リッチメディア rich-media

Adobe Dynamic Media Classicには、リッチメディアを作成するための多くのツールが用意されています。 次のタイプのリッチメディアを作成できます。

  • eCatalog:カタログまたは他の印刷資料の、インタラクティブな検索可能な web バージョンを提示します。 ロールオーバーコンテンツを表示し、顧客がページの回転、ズーム、パン、ページへの付箋の添付を可能にする、クリック可能な領域(画像マップと呼ばれます)を作成します。
    詳しくは、クイックスタート:eCatalogを参照してください。

  • eVideo:デスクトップ、モバイルデバイス、タブレットを含む複数の画面に高品質のビデオエクスペリエンスを配信します。 事前定義済みのAdobe Dynamic Media Classic エンコーディングプリセットを使用するか、エンコーディングをカスタマイズしてビデオの画質とサイズを制御します。 ビデオアセットを効率的に管理するための完全なメタデータサポートを使用して、ビデオを整理、参照および検索します。
    参照: クイックスタート:Adobe Dynamic Media Classicのビデオ.

  • 画像マップ:Web サイト全体を通して、任意のサイズと形式で画像を動的に提供します。 異なるサイズで多数の画像を手動で作成する代わりに、1 つのプライマリ画像のみを使用できます。 Adobe Dynamic Media Classicは、要求された画像を配信する際に、サイズ、形式、重み、画質およびシャープニングが最も高品質な結果になるように画像を最適化します。
    詳しくは、クイックスタート:画像サイズ変更を参照してください。

  • 画像セット:ユーザーが複数のビューで製品を表示できるインタラクティブなショッピングエクスペリエンスを提供します。 ズーム、複数ビュー、カラースウォッチを組み合わせて、統一された表示エクスペリエンスを実現できます。
    詳しくは、クイックスタート:画像セットを参照してください。

  • 混在メディアセット:画像セット、スピンセット、スウォッチセット、ズームターゲット、ビデオおよびオーディオを 1 つのプレゼンテーションで組み合わせて表示します。 混在メディアセットでは、タブを使用してビデオと画像を分けることができます。また、スウォッチとズームターゲットを表示する場所と方法を指定し、ユーザーに製品やサービスの完全なマルチメディア表示を提供することもできます。
    詳しくは、クイックスタート:混在メディアセットを参照してください。

  • スピンセット:画像をシーケンスして水平方向にスピンします。 スピンセットを使用すると、web サイトの訪問者は製品を回転させて様々な側面から表示できます。 1 次元および 2 次元のスピンセットを作成できます。
    詳しくは、クイックスタート:スピンセットを参照してください。

  • スウォッチセット:ユーザーが様々な色やパターンの商品を表示できるインタラクティブなショッピングエクスペリエンスを提供します。 ズーム、複数ビュー、カラースウォッチを組み合わせて、統一された表示エクスペリエンスを実現できます。
    参照: クイックスタート:スウォッチセット.

  • テンプレートの基本:モノグラム、オンラインでのパーソナライゼーション、プロモーションのために、フォント、画像、グラフィックを組み合わせた、データ駆動型のテンプレートを作成します。 例えば、販売用や宣伝用のグラフィックを製品の画像に重ね合わせたり、T シャツやマグカップに顧客の名前を入れたりできます。顧客に送信される電子メール メッセージまたは印刷パンフレットで顧客の名前を確認できます。
    詳しくは、クイックスタート:基本テンプレートを参照してください。

  • ズームターゲット:Adobe Dynamic Media Classicに付属している設定可能なビューアを使用して、画像のズームイン、ズームアウト、パンを行うことができます。 お客様は、迅速かつインタラクティブに高解像度の製品の詳細を表示できます。
    詳しくは、クイックスタート:ズームを参照してください。

recommendation-more-help
ba789e76-bace-4e0e-bd26-52691fb2cb26