MDVA-36718: API の変更後もカスタムオプションが残る

MDVA-36718 Magentoパッチは、API を介して変更された後に古いカスタムオプションが残る問題を修正します。

このパッチは、 品質向上パッチツール(QPT) 1.0.22 がインストールされています。 パッチ ID は MDVA-36718。 この問題はMagentoバージョン 2.4.3 で修正される予定であることに注意してください。

影響を受ける製品とバージョン

Adobe Commerce バージョン用のパッチが作成されます。

クラウドインフラストラクチャー 2.4.1 上のAdobe Commerce

Magentoバージョンとの互換性:

Adobe Commerce(すべてのデプロイメント方法) 2.3.0 ~ 2.4.2

NOTE
パッチは、新しい Quality Patches Tool リリースを使用する他のバージョンにも適用される可能性があります。 パッチがお使いのAdobe Commerceのバージョンと互換性があるかどうかを確認するには、 magento/quality-patches を最新バージョンにパッケージ化し、 Quality Patches Tool:パッチの検索ページ. パッチ ID を検索キーワードとして使用して、パッチを見つけます。

問題

再現手順:

  1. シンプルな製品を作成します。
  2. を追加 ドロップダウンタイプ カスタムオプション。
  3. API を使用してカスタムオプションを更新する:送信 PUT リクエスト先 /V1/products/options/{optionId}.

期待される結果:

カスタムオプションは、期待どおりに更新されます。

実際の結果:

新しいカスタムオプションが追加されますが、古いカスタムオプションは残ります。

パッチの適用

個々のパッチを適用するには、デプロイメント方法に応じて、次のリンクを使用します。

関連資料

品質向上パッチツールの詳細については、次を参照してください。

QPT ツールで使用可能なその他のパッチについては、を参照してください。 QPT ツールで使用可能なパッチ セクション。

recommendation-more-help
8bd06ef0-b3d5-4137-b74e-d7b00485808a