合 - Experience Manager Assets as a Cloud Service の次世代 Dynamic Media のユーザーは、これらのクラウドホストアセットを、Experience Manager Sites 6.5 のオンプレミスインスタンスまたは Managed Services インスタンスでのオーサリングと配信に使用できるようになりました。

Forms

  • AEM ページエディター内のアダプティブフォーム:AEM ページエディターを使用して、複数のフォームをすばやく作成し、Sites ページに追加できるようになりました。この機能を使用すると、コンテンツ作成者は、動的な動作、検証、データ統合、レコードのドキュメントの生成、ビジネスプロセスの自動化など、アダプティブフォームコンポーネントの機能を利用して、Sites ページ内にシームレスなデータキャプチャエクスペリエンスを作成できます。以下の操作を実行できます。

    • フォームコンポーネントを AEM サイトエディターまたはエクスペリエンスフラグメントのアダプティブフォームコンテナコンポーネントにドラッグ&ドロップして、アダプティブフォームを作成します。
    • AEM サイトエディター内でアダプティブフォームウィザードを使用すると、任意の Sites ページとは独立したフォームを作成して、自由に複数のページでそのフォームを再利用できます。
    • 複数のフォームを Sites ページに追加し、ユーザーエクスペリエンスを合理化し、柔軟性を高めます。
  • Experience Manager Forms での reCAPTCHA Enterprise のサポート:Experience Manager Forms での reCAPTCHA Enterprise のサポートを追加し、既存の Google reCAPTCHA v2 のサポートに加えて、不正なアクティビティやスパムに対する保護を強化しました。

  • Adobe Acrobat Sign for Government との Experience Manager Forms のサポート:AEM Forms は、Adobe Acrobat Sign for Government(FedRAMP 準拠)と統合されました。この統合により、政府関連のアカウント(政府機関および機関)に対するアダプティブフォーム送信による電子サインに、高度なコンプライアンスとセキュリティを提供します。Adobe Acrobat Sign for Government との統合により、アドビのパートナーや政府のお客様は、Adaptive Forms で最もミッションクリティカルで機密性の高い業務の一部に電子サインを使用できるようになります。このセキュリティの強化により、すべての電子サインが FedRAMP Moderate コンプライアンスに完全に準拠し、アドビの政府機関のお客様に安心感を提供します。

  • データ交換用に Experience Manager Forms と Salesforce の統合が有効化:OAuth 2.0 クライアント資格情報フローを使用して、Experience Manager Forms と Salesforce アプリケーションの統合を設定します。この機能により、アプリケーションの安全で直接の認証と承認が可能になり、ユーザーが関与しないシームレスな通信が可能になります。

  • ワークフローエンジンの最適化と機能強化:ワークフローインスタンスの数を最小限に抑えて、ワークフローエンジンのパフォーマンスを向上させます。COMPLETED および RUNNING ステータス値に加えて、ワークフローは 3 つの新しいステータス値、ABORTEDSUSPENDED および FAILED もサポートします。

AEM 6.5 サービスパック 16 - 2023年2月23日(PT)

CMAF([共通メディアアプリケーション形式])が有効な Dynamic Media ビデオ配信で、アダプティブビットレートストリーミングをサポートする新しいプロトコル DASH(HTTP での動的アダプティブストリーミング)が開始しました。

  • アダプティブストリーミング(DASH/HLS)により、エンドユーザーがビデオを視聴する際の操作性が向上します。
  • DASH はアダプティブビデオストリーミングの国際標準プロトコルであり、業界で広く採用されています。
  • アジア太平洋および北米で現在利用可能です(サポートチケットを通じて有効化できます)。ヨーロッパ中東アフリカではまもなく提供予定です。

詳しくは、アカウントでの DASH の有効化を参照してください。

Forms

  • ヘッドレスアダプティブフォームを使用すると、デベロッパーは、従来のグラフィカルユーザーインターフェイスではなく、API を介してアクセスおよび操作できるインタラクティブなフォームを作成、公開、管理できます。

  • アダプティブフォームコアコンポーネントは、Adobe Experience Manager WCM コアコンポーネントの基盤上に構築された、BEM に準拠した 24 個のオープンソースからなるコンポーネント群です。これらのコンポーネントはオープンソースなので、デベロッパーは組織の特定のニーズに合わせて簡単にカスタマイズおよび拡張できます。WCM コアコンポーネントをカスタマイズできる既存のスキルがあれば、これらのコンポーネントを簡単にカスタマイズおよびスタイル設定できます。

  • OSGi の Reader Extension サービスには、Adobe Acrobat Reader でデータを読み込みまたは書き出しするために、PDF の読み込みおよび書き出しの使用権限を有効化する個別のオプションが追加されました。

AEM 6.5 サービスパック 15 - 2022年11月24日(PT)

Forms

AEM 6.5 サービスパック 14 - 2022年8月25日(PT)

バグの修正のみ。

AEM 6.5 サービスパック 13 - 2022年5月26日(PT)

  • アダプティブフォーム内で非表示の CAPTCHA を使用する:非表示の CAPTCHA を使用して、疑わしいアクティビティの場合にのみ CAPTCHA チャレンジを表示できるようになりました。疑わしいアクティビティが検出されない場合、CAPTCHA チャレンジは表示されません。これにより、チェックボックス要件を使わずに人間がフォームを完成させたかどうかを評価し、カスタマイズ作業を軽減し、エンドユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

  • REST エンドポイント用のフォームデータモデル POST プロセッサーで応答ヘッダーを取得するサポートが追加されました。

  • 現在、アダプティブフォームの翻訳ファイルを生成する際に、生成された XLIFF ファイルと同じ一連のテキストが、対応するアダプティブフォームのコンポーネントのシーケンスと同一になります。

  • アダプティブフォームをローカライズして、ベース言語のテキストにわずかな変更を加えると、他のすべての言語において翻訳が完全に失われます。この問題は、Experience Manager 6.5.13.0 で修正されました。

  • Forms のアクセシビリティの強化:

    • テーブルのヘッダーと本文を継続エンティティと接続エンティティとして認識するためのスクリーンリーダーのサポートが追加されました。スクリーンリーダーでテーブルを適切に移動するのに役立ちます。 (NPR-37139)
    • ダイアログが開くまで HTML ワークスペースの移動を停止する、スクリーンリーダーのサポートが追加されました。

AEM 6.5 サービスパック 12 - 2022年2月24日(PT)

  • リモート DAM と Sites デプロイメント間の接続を設定すると、リモート DAM 上のアセットが Sites デプロイメントで使用できるようになります。これで、リモート DAM アセットまたはフォルダーに対して 更新、削除、名前変更、および移動操作を実行できます。更新は、Sites デプロイメントで自動的に(少し遅れて)利用できます。
  • ブループリント設定を必要とせずに、ライブコピーソースを複数のライブコピーにプッシュロールアウトできるようになりました。
  • ユーザーが同じパス上で誤って複数の非同期操作をトリガーするのを防ぐために、進行中の非同期操作のステータスがユーザーインターフェイスに表示されるようになりました。
  • IMS ベースの認証のサポートは、Analytics 2.0 API に対して提供されます。
  • JSON オファータイプのエクスペリエンスフラグメントの API サポート。
  • IMS の削除オファー(エクスペリエンスフラグメント API)に対してオファーリクエストが提供されるようになりました。
  • 組み込みリポジトリ(Apache Jackrabbit Oak)は、引き続き 1.22.9 にあります。
recommendation-more-help
19ffd973-7af2-44d0-84b5-d547b0dffee2