デプロイ後に、env.php で.magento.env.yaml の変更が表示されない

NOTE
この問題がある場合は、ece-tools 2002.1.5 にアップグレードして修正してください。 2002.1.5 には、各デプロイメントの opcache をリセットする機能があるので、設定を変更する必要はありません opcache.enable_cli=1. アップグレードしない場合は、ソリューションで後述されている回避策の手順を実行する必要があります。

この記事では、が変更されたときの問題の解決策について説明します .magento.env.yaml ファイルがに反映されない app/etc/env.php デプロイメント後。

影響を受ける製品とバージョン

問題

で加えられた変更 .magento.env.yaml ファイルはに影響しません app/etc/env.php 生成済み。

再現手順:

内の値を変更します .magento.env.yaml サーバーにプッシュし、現在チェックアウトされている環境の設定(およびデプロイメント設定)を定義する必要があります。 手順については、を参照してください 環境変数/変数のデプロイ 開発者向けドキュメントを参照してください。

期待される結果:

で加えられた変更 .magento.env.yaml ファイルの影響: app/etc/env.php 生成済み。

実際の結果:

変更は次には影響しません app/etc/env.php デプロイメント後の変数。

原因:

この問題は、の値が正しくないために発生した可能性があります opcache.enable_cli のパラメーター php.ini ファイル。

解決策

  1. システムが次のように設定されていることを確認します。 Adobe Commerceのパフォーマンスのベストプラクティス > ソフトウェアの推奨事項.
  2. チェックする opcache.enable_cli ディレクティブ: php.ini はに設定されています。 0 次を実行します。 php -i | grep opcache.enable_cli
  3. 出力が次のような場合 opcache.enable_cli=1 、を編集します php.ini プロジェクトのルートディレクトリにあるファイルと opcache.enable_cli=1 対象: opcache.enable_cli=0
  4. プロジェクトを再デプロイします。

関連資料

recommendation-more-help
8bd06ef0-b3d5-4137-b74e-d7b00485808a