MDVA-29148: ArrayBackend は保存時に既定値を割り当てません

MDVA-29148 パッチは、次の問題を解決します。 \Magento\Eav\Model\Entity\Attribute\Backend\ArrayBackend 保存時にデフォルト値は割り当てません。 このパッチは、 品質向上パッチツール(QPT) 1.0.7 がインストールされています。 この問題はAdobe Commerce 2.4.2 で修正されました。

影響を受ける製品とバージョン

Adobe Commerce バージョン用のパッチが作成されます。

クラウドインフラストラクチャー上のAdobe Commerce 2.3.3-p1。

Adobe Commerce バージョンとの互換性:

Adobe Commerce(すべてのデプロイメント方法) >=2.3.0 <2.4.2.

NOTE
パッチは、新しい Quality Patches Tool リリースを使用する他のバージョンにも適用される可能性があります。 パッチがお使いのAdobe Commerceのバージョンと互換性があるかどうかを確認するには、 magento/quality-patches を最新バージョンにパッケージ化し、 Quality Patches Tool:パッチの検索ページ. パッチ ID を検索キーワードとして使用して、パッチを見つけます。

問題

インポートスクリプトまたは REST API を使用して製品が作成された場合、を使用する属性 \Magento\Eav\Model\Entity\Attribute\Backend\ArrayBackend デフォルト値がのバックエンドモデルは、デフォルト値に割り当てられていません。

再現手順:

  1. を使用する新しいグローバル属性の作成 \Magento\Eav\Model\Entity\Attribute\Backend\ArrayBackend バックエンドモデルと、空でないデフォルト値。
  2. REST API を使用して、新しい製品を作成します。
  3. その新しい製品を REST API から取得し、製品のカスタム属性に属性が存在しないことを確認します。

期待される結果:

カスタム属性のデフォルト値が製品属性に保存されました。

実際の結果:

カスタム属性の既定値が製品属性に保存されませんでした。

パッチの適用

個々のパッチを適用するには、デプロイメント方法に応じて、次のリンクを使用します。

関連資料

品質向上パッチツールの詳細については、次を参照してください。

QPT で使用可能なその他のパッチについては、を参照してください。 QPT で使用可能なパッチ 開発者向けドキュメントを参照してください。

recommendation-more-help
8bd06ef0-b3d5-4137-b74e-d7b00485808a