接続 MySQL 直接接続経由

このトピックでは、

ジャンプ先

NOTE
Adobe を使用することをお勧めします。 SSH または、データを保護するための他の暗号化の形式を使用します。 これがオプションでない場合、直接接続できます Commerce Intelligence をデータベースに追加します。

このトピックでは、 MySQL データベースへ Commerce Intelligence. これらの設定は、 Adobe Commerce または MySQL を使用するその他の e コマースデータベース。

次へのアクセスを許可: Commerce Intelligence IP アドレス allowlist

接続が成功するには、IP アドレスからのアクセスを許可するようにファイアウォールを設定する必要があります。 これらは 54.88.76.97 および 34.250.211.151ですが、それはまた、 MySQL 認証情報ページ:

MBI_Allow_Access_IPs.png

の作成 MySQL のユーザー Commerce Intelligence

最も簡単な方法で MySQL のユーザー Commerce Intelligence が次のクエリを実行すると、 MySQL 次を使用 GRANT 権限。 置換 Commerce Intelligence IP Address と Commerce Intelligence IP アドレスと置換 secure password 選択した安全なパスワードで、次の設定を行います。

    GRANT SELECT ON *.* TO 'magentobi'@'<Commerce Intelligence IP address>' IDENTIFIED BY '<secure password>';

このユーザーが特定のデータベース、テーブルまたは列のデータにアクセスするのを制限するには、代わりにを実行します GRANT 許可したデータへのアクセスのみを許可するクエリ。

同じユーザーとパスワードを使用して、必要な IP すべてに対して GRANT クエリを再実行します。

Commerce Intelligence で接続情報を入力

まとめるには、接続とユーザー情報を次のように入力する必要があります。 Commerce Intelligence. あなたは MySQL 認証情報ページを開きますか? そうでない場合は、に移動します。 Data > Connections をクリックします。 Add New Data Source」、「 MySQL アイコン。 忘れずに Encrypted 切り替える Yes.

このページに、以下の情報を入力します。 Database Connection セクション:

  • Connection Nickname:統合の名前を入力します(例:E コマースストア)。

  • Username:のユーザー名 Commerce Intelligence MySQL ユーザー

  • Password:のパスワード Commerce Intelligence MySQL ユーザー

  • Port:サーバー上の MySQL のポート (3306 (デフォルト)

  • Host:デフォルトでは localhost です。 一般に、バインドアドレスの値は MySQL サーバー(デフォルトは) 127.0.0.1 (localhost)は、一部のローカルネットワークアドレス ( 例: 192.168.0.1) またはサーバーのパブリック IP アドレス。

    この値は、 my.cnf 次の場所にあるファイル: /etc/my.cnf) を \[mysqld\]. バインドアドレス行がそのファイルでコメントアウトされている場合、外部接続の試行からサーバーが保護されます。

完了したら、「 Save & Test をクリックして設定を完了します。

関連ドキュメント

recommendation-more-help
e1f8a7e8-8cc7-4c99-9697-b1daa1d66dbc