Cloud 上のAdobe Commerceで MySQL に割り当てる領域を増やす

スタータープランと Pro プランの統合でのスペースの割り当て

すべてのスタータープラン環境および Pro プランの場合 統合環境を選択した場合は、で MySQL 用に割り当てる領域を増やすことができます。 .magento/services.yaml ファイル(を増やすことで) mysql: disk: パラメーター。 例:

mysql:
    type: mysql:10.0
    disk: 2048

を参照してください。 MySQL サービスの設定 参照用の記事。

を変更したら、 .magento/services.yaml ファイルを保存します。変更を適用するには、それらをコミットしてプッシュする必要があります。 プッシュはデプロイメントプロセスをトリガーします。

WARNING
スタータープランのパーティションは、壊滅的なデータ破損を引き起こす可能性があるので、サイズを小さくしないでください(例えば、30 GB から 20 GB に変更する)。

Pro プランのステージングまたは実稼動での領域の割り当て

Pro プランのステージング環境または実稼動環境用にこれらの変更を行うには、 サポートチケット. ストレージを増やすためにサポートチケットを送信する場合、サポートは、ストレージを適用するパーティションの量とパーティションを把握する必要があります(/mysql または /exports)に設定します。 ストレージの増加リクエストには、Adobeアカウントチームの承認が必要です。アカウントチームは、承認する前に、(注文フォームに従って)ストレージの適切な量を確認します。

割り当て容量を減らすことができない(Pro および Starter プラン)

Adobe Commerce サポートでパーティションを増やすことができます(/mysql または /exports)を指定します。ただし、パーティションを縮小することはできません。 データが破損するリスクがあるため、パーティションのストレージを減らすことはできません。
これは、スタータープランにも当てはまります。スタータープランでは、割り当てられたスペースを自分で増やすことができます。減らすことは強くお勧めせず、データの壊滅的な破損が発生する可能性があります。

recommendation-more-help
8bd06ef0-b3d5-4137-b74e-d7b00485808a