クラウド上のAdobe Commerce:認証キーを変更して再デプロイ

この記事では、様々な認証キーを使用してクラウドインフラストラクチャにAdobe Commerceを再デプロイする方法について説明します。 例えば、別のアカウントでキーを使用した場合や、Adobe Commerceのキーの代わりにMagento Open Sourceのキーを使用した場合などです。

誤ったキーを使用すると、デプロイメントが失敗します。 復元するには、プロジェクトのクローンを作成し、正しいキーをに追加する必要があります auth.jsonをクリックし、変更を master ブランチにプッシュします。

この記事では、プロジェクトにがあると仮定します master ブランチのみ(master は、最初にプロジェクトを作成する際のデフォルトのブランチです)。

正しい認証キーを使用して再デプロイするには:

  1. クラウドインフラストラクチャ上にAdobe Commerceがあるマシンに SSH キーでログインします。

  2. プロジェクトへのログイン

    code language-none
    magento-cloud login
    
  3. という名前でコードを更新するブランチを作成 auth:

    code language-none
    magento-cloud environment:branch auth master
    
  4. プロジェクトのルートディレクトリに移動します。

  5. 開く auth.json テキストエディター。

    code language-json
    {
       "http-basic": {
          "repo.magento.com": {
             "username": "<your public key>",
             "password": "<your private key>"
          }
       }
    }
    
  6. 正しい認証キーを追加します。

  7. 変更を保存し、テキストエディターを終了します。

  8. 変更内容をコミットして結合します。

    code language-none
    git add -A
    
    code language-none
    git commit -m "<description of change>"
    
    code language-none
    git push origin master
    
  9. デプロイメントが完了するまで待ちます。

デプロイメントが成功したかどうかを示すメッセージが表示されます。 のいずれかに移動すると、デプロイメントが成功したことを確認できます 環境ルート 画面に表示されます。

recommendation-more-help
8bd06ef0-b3d5-4137-b74e-d7b00485808a