Asset Compute Service HTTP API asset-compute-http-api

この API の使用は開発目的に限られています。この API は、カスタムアプリケーションの開発用として提供されます。Adobe Experience Manager as a Cloud Service では、この API を使用して処理情報をカスタムアプリケーションに渡します。詳しくは、アセットマイクロサービスと処理プロファイルの使用を参照してください。

NOTE
Asset Compute Service は、Adobe Experience Manager as a Cloud Service でのみ使用できます。

Asset Compute Service HTTP API のクライアントはすべて、次の大まかなフローに従う必要があります。

  1. クライアントが IMS 組織で Adobe Developer Console プロジェクトとしてプロビジョニングされます。イベントデータフローを分離するために、クライアント(システムまたは環境)ごとに個別のプロジェクトが必要です。

  2. クライアントが、JWT(サービスアカウント)認証を使用して、テクニカルアカウントのアクセストークンを生成します。

  3. クライアントが /register を 1 回だけ呼び出して、ジャーナル URL を取得します。

  4. クライアントが、レンディションの生成対象となるアセットごとに /process を呼び出します。この呼び出しは非同期的に実行されます。

  5. クライアントがジャーナルを定期的にポーリングして、イベントを受け取ります。レンディションが正常に処理された場合(rendition_created イベントタイプ)またはエラーが発生した場合(rendition_failed イベントタイプ)に、要求されたレンディションごとにイベントを受け取ります。

@adobe/asset-compute-client モジュールを利用すると、Node.js コードで API を簡単に使用できます。

認証と承認 authentication-and-authorization

すべての API にはアクセストークン認証が必要です。リクエストには、次のヘッダーを設定する必要があります。

  1. bearer トークン(Adobe Developer Console プロジェクトから JWT 交換を使用して受け取ったテクニカルアカウントトークン)を含んだ Authorization ヘッダー。スコープについては以下で説明します。

  2. IMS 組織 ID を含んだ x-gw-ims-org-id ヘッダー。

  3. Adobe Developers Console プロジェクトからのクライアント ID を含んだ x-api-key

スコープ scopes

アクセストークンのスコープを確認します。

  • openid
  • AdobeID
  • asset_compute
  • read_organizations
  • event_receiver
  • event_receiver_api
  • adobeio_api
  • additional_info.roles
  • additional_info.projectedProductContext

これらを使用するには、Adobe Developer Console プロジェクトが Asset ComputeI/O EventsI/O Management API の各サービスをサブスクライブする必要があります。個々のスコープの内訳は次のとおりです。

  • 基本

    • スコープ:openid,AdobeID
  • Asset Compute

    • メタスコープ:asset_compute_meta
    • スコープ:asset_compute,read_organizations
  • Adobe I/O イベント

    • メタスコープ:event_receiver_api
    • スコープ:event_receiver,event_receiver_api
  • Adobe I/O 管理 API

    • メタスコープ:ent_adobeio_sdk
    • スコープ:adobeio_api,additional_info.roles,additional_info.projectedProductContext

登録 register

Asset Compute service の各クライアント(このサービスをサブスクライブしている一意の Adobe Developer Console プロジェクト)は、処理リクエストをおこなう前に登録する必要があります。登録ステップは、レンディション処理から非同期イベントを取得するために必要な固有のイベントジャーナルを返します。

ライフサイクルの終わりに、クライアントは登録解除できます。

登録リクエスト register-request

この API 呼び出しは、Asset Compute クライアントを設定し、イベントジャーナル URL を提供します。これはべき等操作であり、クライアントごとに 1 回だけ呼び出す必要があります。このメソッドを再度呼び出せば、ジャーナル URL を取得できます。

パラメーター
メソッド
POST
パス
/register
ヘッダー Authorization
すべての認証関連ヘッダー
ヘッダー x-request-id
オプション。複数のシステムにわたる処理リクエストの一意のエンドツーエンド識別子としてクライアントで設定できます。
リクエスト本文
空にする必要があります。

登録応答 register-response

パラメーター
MIME タイプ
application/json
ヘッダー X-Request-Id
X-Request-Id リクエストヘッダーと同じか、一意に生成されたヘッダー。複数のシステムやサポートリクエストにわたってリクエストを識別するために使用されます。
応答本文
journalokrequestId のいずれかのフィールドを含んだ JSON オブジェクト。

HTTP ステータスコードは次のとおりです。

  • 200 Success:リクエストが成功した場合。/process を通じてトリガーされた非同期処理の結果に関して通知される journal URL が含まれています(成功した場合はイベントタイプ rendition_created、失敗した場合はイベントタイプ rendition_failed)。

    code language-json
    {
        "ok": true,
        "journal": "https://api.adobe.io/events/organizations/xxxxx/integrations/xxxx/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx",
        "requestId": "1234567890"
    }
    
  • 401 Unauthorized:有効な認証がリクエストにない場合に発生します。例えば、無効なアクセストークンや無効な API キーなどがあります。

  • 403 Forbidden:有効な承認がリクエストにない場合に発生します。例えば、アクセストークンが有効でも、Adobe Developer Console プロジェクト(テクニカルアカウント)が、必要なすべてのサービスをサブスクライブしていない場合などです。

  • 429 Too many requests:このクライアントまたはその他の原因でシステムが過負荷になっている場合に発生します。クライアントは指数関数的バックオフを使用して再試行する必要があります。本文は空です。

  • 4xx エラー:その他の任意のクライアントエラーが発生し、登録に失敗した場合。通常、次のような JSON 応答が返されますが、これはすべてのエラーに対して保証されているわけではありません。

    code language-json
    {
        "ok": false,
        "requestId": "1234567890",
        "message": "error message"
    }
    
  • 5xx エラー:その他の任意のサーバー側エラーが発生し、登録に失敗した場合に発生します。通常、次のような JSON 応答が返されますが、これはすべてのエラーに対して保証されているわけではありません。

    code language-json
    {
        "ok": false,
        "requestId": "1234567890",
        "message": "error message"
    }
    

登録解除リクエスト unregister-request

この API 呼び出しは、Asset Compute クライアントの登録を解除します。この後は、/process を呼び出すことはできなくなります。未登録のクライアントに対してこの API 呼び出しを使用すると、404 エラーが返されます。

パラメーター
メソッド
POST
パス
/unregister
ヘッダー Authorization
すべての認証関連ヘッダー
ヘッダー x-request-id
オプション。複数のシステムにわたる処理リクエストの一意のエンドツーエンド識別子としてクライアントで設定できます。
リクエスト本文
空白。

登録解除応答 unregister-response

パラメーター
MIME タイプ
application/json
ヘッダー X-Request-Id
X-Request-Id リクエストヘッダーと同じか、一意に生成されたヘッダー。複数のシステムやサポートリクエストにわたってリクエストを識別するために使用されます。
応答本文
ok フィールドと requestId フィールドを含んだ JSON オブジェクト。

ステータスコードは次のとおりです。

  • 200 Success:登録とジャーナルが見つかり、削除されたときに発生します。

    code language-json
    {
        "ok": true,
        "requestId": "1234567890"
    }
    
  • 401 Unauthorized:有効な認証がリクエストにない場合に発生します。例えば、無効なアクセストークンや無効な API キーなどがあります。

  • 403 Forbidden:有効な承認がリクエストにない場合に発生します。例えば、アクセストークンが有効でも、Adobe Developer Console プロジェクト(テクニカルアカウント)が、必要なすべてのサービスをサブスクライブしていない場合などです。

  • 404 Not found:指定された資格情報に対して現在の登録がない場合に発生します。

    code language-json
    {
        "ok": true,
        "requestId": "1234567890"
    }
    
  • 429 Too many requests:システムが過負荷になっている場合に発生します。クライアントは指数関数的バックオフを使用して再試行する必要があります。本文は空です。

  • 4xx エラー:その他の任意のクライアントエラーが発生し、登録解除に失敗した場合に発生します。通常、次のような JSON 応答が返されますが、これはすべてのエラーに対して保証されているわけではありません。

    code language-json
    {
        "ok": false,
        "requestId": "1234567890",
        "message": "error message"
    }
    
  • 5xx エラー:その他の任意のサーバー側エラーが発生し、登録に失敗した場合に発生します。通常、次のような JSON 応答が返されますが、これはすべてのエラーに対して保証されているわけではありません。

    code language-json
    {
        "ok": false,
        "requestId": "1234567890",
        "message": "error message"
    }
    

処理リクエスト process-request

process 操作では、リクエスト内の指示に基づいてソースアセットを複数のレンディションに変換するジョブを送信します。正常完了(イベントタイプ rendition_created)または任意のエラー(イベントタイプ rendition_failed)に関する通知がイベントジャーナルに送信されます。このジャーナルは、/process リクエストをおこなう前に /register を 1 回使用して取得する必要があります。形式が正しくないリクエストは即座に失敗し、400 エラーコードが返されます。

source アセットの読み取り(GET URL)とレンディションの書き込み(PUT URL)のために、Amazon AWS S3 の署名済み URL や Azure Blob ストレージの SAS URL などの URL を使用してバイナリが参照されます。これらの署名済み URL の生成はクライアントが担当します。

パラメーター
メソッド
POST
パス
/process
MIME タイプ
application/json
ヘッダー Authorization
すべての認証関連ヘッダー
ヘッダー x-request-id
オプション。複数のシステムにわたる処理リクエストの一意のエンドツーエンド識別子としてクライアントで設定できます。
リクエスト本文
以下に説明する処理リクエスト JSON 形式にする必要があります。処理するアセットと生成するレンディションに関する指示を提供します。

処理リクエスト JSON process-request-json

/process のリクエスト本文は、次の大まかなスキーマに従う JSON オブジェクトです。

{
    "source": "",
    "renditions" : []
}

使用可能なフィールドは次のとおりです。

名前
種類
説明
source
string
処理するソースアセットの URL。要求されたレンディション形式(例:fmt=zip)によってはオプション。
"http://example.com/image.jpg"
source
object
処理するソースアセットを記述します。以下の source オブジェクトのフィールドの説明を参照してください。要求されたレンディション形式(例:fmt=zip)によってはオプション。
{"url": "http://example.com/image.jpg", "mimeType": "image/jpeg" }
renditions
array
ソースファイルから生成するレンディション。各レンディションオブジェクトでは、レンディション指示をサポートしています。必須。
[{ "target": "https://....", "fmt": "png" }]

source は、URL と見なされる <string> か、追加フィールドを含んだ <object> のいずれかにすることができます。次のような似たバリエーションがあります。

"source": "http://example.com/image.jpg"
"source": {
    "url": "http://example.com/image.jpg"
}

source オブジェクトのフィールド source-object-fields

名前
種類
説明
url
string
処理するソースアセットの URL。必須。
"http://example.com/image.jpg"
name
string
ソースアセットファイル名。MIME タイプを検出できない場合は、名前のファイル拡張子が使用される可能性があります。URL パス内のファイル名や、バイナリリソースの content-disposition ヘッダー内のファイル名よりも優先されます。デフォルトは "file" です。
"image.jpg"
size
number
ソースアセットファイルのサイズ(バイト単位)。バイナリリソースの content-length ヘッダーよりも優先されます。
10234
mimetype
string
ソースアセットファイルの MIME タイプ。バイナリリソースの content-type ヘッダーよりも優先されます。
"image/jpeg"

完全な process リクエストの例 complete-process-request-example

{
    "source": "https://www.adobe.com/content/dam/acom/en/lobby/lobby-bg-bts2017-logged-out-1440x860.jpg",
    "renditions" : [{
            "name": "image.48x48.png",
            "target": "https://some-presigned-put-url-for-image.48x48.png",
            "fmt": "png",
            "width": 48,
            "height": 48
        },{
            "name": "image.200x200.jpg",
            "target": "https://some-presigned-put-url-for-image.200x200.jpg",
            "fmt": "jpg",
            "width": 200,
            "height": 200
        },{
            "name": "cqdam.xmp.xml",
            "target": "https://some-presigned-put-url-for-cqdam.xmp.xml",
            "fmt": "xmp"
        },{
            "name": "cqdam.text.txt",
            "target": "https://some-presigned-put-url-for-cqdam.text.txt",
            "fmt": "text"
    }]
}

処理応答 process-response

/process リクエストは、基本的なリクエスト検証に基づいて、成功または失敗を即座に返します。実際のアセット処理は非同期でおこなわれます。

パラメーター
MIME タイプ
application/json
ヘッダー X-Request-Id
X-Request-Id リクエストヘッダーと同じか、一意に生成されたヘッダー。複数のシステムやサポートリクエストにわたってリクエストを識別するために使用されます。
応答本文
ok フィールドと requestId フィールドを含んだ JSON オブジェクト。

ステータスコード:

  • 200 Success:リクエストが正常に送信された場合。応答 JSON には "ok": true が含まれています。

    code language-json
    {
        "ok": true,
        "requestId": "1234567890"
    }
    
  • 400 Invalid request:リクエストの形式が正しくない場合。例えば、リクエスト JSON に必須フィールドがない場合などです。応答 JSON には "ok": false が含まれています。

    code language-json
    {
        "ok": false,
        "requestId": "1234567890",
        "message": "error message"
    }
    
  • 401 Unauthorized:有効な認証がリクエストにない場合です。例えば、無効なアクセストークンや無効な API キーなどがあります。

  • 403 Forbidden:有効な承認がリクエストにない場合です。例えば、アクセストークンが有効でも、Adobe Developer Console プロジェクト(テクニカルアカウント)が、必要なすべてのサービスをサブスクライブしていない場合などです。

  • 429 Too many requests:このクライアントまたはその他の一般的な原因でシステムが過負荷になっている場合です。クライアントは指数関数的バックオフを使用して再試行できます。本文は空です。

  • 4xx エラー:その他の任意のクライアントエラーが発生した場合です。通常、次のような JSON 応答が返されますが、これはすべてのエラーに対して保証されているわけではありません。

    code language-json
    {
        "ok": false,
        "requestId": "1234567890",
        "message": "error message"
    }
    
  • 5xx エラー:その他の任意のサーバー側エラーが発生した場合です。通常、次のような JSON 応答が返されますが、これはすべてのエラーに対して保証されているわけではありません。

    code language-json
    {
        "ok": false,
        "requestId": "1234567890",
        "message": "error message"
    }
    

ほとんどのクライアントは、401 や 403 などの設定上の問題や 400 のような無効なリクエストの場合を​ 除き、任意のエラー発生時に指数関数的バックオフを使用して、完全に同じリクエストを再試行する傾向があります。429 応答を通じた通常のレート制限以外に、サービスの一時的な停止または制限により、5xx エラーが発生する場合があります。その場合は、しばらくしてから再試行することをお勧めします。

すべての JSON 応答(存在する場合)には、X-Request-Id ヘッダーと同じ値の requestId が含まれています。このヘッダーは常に存在するので、このヘッダーから読み取ることをお勧めします。また、requestId は、処理リクエストに関連するすべてのイベントでも requestId として返されます。クライアントは、この文字列の形式を仮定してはいけません。これは不透明な文字列識別子です。

後処理のオプトイン opt-in-to-post-processing

Asset Compute SDK では、一連の基本的な画像後処理オプションをサポートしています。カスタムワーカーは、レンディションオブジェクトの postProcess フィールドを true に設定して、後処理を明示的にオプトインすることができます。

次のユースケースがサポートされています。

  • crop.w、crop.h、crop.x、crop.y で境界が定義された長方形にレンディションを切り抜く。これはレンディションオブジェクトの instructions.crop で定義されます。
  • 幅、高さまたはその両方を使用して画像のサイズを変更する。これはレンディションオブジェクトの instructions.widthinstructions.height で定義されます。幅または高さのみを使用してサイズを変更する場合は、一方の値だけを設定します。Compute Service では縦横比を保持します。
  • JPEG 画像の画質を設定する。これは、レンディションオブジェクトの instructions.quality で定義されます。最高画質は 100 で指定され、値を小さくすると画質が低下します。
  • インターレース画像を作成する。これは、レンディションオブジェクトの instructions.interlace で定義されます。
  • ピクセルに適用するスケールを調整することで、DPI を設定してデスクトップパブリッシング用にレンダリングサイズを調整する。これは、レンディションオブジェクトの instructions.dpi で定義され、dpi 解像度を変更します。ただし、異なる解像度で同じサイズになるように画像のサイズを変更する場合は、convertToDpi 指示を使用します。
  • レンダリング後の幅または高さが指定のターゲット解像度(DPI)で元の画像と同じになるように画像のサイズを変更する。これは、レンディションオブジェクトの instructions.convertToDpi で定義されます。

アセットへの透かしの適用 add-watermark

Asset Compute SDK では、PNG、JPEG、TIFF、GIF の各画像ファイルへの透かしの追加をサポートしています。透かしは、レンディションの watermark オブジェクトのレンディション指示に従って追加されます。

透かしの追加はレンディションの後処理中におこなわれます。アセットに透かしを追加するには、レンディションオブジェクトの postProcess フィールドを true に設定して、カスタムワーカーが後処理をオプトインします。ワーカーがオプトインしない場合、リクエストのレンディションオブジェクトに透かしオブジェクトが設定されている場合でも、透かしは適用されません。

レンディション指示 rendition-instructions

これらは、/processrenditions 配列に使用可能なオプションです。

共通のフィールド common-fields

名前
種類
説明
fmt
string
レンディションのターゲット形式は、テキスト抽出の場合は text、XMP メタデータを xml として抽出する場合は xmp にすることもできます。サポートされる形式を参照してください
png
worker
string
カスタムアプリケーション の URL。https:// URL にする必要があります。このフィールドが存在する場合、レンディションはカスタムアプリケーションで作成されます。設定されたその他のレンディションフィールドはすべて、カスタムアプリケーションで使用されます。
"https://1234.adobeioruntime.net
/api/v1/web
/example-custom-worker-master/worker"
target
string
生成されたレンディションを HTTP PUT でアップロードする宛先の URL。
http://w.com/img.jpg
target
object

生成されたレンディションの署名済み URL へのマルチパートアップロードの情報。これは、このマルチパートアップロード動作に対応する AEM/Oak 直接バイナリアップロードに使用されます。
フィールドは次のとおりです。

  • urls:文字列配列。署名済みのパート URL ごとに 1 つの文字列が割り当てられます。
  • minPartSize:1 つのパート(URL)に使用する最小サイズ
  • maxPartSize:1 つのパート(URL)に使用する最大サイズ
{ "urls": [ "https://part1...", "https://part2..." ], "minPartSize": 10000, "maxPartSize": 100000 }
userData
object
クライアントによって制御され、レンディションイベントにそのまま渡されるオプションの予約済み領域。クライアントがカスタム情報を追加してレンディションイベントを識別できるようにします。これは、クライアントがいつでも自由に変更できるので、カスタムアプリケーションで変更したり依存したりしてはいけません。
{ ... }

レンディション固有のフィールド rendition-specific-fields

現在サポートされているファイル形式の一覧については、サポートされているファイル形式を参照してください。

名前
種類
説明
*
*
カスタムアプリケーションで認識できる高度なカスタムフィールドを追加できます。
embedBinaryLimit
number(バイト単位)
この値が設定されていて、レンディションのファイルサイズがこの値より小さい場合は、レンディション生成の完了時に送信されるイベントにレンディションが埋め込まれます。埋め込み可能な最大サイズは 32 KB(32 x 1024 バイト)です。レンディションのサイズが上限 embedBinaryLimit を超える場合、レンディションはクラウドストレージ内の場所に配置され、イベントには埋め込まれません。
3276
width
number
幅(ピクセル単位)。画像レンディションの場合のみ。
200
height
number
高さ(ピクセル単位)。画像レンディションの場合のみ。
200

次の場合、縦横比は常に維持されます。

  • widthheight の両方を指定した場合、画像は縦横比を維持しながら指定のサイズに合わせて調整されます
  • widthheight のどちらか一方のみを指定した場合、結果として生成される画像では縦横比を維持しながら、対応する寸法が使用されます
  • widthheight も指定しなかった場合は、元の画像のピクセルサイズが使用されます。ソースのタイプによって異なります。PDF ファイルなど、一部の形式では、デフォルトサイズが使用されます。最大サイズの制限が設定されていることがあります。
quality
number
JPEG 画質を 1100 の範囲で指定します。画像レンディションの場合にのみ適用できます。
90
xmp
string
XMP メタデータの書き戻しでのみ使用されます。指定したレンディションに書き戻す Base64 エンコード済み XMP です。
interlace
bool
これを true に設定すると、インターレースの PNG、GIF、プログレッシブ JPEG のいずれかが作成されます。他のファイル形式には影響しません。
jpegSize
number
JPEG ファイルのおおよそのサイズ(バイト単位)。これは quality 設定よりも優先します。他の形式には影響しません。
dpi
numberobject のどちらかにする必要があります。
x および y の DPI を設定します。簡単にするために、x と y の両方に適用される 1 つの数値に設定することもできます。画像自体には影響しません。
96{ xdpi: 96, ydpi: 96 } のどちらかにする必要があります。
convertToDpi
numberobject のどちらかにする必要があります。
物理サイズを維持しながら x および y DPI の値が再サンプリングされます。簡単にするために、x と y の両方に適用される 1 つの数値に設定することもできます。
96{ xdpi: 96, ydpi: 96 } のどちらかにする必要があります。
files
array

ZIP アーカイブ(fmt=zip)に含めるファイルのリスト。各エントリは、URL 文字列か、次のフィールドを持つオブジェクトのどちらかにすることができます。

  • url:ファイルをダウンロードするための URL
  • path:ZIP 内のこのパスにファイルを格納します
[{ "url": "https://host/asset.jpg", "path": "folder/location/asset.jpg" }]
duplicate
string
ZIP アーカイブ(fmt=zip)の重複処理。デフォルトでは、ZIP 内の同じパスに複数のファイルを格納しようとすると、エラーが発生します。duplicateignore に設定すると、最初のアセットのみが保存され、残りは無視されます。
ignore
watermark
object
透かしに関する指示が含まれています。

透かし固有のフィールド watermark-specific-fields

PNG 形式が透かしとして使用されます。

名前
種類
説明
scale
number
透かしの倍率(0.01.0)。1.0 は、透かしが元画像のサイズと同じ(1:1)であることを意味し、この値を小さくすると透かしのサイズが小さくなります。
値が 0.5 の場合は、元のサイズの半分であることを意味します。
image
url
透かしに使用する PNG ファイルの URL。

非同期イベント asynchronous-events

レンディションの処理が完了した場合、またはエラーが発生した場合は、Adobe I/O イベントジャーナルにイベントが送信されます。クライアントは、/register を通じて提供されたジャーナル URL をリッスンする必要があります。ジャーナル応答は event 配列を含んでいます。その要素は各イベントに対応する 1 つのオブジェクトで、そのオブジェクトの event フィールドに実際のイベントペイロードが含まれています。

Adobe I/O Asset Compute Service のすべてのイベントに対するイベントタイプは asset_compute です。ジャーナルは、このイベントタイプのみを自動的にサブスクライブし、Adobe I/O イベントタイプに基づいてさらにフィルタリングする必要はありません。このサービス固有のイベントタイプは、イベントの type プロパティで得られます。

イベントタイプ event-types

イベント
説明
rendition_created
正常に処理およびアップロードされたレンディションごとに送信されます。
rendition_failed
処理またはアップロードに失敗したレンディションごとに送信されます。

イベント属性 event-attributes

属性
種類
イベント
説明
date
string
*
イベント送信時のタイムスタンプで、簡略化された拡張 ISO-8601 形式(JavaScript の Date.toISOString() 関数で定義)で表されます。
requestId
string
*
/process に対する元のリクエストのリクエスト ID(X-Request-Id ヘッダーと同じ)。
source
object
*
/process リクエストの source
userData
object
*
設定された場合は、/process リクエストから生成されるレンディションの userData
rendition
object
rendition_*
/process に渡された対応するレンディションオブジェクト。
metadata
object
rendition_created
レンディションのメタデータプロパティ。
errorReason
string
rendition_failed
レンディションの失敗理由(存在する場合)。
errorMessage
string
rendition_failed
レンディションの失敗に関する詳細を示すテキスト(存在する場合)。

メタデータ metadata

プロパティ
説明
repo:size
レンディションのサイズ(バイト単位)。
repo:sha1
レンディションの sha1 ダイジェスト。
dc:format
レンディションの MIME タイプ。
repo:encoding
レンディションがテキストベース形式の場合、レンディションの文字セットエンコーディング。
tiff:ImageWidth
レンディションの幅(ピクセル単位)。画像レンディションにのみ存在します。
tiff:ImageLength
レンディションの長さ(ピクセル単位)。画像レンディションにのみ存在します。

エラー理由 error-reasons

理由
説明
RenditionFormatUnsupported
要求されたレンディション形式は、指定されたソースではサポートされていません。
SourceUnsupported
タイプはサポートされていても、この特定のソースはサポートされていません。
SourceCorrupt
ソースデータが破損しています。空のファイルが含まれています。
RenditionTooLarge
target で指定された署名済み URL を使用してレンディションをアップロードできませんでした。実際のレンディションサイズは、repo:size でメタデータとして提供されています。クライアントはこれを使用して、適切な数の署名済み URL でこのレンディションを再処理できます。
GenericError
その他の予期しないエラー。
recommendation-more-help
b027be24-3772-44c0-a56d-a4ba23dcb50b