EMC Documentum リポジトリのバックアップと回復 backing-up-and-recovering-the-emc-documentum-repository

このセクションでは、AEM forms 環境用に設定された EMC Documentum リポジトリをバックアップおよび回復するために必要なタスクについて説明します。

NOTE
これらの手順では、AEM forms と Connectors for ECM および EMC Documentum Content Server が必要に応じてインストールされ、設定されていることを前提としています。

バックアップ・プロセスとリストア・プロセスの両方で、次の 2 つの主なタスクがあります。

  • AEM forms 環境のバックアップ(または復元)
  • EMC Documentum Content Server のバックアップ(または復元)
NOTE
AEM forms データをバックアップしてから EMC Documentum システムをバックアップし、その後AEM forms 環境を復元する前に EMC Documentum システムを復元します。

ソフトウェア要件 software-requirements

EMC Documentum Content Server で必要なバックアップ・タスクを実行するには、EMC の EMC NetWorker や CYA の CYA SmartRecovery for EMC Documentum など、適切なサード・パーティ・ユーティリティを購入します。 次の手順は、EMC NetWorker Module バージョン 7.2.2 を使用する手順を示しています。

次の EMC NetWorker モジュールが必要です。

  • NetWorker モジュール
  • NetWorker 構成ウィザード
  • NetWorker Device Configuration Wizard
  • Content Server で使用するデータベース・タイプ用の NetWorker Module
  • NetWorker Module for Documentum

EMC Document Content Server のバックアップ/リカバリの準備 preparing-the-emc-document-content-server-for-backup-and-recovery

このセクションでは、EMC NetWorker ソフトウェアを Content Server にインストールして構成する方法について説明します。

EMC Documentum サーバのバックアップ準備

  1. EMC Documentum Content Server で、すべてのデフォルトを受け入れて、EMC NetWorker モジュールをインストールします。

    インストールプロセス中に、Content Server コンピュータのサーバ名をに入力するよう求められます。 NetWorker サーバ名. データベースに EMC NetWorker Module をインストールする場合は、「完了」インストールを選択します。

  2. 以下のサンプルコンテンツを使用して、という名前の設定ファイルを作成します。 nsrnmd_win.cfg をクリックし、Content Server 上のアクセス可能な場所に保存します。 このファイルは、バックアップおよび復元コマンドによって呼び出されます。

    次のテキストには、改行の書式設定文字が含まれています。 このテキストをこのドキュメント以外の場所にコピーする場合は、一度に一部をコピーし、新しい場所に貼り付けたときに書式文字を削除します。

    code language-shell
     ################################################
     # NetWorker Module for Documentum v1.2 nsrnmd_win.cfg D5.3+ example with
     # typical set of working parameters.  THIS FILE MUST BE SITE-CUSTOMISED.
     #
     # Parameters not shown can be set in this file (as per site customisation) #or from the command-line.
     #
     # See the user Guides for details on all parameters, including
     # those not listed below.
     # Note: DCTM environment for D6 is slightly different from D5, refer to D6
     # Installation Guide to update the values.
     ################################################
     #Can get values for most of below from doing as the dctm inst owner: cmd> set DOCUMENTUM=C:\Documentum
     DM_HOME=C:\Documentum\product\6.0
     JAVA_HOME=C:\Progra~1\Documentum\java\1.5.0_12
     JAVA_PATH=C:\Progra~1\Documentum\java\1.5.0_12\bin
     PATH=C:\WINNT\system32;C:\WINNT;C:\WINNT\system32\WBEM;C:\Documentum\product\6.0\bin;C:\Documentum\fulltext\fast;C:\Documentum\product\6.0\fusion;C:\Program Files\Documentum\Shared;C:\Program Files\Legato\nsr\bin;C:\Program Files\Microsoft SQL Server\80\Tools\Binn;C:\Program Files\Microsoft SQL Server\90\DTS\Binn\;C:\Program Files\Microsoft SQL Server\90\Tools\binn;C:\Program Files\Microsoft SQL Server\90\Tools\Binn\VSShell\Common7\IDE;C:\Program Files\Documentum\java\1.5.0_12\bin;C:\Documentum\config;C:\Documentum
     #See also manifest dctm.jar file for class path locations
     CLASSPATH=.;C:\Program Files\Legato\nsr\bin;C:\Program Files\Legato\nsr\bin\nsrnmdde.jar;C:\Program Files\Documentum\java\1.5.0_12\lib\tools.jar;C:\Program Files\Documentum\Shared\dfc.jar;C:\Program Files\Documentum\Shared\aspectjrt.jar;C:\Program Files\Documentum\dctm.jar;C:\Program Files\Documentum\Shared\workflow.jar;C:\Program Files\Documentum\Shared\log4j.jar;C:\Program Files\Documentum\java\1.5.0_12\lib\dt.jar;C:\Documentum\config
    
     ################################################
     #If not using nsrnmdsv -m ALL|DB|DB_LOG|FTI|FTI_ALL|ICF|SA|SA_ALL, set #for backup
     NMD_SCOPE=ALL
     #Mandatory when scope (backup or restore) is FTI/SA without -a option
     #NMD_OBJECT_NAME=filestore_01
     ################################################
     NMDDE_DM_DOCBASE=Docbase
     NMDDE_DM_USER=Administrator
     #NMDDE_DM_PASSWD must be set via running: nsrnmdsv -f <nmdcfg> -P <pwd>.
     ################################################
     #DB related hooks to invoke arbitrary scripts:
     #Set if DB is on a remote host
     #NMD_DB_HOST=dbhost
     #Pure basename implies remote host execution; absolute path ... local
     #execution as in NMD v1.0.
     #
     #Remote execution requires script be put in remote nsrexecd bin directory
     #and D5.3+ host be added to remote nsr\res\servers file w/ nsrexecd recycled
     #
     #Refer to user Guides for sample script code.
     NMD_DB_FULL_BACKUP_CMD=C:\DocumentumBackup\Scripts\nsrnmddbf.bat
     NMD_DB_LOG_BACKUP_CMD=C:\DocumentumBackup\Scripts\nsrnmddbl.bat
     NMD_DB_INCR_BACKUP_CMD=C:\DocumentumBackup\Scripts\nsrnmddbi.bat
     ################################################
     #For D5.3+ only: NMD_FTI_INCLUDED, NMD_FTI_HOST, NMD_FTI_USER,
     #NMD_FTI_PASSWD & NMD_FTI_SUBDIRS.
     #Optional for remote D5.3+ FTI server
     NMD_FTI_INCLUDED=no
     #NMD_FTI_HOST=ftihost
     #Recommended for D5.3+ FTI server quiesce/unquiesce
     #NMD_FTI_USER=ftiadmin
     #The index name: optional for D5.3+ FTI server, used with -M FTI_ALL or
     #-M ALL
     #NMD_FTI_NAME=rep_name_ftindex_01
     #Recommended for D5.3+ FTI server quiesce/unquiesce
     #NMDDE_FTI_PASSWD must be set via running: nsrnmdsv -f <nmdcfg> -P <pwd>
     #-M FTI.
     #Pure basename implies remote host execution; absolute path ... local execution
     #as in NMD v1.0.
     #
     #Remote execution requires script be put in remote nsrexecd bin directory
     #and D5.3+ host be added to remote nsr\res\servers file w/ nsrexecd
     #recycled.
     #
     #See example nsrnmdfti*.bat examples.
     #
     #Mandatory for D5.3+
     #NMD_BACKUP_FTI_QUIESCE=nsrnmdftiq.bat
     #NMD_BACKUP_FTI_UNQUIESCE=nsrnmdftiu.bat
     #Used for D5.3+ to get InstallProfile.xml FTI file in multinode
     #discovery.
     #Optional, if not specified, will treat as single-node FTI.
     #NMD_FTI_GET_INSTPROF=nsrnmdfti_instprof.bat
     #Mandatory for D5.3+. No spaces in paths or around comma separators.
     #For remote FTI, paths must be valid at the FTI host.
     #NMD_FTI_SUBDIRS=F:\Documentum_idx\data\fulltext\fixml,F:\Documentum_idx
     #\data\fulltext\index
     ################################################
     #Mandatory. No spaces in paths or before comma
     #separators in NMD_ICF_SUBDIRS_xxx:
     #NMD_ICF_INCLUDED=yes
     #NMD_ICF_SUBDIRS=C:\Documentum\dba,C:\Documentum\product\5.3
     ################################################
     NMD_FILEREPORT_INCLUDED=yes
     NMDDE_METADATA_OUTPUT_DEST=C:\docbase_freports\
     ################################################
     #Other misc recommended NMD_xxx parameters
     #Recommended to get more meaningful saveset names
     NMD_USE_DEFAULT_SAVESET_NAMES=yes
     #Use following to skip unwanted ICF, FTI and non-SnapImage SA dirs/files.
     #For example, "<</>> +skip: dm_ftwork_dir" line will skip non-data
     #files.
     #
     #The path will be the same and must exist on D5.3+, remote FTI host, and
     #RCS hosts correspondingly if used.
     #NMD_DIRECTIVES_FILE=E:\Program Files\Legato\nsr\res\nsrnmddirectives.txt
     #For non-SnapImage SA backup
     #NMD_SA_FULL_NUM_SAVESET=16
     #NMD_SA_INCR_NUM_SAVESET=4
     #NMD_USE_SNAPIMAGE=yes
     ################################################
     # DSA setup
     ################################################
     # Name of the config file at the remote sites;
     # Mandatory, listed in the config file at the primary host.
     # (if skipped, backup is treated as local)
     # NMD_RCS_CFG_FILE=rep_name_rcs.cfg
    
     # SA-host mapping add, optional, will override far-store list info.
     # No space around comma.
     # NMD_HOST_SAS_MAP=host01,sa_01,sa_02
     # NMD_HOST_SAS_MAP=host02,sa_03
     ################################################
     NSR_SERVER=con-dctm
     #NSR_CLIENT=d5svrhost
     NSR_GROUP=Default
     NSR_DATA_VOLUME_POOL=Default
     #NSR_SNAPIMAGE_DATA_VOLUME_POOL=Default
     #Relocation dir will be the same on D5+ and remote FTI/SA hosts.
     NSR_RELOCATION=C:\reloc
     #NSR_PARALLELISM=16
     NSR_DEBUG_FILE=C:\Program Files\Legato\nsr\applogs\nmd.log
     NSR_DEBUG_LEVEL=9
     ################################################
     NMDDE_DM_PASSWD=XAtup9pl
    

    設定ファイルのパスワードフィールド NMDDE_DM_PASSWD は、空白のままにします。次の手順でパスワードを設定します。

  3. 設定ファイルのパスワードを次のように設定します。

    • コマンドプロンプトを開き、[NetWorker_root]\Legato\nsr\bin に変更します。
    • 次のコマンドを実行します: -nsrnmdsv.exe -f<path_to_cfg_file> -P <password>
  4. データベースのバックアップに使用する実行可能なバッチ (.bat) ファイルを作成します。 (NetWorker のマニュアルを参照)。 インストールに応じて、バッチファイルに詳細を設定します。

    • フル・データベース・バックアップ (nsrnmddbf.bat):

      NetWorker_database_module_root -s<NetWorker_Server_Name> -U [username] -P[password ]-l full<database_name>

    • 増分データベースバックアップ(nsrnmddbi.bat):

      [NetWorker_database_module_root] -s<NetWorker_Server_Name> -U [username] -P [password] -l 1 -R<database_name>

    • データベースログバックアップ(nsrnmddbl.bat):

      [NetWorker_database_module_root] -s <NetWorker_Server_Name> -U [username] -P [password] -l incr -R<database_name>

      ここで、

      [NetWorker_database_module_root] は NetWorker モジュールのインストールディレクトリです。例えば、NetWorker Module for SQL Server のデフォルトのインストールディレクトリは、C:¥Program Files¥Legato¥nsr¥bin¥nsrsqlsv です。

      NetWorker_Server_Name は、NetWorker がインストールされているサーバーです。

      usernamepassword は、データベース管理者ユーザーのユーザー名とパスワードです。

      database_name は、バックアップするデータベースの名前です。

バックアップデバイスを作成する

  1. EMC Documentum サーバ上にディレクトリを作成し、すべてのユーザーにフル・アクセス権を付与してフォルダを共有します。

  2. EMC NetWorker Administrator を起動し、[Media Management] > [Devices] の順にクリックします。

  3. [Devices] (デバイス)を右クリックし、 [Create] (作成)を選択します。

  4. 次の値を入力し、「OK」をクリックします。

    名前: 共有ディレクトリのフルパス

    メディアタイプ: File

  5. 新しいデバイスを右クリックし、「Operations」を選択します。

  6. [ ラベル ] をクリックし、名前を入力し、[OK] をクリックし、[ マウント ] をクリックします。

バックアップ・ファイルを保存するデバイスが追加されます。 様々な形式の複数のデバイスを追加できます。

EMC Documentum Content Server のバックアップ back-up-the-emc-documentum-content-server

AEM forms データの完全バックアップを完了したら、次のタスクを実行します。 ( 詳しくは、 AEM forms データのバックアップ.)

  1. コマンドプロンプトを開き、[NetWorker_root]\Legato\nsr\bin に変更します。

  2. 次のコマンドを実行します。

    code language-shell
     - nsrnmdsv.exe -f <path_to_cfg_file>
    

EMC Documentum Content Server の復元 restore-the-emc-documentum-content-server

AEM forms データを復元する前に、次のタスクを実行します。 ( 詳しくは、 AEM forms データの回復.)

  1. 復元する Docbase サービスを停止します。

  2. データベース・モジュール用の NetWorker User ユーティリティを起動します(例: )。 NetWorker User for SQL Server) をクリックします。

  3. [ 復元 ] ツールをクリックし、[ 標準 ] を選択します。

  4. 画面の左側で、Docbase のデータベースを選択し、ツールバーの「開始」ボタンをクリックします。

  5. データベースが復元されたら、Docbase サービスを再起動します。

  6. コマンドプロンプトを開き、[NetWorker_root]\Legato\nsr\bin に変更します。

  7. 次のコマンドを実行します。

    code language-shell
     - nsrnmdrs.exe -B <docbase_name> -f <path_to_cfg_file> -C SA
    
recommendation-more-help
19ffd973-7af2-44d0-84b5-d547b0dffee2