アカウント設定のカスタマイズ

NOTE
が必要 管理者権限。

を Commerce Intelligence アカウントを使用すると、Data Warehouseのアカウント設定をカスタマイズできます。 これらにアクセスするには、任意の画面の右上隅で組織名を選択し、「 」を選択します。 Account Settings をドロップダウンから選択します。

  • Client Name: この設定は、すべてのダッシュボードとアカウント全体の他の場所の右上隅に表示されます。 次の項目を変更する場合 "Vandelay Industries Co., Ltd ただの "Vandelay ​の場合は、ここで設定を行います。

  • Currency: これが デフォルト通貨 アカウント内のすべての金額の 小数値または通貨値がData Warehouseに同期されるたびに、この設定によってレポート内でその値の前に配置される記号が決まります。

  • Blackout Hours: この設定により、1 日の選択した時間内に、Data Warehouseが接続されたデータベースにアクセスできなくなります。 すべての時間は、0 時間で、東部標準時 (EST) で表されます。 例えば、実稼動データベースに米国東部標準時間の午前 9 時から米国東部標準時間の午後 1 時の間にアクセスしたくない場合は、次の数字の配列を入力する必要があります。 9、10、11、12.

  • Forced update hours: この設定により、アカウントでData Warehouseの更新が自動的に開始されます 時間の間に 指定しました。 ブラックアウト時間と同様に、これらは ET にも存在します。 例えば、Data Warehouseの更新を 午前 0 時 および 正午 EST では、次の桁の配列を入力する必要があります。 0, 12.

  • Send email summaries if the data has not updated yet: このオプションは、E メールの概要が送信するようにスケジュールされている状況を管理します レポートのデータの前に が更新されました。 次を選択した場合: いいえ ​アカウントでは、E メールの送信がスケジュールされた時刻にスキップされます。 代わりに、データが更新されると、アカウントはこれを送信します。 次を選択した場合: Yes ​を使用すると、アカウントは電子メールを送信し、データが古いことを説明するメッセージを含め、データが更新されると別の電子メールを送信します。

  • Enable data updates: このオプションを使用すると、アカウントでデータの更新が確実に実行されます。 設定を No ​の場合、データ同期と列の計算はアカウントで停止します。

NOTE
必ず「 」を選択してください。 Save Customizations 変更を加えた後。
recommendation-more-help
e1f8a7e8-8cc7-4c99-9697-b1daa1d66dbc