ページワークスペースのコントロール

ページワークスペースには、必要なページをすばやく見つけるのに役立つツールと、個々のページまたは複数のページで定期的なメンテナンスを実行するコマンドが含まれています。 また、グリッドからページのプロパティをすばやく更新することもできます。

ページグリッド {width="700" modal="regular"}

ページのプロパティをすばやく更新

  1. 次の日: 管理者 サイドバー、移動 Content > Elements>Pages.

  2. グリッド内の任意の行をクリックします。

    ページプロパティはページグリッドで編集可能です {width="600" modal="regular"}

    複数のレコードを選択するには、更新する各行のチェックボックスをオンにします。

  3. 次のいずれかのプロパティを更新します。

    • Title
    • URL Key
    • Status
    • Layout
  4. 完了したら、「 Save.

Workspace のコントロール

制御
説明
Add New Page
ページを追加します。
Search
現在のフィルターに基づいてカタログ検索を開始します。
Actions
リスト内の選択した項目に適用できるすべてのアクションをリストします。 1 つのページまたは複数のページにアクションを適用するには、アクションの対象となる各レコードの最初の列にあるチェックボックスをオンにします。 オプション: Delete / Disable / Enable / Edit
Select
最初の列のヘッダーのコントロールを使用して、複数のレコードをアクションのターゲットとして選択できます。 選択する各レコードの最初の列のチェックボックスをオンにします。 オプション: Select All / Deselect All
Save Edits
選択したレコードに現在のアクションを適用します。
Edit
レコードを編集モードで開きます。 行の任意の場所をクリックすることで、同じことを実行できます。

説明
Select
最初の列のチェックボックスを使用して、複数のレコードを選択します。 オプション: Select All / Deselect All
ID
ID は、各ページに割り当てられる増分番号です。
Title
ページの上部に表示されるタイトル。
URL Key
URL キーはファイル名に似ており、URL 内のページを識別します。
Layout
ページをメインコンテンツ領域の右または左にサイドバーと共に表示するかどうかを指定します。 オプション: 1 column / 2 columns with left bar / 2 columns with right bar / 3 columns / Empty
Store View
ページを特定のストアビューに関連付けるために使用します。
Status
ページがオンラインかオフラインかを示します。 オプション: Enabled / Disabled
Created
ページが作成された日付。
Modified
ページが最後に変更された日付。
Action
個々のレコードに適用できるアクションには、次のものがあります。
Edit— ページを編集モードで開きます。
Delete — ページを削除します。
View— ページをプレビューモードで表示します。

その他の列

説明
Custom design from/to
選択したデザインが製品ページに適用される際の開始日と終了日を指定します
Custom Theme
カスタムテーマをページに適用します
Custom Layout
ページのカスタムレイアウトを決定します
Meta Title
ページのメタタイトル
Meta Keywords
ページのメタキーワード
Meta Description
ページのメタ説明

ページ検索

検索ボックス ( Pages ​grid は、キーワードで特定のページを検索するために使用できます。 より詳細な検索では、次のことが可能です。 フィルター 複数のパラメーターによる検索。

キーワードで検索

  1. ページ検索ボックスに検索語句を入力します。

  2. 結果を表示するには、「検索」( 虫眼鏡アイコン ) アイコンをクリックします。

    結果には、そのキーワードを含むすべてのページが含まれます。

検索結果のフィルタリング

  1. 必要に応じて、 Clear All をクリックして、前の検索条件をクリアします。

  2. 検索フィルターの選択を表示するには、 Filters !(ファネルアイコン)」タブに表示されます。

  3. 必要に応じて、検索するページを説明するフィルターをいくつでも入力します。

  4. クリック Apply Filters をクリックして結果を表示します。

検索フィルター

フィルター
説明
ID
ページレコード ID で検索をフィルターします。
Title
ページタイトルに基づいて検索をフィルタリングします。
URL Key
URL キーで検索をフィルタリングします。
Created
ページの作成日で検索をフィルタリングします。
Modified
ページが最後に変更された日付に基づいて検索をフィルターします。
Store View
ストア表示に基づいて検索をフィルタリングします。 オプション: All available / Store Views
Layout
ページレイアウトに基づいて検索をフィルターします。 オプション: 1 column / 2 columns with left bar / 2 columns with right bar / 3 columns / Empty
Status
ページのステータスに基づいて検索をフィルターします。 オプション: Disabled / Published
Custom design from / to
選択したデザインが製品ページに適用された開始日と終了日で検索をフィルターします
Asset
ページタイトルアセットで検索をフィルタリング
Custom Layout
カスタムレイアウトに基づいて検索をフィルタリングします。 オプション: 1 column / 2 columns with left bar / 2 columns with right bar / 3 columns / Empty / Page -- Full Width / Category -- Full Width / Product -- Full Width
Custom Theme
カスタムテーマに基づいて検索をフィルタリングします。 デフォルトのオプション: Magento Blank / Magento Luma
Meta Keywords
ページのメタキーワードに基づいて検索をフィルタリングします。
Meta Title
ページのメタタイトルに基づいて検索をフィルタリングします。
Meta Description
ページのメタ説明に基づいて検索をフィルタリングします。

検索ツール

ツール
説明
Apply Filters
すべてのフィルターを検索結果に適用します。
Cancel
現在の検索をキャンセルします。
Clear All
すべての検索フィルタをクリアします。

ページアクション

ページは、編集、無効化、有効化および削除できます。 アクションを個々のページに適用するには、最初の列のチェックボックスをオンにします。 すべてのページを選択または選択解除するには、列の上部にある選択コントロールを使用します。

ページアクション {width="400" modal="regular"}

単一アクション

以下を使用します。 Action」列を使用して、次のいずれかのアクションを個々のページに適用できます。

  • Edit — ページを編集モードで開きます
  • Delete — ページを削除します(確認が必要です)
  • View — ストアフロントで直接ページを開きます

単一ページのアクション {width="600" modal="regular"}

マスアクション

次のいずれかの操作を、選択した複数のページに同時に適用する場合は、 Action ​左上隅のセレクター:

  • Delete — ページを削除します(確認が必要です)
  • Disable — ストアフロントのページを無効にします。
  • Enable — ストアフロントのページを有効にします
  • Edit — グリッドの列を編集モードで開きます (Title, URL Key, Layout、および Status)

ページグリッドレイアウト

グリッド内の列の選択と順序は、好みに応じて変更できます。 新しい列の配置を維持するには、ビューとして保存します。

列の選択を変更

右上隅で、 ( 列アイコン ) を制御し、以下の操作を実行します。

  • グリッドに追加する列のチェックボックスをオンにします。

  • グリッドから削除する列のチェックボックスをオフにします。

列の移動

  1. 列のヘッダーをクリックして保持します。

  2. 列を新しい位置にドラッグし、離します。

ビューの保存

  1. 次をクリック: 表示 ( 目のアイコン ) をクリックし、 Save View As.

  2. ビューの名前を入力します。

  3. ビューを保存するには、 矢印 ( 矢印アイコン ) をクリックします。

    ビューの名前が現在のビューとして表示されます。

表示を変更する

次をクリック: 表示 ( 目のアイコン ) をクリックし、次のいずれかの操作をおこないます。

  • 使用するビューを選択します。

  • ビューの名前を変更するには、「編集」( 鉛筆アイコン ) アイコンをクリックし、名前を更新します。

    保存したビューは、編集アイコン付きでビューコントロールに表示されます {width="600" modal="regular"}

予定されている変更

Adobe Commerce機能 {width="20"} Adobe Commerce (詳細情報)

ページの変更はスケジュールに従って適用し、他のコンテンツの変更と共にグループ化できます。 ページに対する予定された変更に基づいてキャンペーンを作成したり、変更を既存のキャンペーンに適用したりできます。 詳しくは、 コンテンツのステージング.

NOTE
スケジュールされたすべての更新が連続して適用されます。つまり、どのエンティティでも、一度に 1 つのスケジュールされた更新のみを持つことができます。 スケジュールされた更新は、その期間内のすべてのストアビューに適用されます。 その結果、異なるストアビューに対して、エンティティが異なるスケジュール済み更新を同時に持つことはできません。 現在のスケジュール済み更新の影響を受けない、すべてのストア表示内のすべてのエンティティ属性値は、以前のスケジュール済み更新の値ではなく、デフォルト値から取得されます。

ホームページの上部にスケジュールされた変更が表示されます {width="600" modal="regular"}

NOTE
キャンペーンの開始日と終了日は、 デフォルト 管理者タイムゾーン。各 Web サイトのローカルタイムゾーンから変換されます。 異なるタイムゾーンに複数の Web サイトがあり、米国のタイムゾーンに基づいてキャンペーンを開始したい場合を考えてみましょう。 この場合、ローカルタイムゾーンごとに個別に更新をスケジュールし、 Start Date および End Date を各ローカル web サイトのタイムゾーンからデフォルトの管理タイムゾーンに変換します。

また、製品のアップデートに関する変更をスケジュールおよびプレビューすることもできます。 詳しくは、 更新のスケジュール.

recommendation-more-help
2b0136b4-ef75-405f-9734-60d741f198de