移行の概要

移行を開始する前に、すべてのMagento1 cron ジョブを停止します。

移行プロセス中に、移行を成功させるには、次の一般的なルールに従います。

  1. 禁止 Magento1 管理 ( 受注管理(発送、請求書の作成、クレジット・メモ)を除く ) で変更を行う
  2. 禁止 コードを変更する
  3. 禁止 Magento2 の Admin と storefront で変更を行う
TIP
Magento1 ストアフロント内のすべての操作が許可されます。

を実行します。 Data Migration Tool

この節では、 Data Migration Tool 設定、データ、または増分変更を移行する場合。

最初の手順

  1. ファイル・システムへの書き込み権限を持つユーザーとしてアプリケーション・サーバにログインするか、切り替えます。 詳しくは、 ファイルシステムの所有者に切り替え.

    bash シェルを使用する場合は、次の構文を使用して、ファイルシステムの所有者に切り替え、同時にコマンドを入力できます。

    code language-bash
    su <file system owner> -s /bin/bash -c <command>
    

    ファイルシステムの所有者がログインを許可していない場合は、次の操作を実行できます。

    code language-bash
    sudo -u <file system owner>  <command>
    
  2. 任意のディレクトリからMagentoコマンドを実行するには、 <magento_root>/bin システムに PATH.

    シェルの構文は異なるので、次のような参照を参照してください。 unix.stackexchange.com.

    CentOS 用の bash シェルの例:

    code language-bash
    export PATH=$PATH:/var/www/html/magento2/bin
    

    必要に応じて、次の方法でコマンドを実行できます。

    • cd <magento_root>/bin を実行します。 ./magento <command name>
    • <magento_root>/bin/magento <command name>
    • <magento_root> は、Web サーバーの docroot のサブディレクトリです。

コマンドの構文

次に、一般的なコマンドの例を示します。

bin/magento migrate:<mode> [-r|--reset] [-a|--auto] {<path to config.xml>}

次の場合:

  • <mode> は次の場合があります。 settings, dataまたは delta
  • [-r|--reset] は、最初から移行を開始するオプションの引数です。 この引数は、移行のテストに使用できます。
  • [-a|--auto] は、整合性チェックエラーが発生した場合に移行を停止しないようにする、オプションの引数です。
  • {<path to config.xml>} は、に対するファイルシステムの絶対パスです。 config.xml;この引数は必須です。
NOTE
ログは <magento_root>/var/ ディレクトリ。

移行順序

作成時に、 Data Migration Toolを使用する場合、次のようなデータ転送シーケンスが想定されます。

同じ順序でデータを移行することを強くお勧めします。

recommendation-more-help
c2d96e17-5179-455c-ad3a-e1697bb4e8c3