実装方法 Brand Indicators for Message Identification (BIMI)

Brand Indicators for Message Identification (BIMI) は、参加プラットフォームで送信者の E メールの横に承認済みのロゴを表示できる業界標準です。

この標準を使用すると、ブランドはメールボックスプロバイダーの受信ボックスに表示するロゴを決定できます。 いわゆる BIMI DNS(Domain Name System) レコードに公開されると、メールボックスプロバイダーはこのロゴを取得し、特定の条件が満たされた場合にインボックスに表示することができます。

プロバイダーが異なれば実装も異なりますが、メリットは明らかです。受信ボックスに立ち入り、信頼を築き、何を表示するかを制御します。

BIMI は、配信品質や評判を直接改善しません。 これは、受信者との信頼を高めるのに役立ちます。したがって、エンゲージメントを高めることができます。

どのように見えますか?

様々なプロバイダーによる実装の例や、にロゴを表示する各プロバイダーの詳細を確認できます。 BIMI グループのページ.

BIMI グループは誰ですか?

BIMI グループは、ロゴだけでなく、技術、法的、コンプライアンスの要件にも対応できる BIMI を開発する作業グループです。

BIMI グループは、Google、Yahoo、Fastmail、Proofpoint、Mailchimp、Sendgrid、Valimail、Validity という、業界の様々な分野の複数の関係者で構成されています。

BIMI を支えているのは誰ですか?

BIMI をサポートするメールボックスプロバイダのリストは、着実に増加しています。 最新のリストが見つかります ここ BIMI を考えるプロバイダーとサポートプロバイダーの両方に対して。

2023 年 4 月以降、リストには、Gmail、Yahoo、La Poste、Fastmail、Onet.pl および Zone、スパム対策アプライアンスとしての Proofpoint、Apple Mail が含まれます (iOS 16 以降 )。

そのリストで最も目立つ名前は、明らかに Yahoo、Gmail および最近導入された 1 人のアダプターです。AppleとiOS 16。 Appleはメールボックスプロバイダーではないので、ミックスに特別な役割を果たしていますが、ネイティブメールアプリに BIMI のサポートを追加しました。 BIMI に準拠しているメールは、ブランドの信頼を高める「デジタル認証メール」として表示されます。

実装

BIMI の実装には、次の手順があります。

  1. 送信ドメインとその組織ドメインの両方の実施レベルでの DMARC(ドメインベースのメッセージ認証、レポート、準拠)実装 — 詳細情報

  2. TinyPS 形式でのSVGロゴの作成 — 詳細情報

  3. 検証済みマーク証明書の新規登録(一部のプロバイダーでのみ必要) - 詳細情報

  4. ロゴと証明書を含む BIMI DNS レコードを公開する — 詳細情報

  5. 評判が良い — 詳細情報

NOTE
すべての手順をオフにする必要があります。

DMARC dmarc

DMARC は、メールボックスプロバイダーが失敗した E メールを使用してどのように処理するかをブランドが決定できる標準です 認証. いわゆるポリシーの範囲は、「なし」から「強制隔離」(スパムフォルダーの配置)まで、「拒否」(メールを完全にブロックする)までです。 後者の 2 つの政策のみが「実施」と呼ばれ、BIMI に適合します。 SPF(Sender Policy Framework) と DKIM(Domain Keys Identified Mail) はデフォルトで設定されているので、Adobeから送信されるメールは認証を渡しています。 Adobeは、リクエストに応じて送信ドメインに DMARC を設定しています。

送信ドメインの DMARC に加えて、DMARC も組織ドメインの実施レベルで採用する必要があります ( 送信ドメインがnews.example.comの場合、example.comが組織ドメインです )。

ロゴの作成は、100%の要件に従う必要があります。 必ず BIMI グループのガイドライン.

コンテンツ配信ネットワーク (CDN) が使用され、メールボックスプロバイダーがロゴ(ボット保護など)を取得できないようにする保護が使用されている場合、ロゴは安全な場所 (HTTPS) に保存する必要があります。

技術的な要件の他に、正方形のロゴを持つ、背景にべた塗りのなど、実用的な推奨事項もあります。 これらのレコメンデーションは、最適なビジュアライゼーションを提供します。 一部のプロバイダーは独自の要件を持っており、BIMI 作業グループの要件に追加されます。 Gmail 例えば、ロゴは 96 x 96 ピクセル以上である必要があります。
準拠していない場合、ロゴが表示されない可能性があります。

検証済みマーク証明書 (VMC) vmc

検証済みマーク証明書 (VMC) は、Gmail やAppleなど、一部のメールボックスプロバイダーに対してのみ必要なので、オプションです。 BIMI を本当に活用する VMC を取得することをお勧めします。

検証済みマーク証明書は、ブランドがロゴを使用できる法的検証です。 認証局は、ブランドロゴが登録された商標局を通じてこれを確認します。 このプロセスには、複数の法的検証とチェックが含まれ、時間がかかる場合があります。 現在、2 つの CA(認証局)が VMC を発行しています: Digicert と Entrust。 最初の商標事務所は、米国、カナダ、EU、英国、ドイツ、日本、オーストラリア、スペインです。

原則として、ロゴ 1 つにつき 1 つの VMC が必要です。 組織ドメインの VMC を持つことで、サブドメインをカバーし、異なるドメインでも追加機能を持ちます。 ロゴが異なる場合は、複数の VMC が必要です。 連携を選択した証明機関またはパートナーが、この設定を支援します。

NOTE
VMC には年額料金がかかります。

BIMI レコードのパブリッシュ publish-bimi-record

他の手順が完了したら、BIMI DNS レコードを公開できます。 レコードは次のようになります。

default._bimi.[domain] IN TXT "v=BIMI1; l=[SVG URL]; a=[PEM URL]

「PEM URL」は、検証済みマーク証明書のファイルの場所です。

送信ドメインの場合、これはAdobeがおこなう必要があります。

評判が良い good-reputation

BIMI の鍵は信頼です。 ユーザーはメールボックスプロバイダーに正当な送信者のロゴのみを表示するよう信頼しているので、メールボックスプロバイダーはブランドを信頼する必要があります。これは、送信者のレピュテーションによっておこなわれます。 高い評価を得ている場合、すべては良いですが、そうでない場合、ロゴは表示されません。 残念ながら、レピュテーションが十分に高いかどうかを判断するために調べることのできる情報や指標はありません。

VMC の努力や費用を経ても、この部分は取り除かれません。 メールボックスプロバイダーがブランドを信頼しない場合、ロゴは表示されません。

ヒントとテクニック

  • BIMI グループは、BIMI 用の便利な検証ツールを提供しています。 すべてが設定され、準備が整っているか、ロゴが準備されているかを確認する場合は、に移動します。 このリンク. 後者の場合は、 BIMI を生成 プレースホルダードメインを入力し、正しいロゴ URL を入力します。 ロゴが準拠しているかどうかをインスペクターが知らせます。

  • VMC なしで安全に開始できます。BIMI レコードに VMC URL が含まれていないのにロゴが Yahoo に既に表示されている場合、評判に悪い影響はありません。

  • 組織レベルでの DMARC の実装は大きな取り組みです。 一部の企業は、ブランドが完全な DMARC の採用を達成するのを支援するために特化しています。

  • よくある質問の広範なリストが公開されています ここ.

recommendation-more-help
ce4a522f-06e7-4189-95bc-98ae01b1a1ec