Quality Patches Tool (QPT) v1.0.5 の概要

このサブセクションでは、で使用可能なパッチによって修正された問題について詳しく説明します。 Quality Patches Tool (QPT) v1.0.5.

QPT v1.0.5 には、次のパッチが含まれています。

  1. MDVA-28191:管理者を介した注文の作成中に支払い方法が読み込まれない問題を修正しました。
  2. MDVA-28409:が発生した問題を修正します sales_clean_quotes cron ジョブが次の条件で失敗 メモリ不足 データベース内の期限切れの引用符の数が多い場合のエラー。
  3. MDVA-28661:会社管理者が変更された後、会社ユーザーの会社アカウントセクションにエラーがスローされる問題を修正しました。
  4. MDVA-28763:REST API を複数回使用して製品情報を更新すると、製品画像が重複する問題を修正しました。
  5. MDVA-29042:カタログの権限がに変更された問題を修正しました 許可 共有カタログに新しい製品が追加された後、自動的に。
  6. MDVA-29959:制限付き管理者ユーザーがを使用する問題を修正しました 会社 会社アカウントを削除する権限はありません。
  7. MDVA-30107:ストアビューに異なるベース URL を使用した場合に、ストアスイッチャーが期待どおりに動作しない問題を修正しました。
  8. MDVA-30265:請求書の作成後に出荷トラッキングリンクが機能しなくなる問題を修正します。
  9. MDVA-30284:以下の原因でカタログ検索インデクサーが失敗する問題を修正しました Elasticsearchエラー:インデックスの合計フィールド数の制限を超えています。
  10. MDVA-30428:この製品がカスタムインベントリソースに割り当てられている場合、顧客がウィッシュリストに製品を追加できない問題を修正しました。
  11. MDVA-30593:見積もりの有効期間の設定に従って期限切れになった見積もりがクリーンアップされない問題を修正しました。

左側のメニューを使用して、特定のパッチページに移動します。

recommendation-more-help
8bd06ef0-b3d5-4137-b74e-d7b00485808a