小売カレンダーのレポート

このトピックでは、 4-5-4小売業用カレンダー の Adobe Commerce Intelligence アカウント。 Visual Report Builder は、非常に柔軟な時間範囲、間隔、独立した設定を提供します。 ただし、これらの設定はすべて、従来の月次カレンダーを使用して動作します。

多くのお客様がカレンダーを変更して小売または会計日を使用するので、次の手順では、データを使用し、小売日を使用してレポートを作成する方法を示します。 以下の手順は4-5-4小売業用カレンダーを参照していますが、財務用かカスタムの期間かに関わらず、チームが使用する特定のカレンダーに対して変更できます。

使い始める前に、 ファイルアップローダ そして、長くしてあることを確認します。 .csv ファイル。 これにより、日付はすべての履歴データをカバーし、日付を将来の日付にプッシュします。

この分析に含まれる内容 高度な計算列.

はじめに

以下が可能です。 ダウンロード a .csv 2014 年~2017 年の4-5-4小売年度用カレンダーのバージョン。 内部の小売業用カレンダーに従ってこのファイルを調整し、履歴と現在の期間に対応するように日付範囲を拡張する必要が生じる場合があります。 ファイルをダウンロードした後、ファイルアップローダを使用して、 Commerce Intelligence Data Warehouse。 変更されていないバージョンの4-5-4小売業用カレンダーを使用している場合は、このテーブルのフィールドの構造とデータ型が次のものと一致していることを確認してください。

列名
列のデータタイプ
プライマリキー
Date Retail
Date & Time
Yes
Year Retail
Whole Number
No
Quarter Retail
Whole Number
No
Month Number Retail
Whole Number
No
Week Retail
Whole Number
No
Month Name Retail
Text (最大 255 文字)
No
Week Number of Month Retail
Whole Number
No

作成する列

  • sales_order

    • INPUT created\_at (yyyy-mm-dd 00):00:00)

      • Column type: – Same table > Calculation
      • Inputs: – created\_at
      • Datatype: – Datetime
      • Calculation: - case when A is null then null else to\_char(A, 'YYYY-MM-DD 00:00:00') end
  • 小売カレンダー ファイルアップロードテーブル

    • 現在の日付

      • Column type: Same table > Calculation

      • Inputs: Date Retail

      • データ型: Datetime

      • Calculation: case when A is null then null else to\_char(now(), 'YYYY-MM-DD 00:00:00') end

        note note
        NOTE
        The now() 上記の関数は、PostgreSQL に固有です。 ただし、 Commerce Intelligence データウェアハウスは PostgreSQL でホストされ、一部は Redshift でホストされる場合があります。 上記の計算でエラーが返された場合は、 Redshift 関数を使用する必要がある場合があります getdate() の代わりに now().
    • 現在の小売年 (サポートアナリストが作成する必要があります)

      • Column type: Event Counter

      • Local Key: Current date

      • Remote Key: Retail calendar.Date Retail

      • Operation: Max

      • Operation value: Year Retail

    • 現在の小売年度に含まれますか? (はい/いいえ)

      • Column type: Same table > Calculation

      • Inputs:

        • A - Year Retail
        • B - Current retail year
      • データ型: String

      • Calculation: case when A is null or B is null then null when A = B then 'Yes' else 'No' end

    • 前の小売年度に含まれますか? (はい/いいえ)

      • Column type: Same table > Calculation

      • Inputs:

        • A - Year Retail
        • B - Current retail year
      • データ型: String

      • Calculation: case when A is null or B is null then null when (A = (B-1)) then 'Yes' else 'No' end

  • sales_order

    • 作成日_at (小売年度)

      • Column type: One to Many > JOINED\_COLUMN

      • パス —

        • Many: sales\_order.\[INPUT\] created\_at (yyyy-mm-dd 00:00:00)
        • One: Retail Calendar.Date Retail
      • を選択します。 table: Retail Calendar

      • を選択します。 column: Year Retail

    • 作成日時(小売週)

      • Column type: One to Many > JOINED\_COLUMN

      • パス —

        • Many: sales_order[INPUT] created_at (yyyy-mm-dd 00):00:00
        • One:小売業用 Calendar.Date Retail
      • を選択します。 table: Retail Calendar

      • を選択します。 column: Week Retail

    • 作成日_at(小売月)

      • Column type: One to Many > JOINED\_COLUMN

      • パス

        • Many: sales\_order.\[INPUT\] created\_at (yyyy-mm-dd 00:00:00)
        • One: Retail Calendar.Date Retail
      • を選択します。 table: Retail Calendar

      • を選択します。 column: Month Number Retail

    • 前の小売年度に含めますか? (はい/いいえ)

      • Column type: One to Many > JOINED\_COLUMN

      • パス —

        • Many: sales\_order.\[INPUT\] created\_at (yyyy-mm-dd 00:00:00)
        • One:小売 Calendar.Date Retail
      • を選択します。 table: Retail Calendar

      • を選択します。 column: Include in previous retail year? (Yes/No)

    • 現在の小売年度に含めますか? (はい/いいえ)

      • Column type: One to Many > JOINED\_COLUMN

      • パス —

        • Many: sales\_order.\[INPUT\] created\_at (yyyy-mm-dd 00:00:00)
        • One:小売 Calendar.Date Retail
      • を選択します。 table: Retail Calendar

      • を選択します。 column: Include in current retail year? (Yes/No)

指標

注意:この分析に新しい指標は必要ありません。 ただし、必ず sales_order テーブルで作成した新しい列をディメンションとして追加します。 を参照してください。

レポート

  • 週別注文件数 — 小売カレンダー (YoY)

    • 指標 A: 2017

      • Metric:注文数
      • Filter:
        • 作成日(小売年度) = 2017
    • 指標 B: 2016

      • Metric:注文数
      • Filter:
        • 作成日(小売年度) = 2016
    • 指標 C: 2015

      • Metric: Number of orders
      • Filter:
        • Created\_at (retail Year) = 2015
    • Time period: All time

    • Interval: None

    • Group by: Created\_at (retail week)

    • Chart type: Line

      • オフにする multiple Y-axes
  • 小売カレンダーの概要(現在の小売年度 — 月別)

    • 指標 A: Revenue

      • 指標: Revenue

      • Filter:

        • Include current retail year?: Yes

    • 指標 B: Orders

      • Metric: Number of orders

      • Filter:

        • Include current retail year?: Yes

    • 指標 C: Avg order value

      • Metric: Avg order value

      • Filter:

        • Include current retail year?: Yes

    • Time period: All time

    • Interval: None

    • Group by: Created\_at (retail month)

    • Chart type: Line

  • 小売カレンダーの概要(前の小売年度 — 月別)

    • 指標 A: Revenue

      • 指標: Revenue

      • Filter:

        • Include current retail year?: Yes

    • 指標 B: Orders

      • Metric:注文数

      • Filter:

        • Include current retail year?: Yes

    • 指標 C: Avg order value

      • Metric: Avg order value

      • Filter:

        • Include current retail year?: Yes

    • Time period: All time

    • Interval: None

    • Group by: Created\_at (retail month)

    • Chart type: Line

次の手順

上記では、 sales\_order テーブル ( Revenue または Orders) をクリックします。 また、任意のテーブルに作成された指標の小売カレンダーをサポートするように拡張することもできます。 唯一の要件は、このテーブルに、小売カレンダーテーブルへの結合に使用できる有効な datetime フィールドがあることです。

例えば、4-5-4小売業用カレンダーに顧客レベルの指標を表示するには、 Same Table 計算 customer\_entity テーブル、次に類似 \[INPUT\] created\_at (yyyy-mm-dd 00:00:00) 上記の説明。 その後、この列を使用して One to Many JOINED_COLUMN の計算 ( Created_at (retail year)) および Include in previous retail year? (Yes/No) ~に加わることで customer\_entity テーブルから Retail Calendar 表。

忘れずに すべての新しい列を指標のディメンションとして追加 新しいレポートを作成する前に。

recommendation-more-help
e1f8a7e8-8cc7-4c99-9697-b1daa1d66dbc