統合環境の強化リクエスト - Pro と Starter

Adobe Commerce on cloud infrastructure Pro プランアーキテクチャのお客様が標準サイズの統合環境を使用している場合、またはAdobe Commerce on cloud infrastructure Starter プランアーキテクチャのお客様が標準サイズのステージング環境を使用しており、より多くの電力を必要としている場合は、Enhanced Integration Environments へのアップグレードをリクエストできます。このアップグレードにより、およそ 4 倍のパフォーマンスが得られます。 この記事では、Pro のお客様と Starter のお客様の説明を分けています。

プロ

  1. Pro を使用している場合をアップグレードするには、統合ブランチの数を 2 に減らす必要があります(main Integration ブランチが合計に含まれます)に設定します。 注意:この合計にプライマリ・ブランチはカウントしないでください。 プライマリブランチは統合ブランチとは見なされません。 の手順に従います Cloud Console を使用したブランチの管理 開発者向けドキュメントを参照してください。
  2. 商人は必要があります サポートチケットを送信 連絡先理由「」を使用して、拡張統合環境へのアップグレードをリクエストする​ クラウド設定変更のリクエスト」と入力します。
  3. Adobeカスタマー・エンジニアリング・チームが統合環境の数を確認し、変更を開始します。
  4. アップグレードが完了すると、マーチャントにチケットで通知されます。
  5. マーチャントは統合環境をデプロイします。 の手順に従います ブランチの結合 開発者向けドキュメントを参照してください。 注意:デプロイメントは次を実行すると自動的に行われます。
    git プッシュオリジン <branch-name>
    

パフォーマンスが向上した場合は、拡張統合環境に正常にアップグレードされたことを示します。

備考:

  • 標準サイズと拡張サイズの 2 種類しか使用できません。
  • 特定のストアのすべての統合環境のサイズは同じなので、個別にサイズ変更することはできません。
  • 2 つ以上の Enhanced Integration 環境が必要な場合は、Adobeアカウントチームにお問い合わせください。

スターター

  1. スタータープランには統合分岐を含めることはできません。マーチャントは統合環境を削除し、ステージング環境のみから移動する必要があります。 の手順に従います Cloud Console を使用したブランチの管理 開発者向けドキュメントを参照してください。 利用可能な環境の数が減り、最大 1 つの統合環境が可能になります。
  2. 商人は必要があります サポートチケットを送信 連絡先理由を使用して、拡張統合環境へのアップグレードをリクエストする 「クラウド設定の変更をリクエスト」 - ステージング環境は名前付き統合環境です.
  3. Adobeカスタマー・エンジニアリング・チームが統合環境の数を確認し、変更を開始します。
  4. アップグレードが完了すると、マーチャントにチケットで通知されます。
  5. マーチャントは統合環境をデプロイします。 の手順に従います ブランチの結合 開発者向けドキュメントを参照してください。 注意:デプロイメントは次を実行すると自動的に行われます。
    git プッシュオリジン <branch-name>
    

パフォーマンスが向上した場合は、拡張統合環境に正常にアップグレードされたことを示します。

備考:

  • 標準サイズと拡張サイズの 2 種類しか使用できません。
  • 特定のストアのすべての統合環境のサイズは同じなので、個別にサイズ変更することはできません。
  • ステージングを超える統合環境が必要な場合は、Adobeアカウントチームにお問い合わせください。
  • 2020 年 9 月 17 日以降に購入された場合、統合環境が拡張されているので、この機能強化は適用されません。
recommendation-more-help
8bd06ef0-b3d5-4137-b74e-d7b00485808a