階層型ナビゲーション

NOTE
この節で説明する標準のレイヤー化されたナビゲーションは、 ファセット.

階層化されたナビゲーションにより、カテゴリ、価格範囲、その他の利用可能な属性に基づいて製品を簡単に見つけることができます。 通常、階層型ナビゲーションは検索結果ページとカテゴリページの左側の列に表示され、場合によってはホームページに表示されます。 標準ナビゲーションには、 並べ替え カテゴリと価格範囲のリスト。 製品数や価格範囲など、レイヤナビゲーションの表示を設定できます。

カテゴリ別・価格別レイヤードナビゲーション

フィルタリング可能な属性

NOTE
このトピックで説明するフィルタリング可能な属性の要件は、次の点で異なります Live Search. 詳しくは、 ファセット.

レイヤナビゲーションを使用して、カテゴリ別または属性別に製品を検索できます。 例えば、買い物客が上部のナビゲーションから Mens/Shorts カテゴリを選択すると、最初の結果にはカテゴリ内のすべての製品が含まれます。 リストは、特定のスタイル、気候、色、素材、パターン、価格を選択するか、値の組み合わせを選択して、さらにフィルタリングできます。 フィルタリング可能な属性は、各属性値を一覧表示する展開セクションに表示されます。 オプションとして、一致する結果を持つ製品のリストは、一致の有無を問わず製品を含めるように設定できます。

属性プロパティと製品入力タイプを組み合わせることで、レイヤーナビゲーションに使用できる属性が決定します。 レイヤー化されたナビゲーションは、次の場合にのみ使用できます アンカー カテゴリですが、検索結果ページに追加することもできます。 この 店舗所有者のカタログ入力タイプ 各属性のプロパティをに設定する必要があります。 Yes/No, Dropdown, Multiple Select、または Price. 属性をフィルタリング可能にするには、 レイヤーナビゲーションでの使用 それぞれのプロパティは、次のいずれかに設定する必要があります Filterable (with results) または Filterable (no results).

例:結果を使用してフィルタリング可能な属性

レイヤーナビゲーションでのフィルタリング可能な属性

例:結果を伴わずに表示されるフィルタリング可能なスウォッチ値

結果のないフィルタリング可能なスウォッチ値

次の手順は、フィルタリング可能な属性を使用した基本的なレイヤーナビゲーションの設定方法を示しています。 価格手順を使用した高度な階層型ナビゲーションについては、を参照してください。 価格ナビゲーション.

手順 1:属性プロパティの設定

  1. Admin サイドバー、に移動 Stores > Attributes>Product.

  2. 参照するか、フィルター適用済み検索を使用してリスト内の属性を検索し、編集モードで開きます。

    フィルター検索を使用するための検索語句を列ごとに入力する {width="700" modal="regular"}

  3. 左パネルで、を選択します。 Storefront Properties およびを設定 Use In Layered Navigation を次のいずれかに変更します。

    • Filterable (with results) – 階層ナビゲーションには、一致する製品が見つかるフィルターのみが含まれます。 リストに表示されるすべての製品に既に適用されている属性値は、使用可能なフィルターとして表示されます。 カウントがゼロ(0)の製品一致を持つ属性値は、使用可能なフィルターのリストから省略されます。 フィルター済みリストには、フィルターに一致する製品のみが含まれます。 製品リストは、選択したフィルターによって表示内容が変更される場合にのみ更新されます。

    • Filterable (no results) – 階層ナビゲーションには、すべての使用可能な属性値とその製品数(製品の一致がゼロ(0)の製品を含む)のフィルターが含まれます。 属性値がスウォッチの場合、その値はフィルタとして表示されますが、交差しています。 価格レイヤーのフィルタリングは、このオプションではサポートされておらず、価格フィルターには影響しません。

  4. を設定 Use In Search Results Layered Navigation 対象: Yes.

    ストアフロントのプロパティ {width="600" modal="regular"}

  5. レイヤーナビゲーションに含める属性ごとに、これらの手順を繰り返します。

NOTE
いつ Use in Search ​はに設定されています。 No,Use in Search Results Layered Navigation 設定は表示されず、製品属性は使用されません Use in Layered Navigation 値を設定します。
NOTE
この Position フィールドは既定では淡色表示になっているので、この設定を変更する前に属性を保存する必要があります。

手順 2:カテゴリをアンカーにする

  1. Admin サイドバー、に移動 Catalog > Categories.

  2. カテゴリツリーで、階層化ナビゲーションを使用するカテゴリを選択します。

  3. を展開 展開セレクター この Display Settings セクションとセット Anchor 対象: Yes.

    カテゴリの表示設定 {width="600" modal="regular"}

  4. クリック Save.

手順 3:結果のテスト

設定をテストするには、ストアにアクセスし、メインメニューからカテゴリに移動します。 フィルタリング可能な属性の選択は、カテゴリページのレイヤー化されたナビゲーションに表示されます。

表示された製品を検索、フィルタリングおよびレビューします。

レイヤーナビゲーションからフィルタリング可能な属性値を削除

レイヤーナビゲーションには、使用可能なすべての属性値とその製品数のフィルターが含まれます。製品一致がゼロ(0)の製品も含まれます(下図を参照)。

表示されるゼロフィルター

この結果、顧客が優先製品を選択するのが難しくなり、フロントエンドに製品が 0 の属性値を表示す​る必要が​ありません。

次の手順を使用して、レイヤー化されたナビゲーションから「製品」が 0 のフィルタリング可能な属性値を削除できます。

  1. Admin サイドバー、に移動 Stores > Attributes>Product.

  2. 参照するか、フィルター適用済み検索を使用してリスト内の属性を検索し、編集モードで開きます。

  3. 次の下 Attribute Information ​を選択し、Storefront Properties.

  4. の場合 Layered Navigation、を選択 Filterable (with results).

    「Attribute Information」セクション {width="600" modal="regular"}

  5. クリック Save Attribute.

価格ナビゲーション

NOTE
このトピックで説明する価格ナビゲーション構成は、次の点で異なります Live Search.

価格ナビゲーションを使用すると、レイヤードナビゲーションで価格範囲別に製品を配布できます。 また、各範囲を間隔で分割することもできます。 価格ナビゲーションを計算する方法はいくつかあります。

  • 自動(価格範囲の均等化)
  • 自動(製品数を平均化)
  • 手動

最初の 2 つの方法では、ナビゲーションステップが自動的に計算されます。 手動による方法では、価格間隔の分割限度を指定できます。 次の例は、10 と 100 の価格移動ステップの違いを示しています。

反復分割は、価格範囲間で製品の最適な配分を提供します。 反復分割を使用すると、$0.00~$99 の範囲を選択した後、顧客は価格のいくつかのサブレンジをドリルダウンできます。 価格範囲分割は、製品数が間隔分割限度で設定されたしきい値に達すると停止します。

例:価格ナビゲーションステップ

価格ステップ バイ 10
価格ステップ x 100
2000 万ドル~2999 万ドル(1)
0.00~99.99 ドル(4)
3000 万ドル~3999 万ドル(2)
$100~199.99 ドル(5)
7000 万ドル~7999 万ドル(1)
400.00~499.99 ドル(2)
100.00~109.99 ドル(1)
700.00 ドル以上(1)
120.00~129.99 ドル(2)
150.00~159.99 ドル(1)
180.00~189.99 ドル(1)
420.00~429.99 ドル(1)
440.00~449.99 ドル(1)
710.00 ドル以上(1)

価格ナビゲーションの設定

IMPORTANT
商品とその価格を正しく表示する 価格フィルター 階層化されたナビゲーションで、価格の設定がに表示されていることを確認します。 消費税の構成 同じ値(Excluding Tax または Including Tax)に設定します。 の場合 Calculation Settings ​を選択し、Catalog Prices ​の値。 および​_Price Display Settings_​を選択し、 Display Product Prices in Catalog の値。 これらの値が異なる場合、レイヤーナビゲーションの価格フィルターでは、製品を価格別に適切にフィルタリングして並べ替えることができない場合があります。
  1. Admin サイドバー、に移動 Stores > Settings>Configuration.

  2. 左側のパネルで、を展開します Catalog を選択します Catalog その下に。

  3. を展開 展開セレクター この レイヤナビゲーション セクション。

    デフォルトでは Display Product Count はに設定されています。 Yes. 必要に応じて、 Use system value この設定を変更するには、チェックボックスをオンにします。

    レイヤナビゲーション {width="600" modal="regular"}

    これらの設定オプションの詳細なリストについては、を参照してください レイヤナビゲーション が含まれる 設定リファレンス.

  4. を設定 Price Navigation Steps Calculation 以下の節で説明する方法の 1 つです。

  5. 完了したら、 Save Config.

方法 1:自動(価格範囲の均等化)

移動 Price Navigation Steps Calculation をに設定 Automatic (Equalize Price Ranges) (デフォルト)。 この設定では、価格移動に標準アルゴリズムを使用します。

方法 2:自動(製品カウントを均等化)

TIP
必要に応じて、まず Use system value これらの設定を変更するチェックボックス。
  1. を設定 Price Navigation Steps Calculation 対象: Automatic (equalize product counts).

  2. 同じ価格の製品が複数存在する場合に単一価格を表示するには、次のように設定します Display Price Interval as One Price 対象: Yes.

  3. の場合 Interval Division Limit:価格範囲内の製品数のしきい値を入力します。

    範囲をこの制限を超えて分割することはできません。 デフォルト値はです 9.

    自動(製品数を平均化) {width="600" modal="regular"}

方法 3:手動

NOTE
必要に応じて、まず Use system value これらの設定を変更するチェックボックス。
  1. を設定 Price Navigation Steps Calculation 対象: Manual.

  2. を決定する値を入力 Default Price Navigation Step.

  3. を入力 Maximum Number of Price Intervals 許可、まで 100.

    手動 {width="600" modal="regular"}

階層型ナビゲーションの設定

NOTE
このページで説明する標準設定は、次の点で異なります Live Search.

レイヤナビゲーション構成は、各属性の後の括弧内に製品数が表示されるかどうかを決定し、価格ナビゲーションで使用されるステップ計算のサイズを決定する。

  1. Admin サイドバー、に移動 Stores > Settings>Configuration.

  2. 左側のパネルで、を展開します Catalog ​セクションで選択​ Catalog ​その下に。

  3. を展開します。 Layered Navigation ​セクション。

    note note
    NOTE
    必要に応じて、まず Use system value これらの設定を変更するチェックボックス。
  4. 各属性で見つかった製品数を表示するには、次のように設定します Display Product Count 対象: Yes.

  5. を設定 Price Navigation Step Calculation 対象: Automatic (equalize price ranges).

  6. 完了したら、 Save Config.

recommendation-more-help
af062d56-f22c-4537-813d-bedf8b92a071