オプトアウトリンクの実装

IMPORTANT
この記事では、次の内容について説明します Adobe Analyticsを実装する(予定している)Adobe Analyticsのお客様 Web サイトで、web サイトのユーザーにオプトアウトリンクを提供する方法を説明します。
次の場合: Adobe Analyticsが実装されている web サイトへのアクセス ​オプトアウトする場合 この記事はあなたには向いていません. を参照してください Adobeのプライバシーの選択肢 を使用して、Adobeでの情報の使用方法を制御します。

Web サイトへの訪問者の中には、自分の閲覧情報をデータセットに含めないことを好む訪問者もいます。Adobeは、Web サイトへの訪問者に、分析中の訪問者の情報をオプトアウトする手段を提供します。

オプトアウトリンクを使用すると、web サイトの訪問者が、Analytics のレポートからデータを省略できます。 これらのリンクは、AppMeasurement実装に限定されます。Adobeでは、 Adobe Experience Cloud オプトインサービス その代わり。 オプトインサービスはより堅牢で、Adobe AnalyticsやAppMeasurementなど、複数のAdobe Experience Cloud製品で機能します。

訪問者がオプトアウト URL にアクセスすると、オプトアウト Cookie のインストールを促すメッセージが表示されます。ユーザーがトラッキングされないようにし、オプトアウト cookie が設定されている場合、AppMeasurementは引き続きAdobeにデータを送信します。 ただし、そのデータは処理されず、レポートに含まれません。

TIP
また、アドビでは、レポートスイートごとにプライバシー設定を提供しています。詳しくは、『管理者ユーザーガイド』のプライバシー設定を参照してください。

オプトアウト URL

組織のオプトアウトページは、実装内の trackingServer 変数値に応じて異なります。

  • Analytics 拡張機能で:

    1. Adobe ID 資格情報を使用して、Adobe Experience Platform Data Collection にログインします。
    2. 目的のタグプロパティをクリックします。
    3. 「拡張機能」タブをクリックしてから、Adobe Analytics で「設定」をクリックします。
    4. 「一般」アコーディオンをクリックし、「トラッキングサーバー」の値をメモします。
  • JavaScript 実装の場合:

    1. Web サーバー上で、サイトで使用している AppMeasurement.js ファイルをコードエディターまたはテキストエディターで開きます。
    2. trackingServer 変数の値をメモしておきます。
  • Adobe Experience Cloud デバッガーを使用して、以下を実行します。

    1. Chrome ブラウザーを使用してサイトに移動します。
    2. Experience Cloud デバッガーを開き、「ネットワーク」タブに移動します。
    3. 「リクエスト URL - ホスト名」の値に注意してください。

実装の trackingServer ドメインが見つかったら、最後にパス /optout.html を追加します。次に例を示します。

  • サードパーティ Cookie: https://example.data.adobedc.net/optout.html
  • ファーストパーティ Cookie:https://stats.example.com/optout.html

オプトアウトクエリ文字列パラメーター

クエリ文字列を使用してこのページに自動的に読み込むことができる設定があります。

地域

locale クエリ文字列パラメーターを含めて、オプトアウトページの言語を自動的に切り替えます。このクエリ文字列パラメーターに、次のいずれかの値を割り当てます。

  • en_US (英語、デフォルト)
  • bg_BG (ブルガリア語)
  • zh_CN (簡体字中国語)
  • zh_TW (繁体字中国語)
  • cs_CZ (チェコ語)
  • da_NK (デンマーク語)
  • nl_NL (オランダ語)
  • et_EE (エストニア語)
  • fi_FI (フィンランド語)
  • fr_FR (フランス語)
  • de_DE (ドイツ語)
  • el_GR (ギリシャ語)
  • it_IT (イタリア語)
  • jp_JP (日本語)
  • ko_KR (韓国語)
  • lv_LV (ラトビア語)
  • lt_LT (リトアニア語)
  • nb_NO (ノルウェー語)
  • pl_PL (ポーランド語)
  • pt_BR (ポルトガル語)
  • sk_SK (スロバキア)
  • es_ES (スペイン語)

例えば、https://example.data.adobedc.net/optout.html?locale=ko_KR は、オプトアウトページを韓国語で読み込みます。

ポップアップ

ページに「ウィンドウを閉じる」ボタンを追加すると、オプトアウトページをポップアップウィンドウにすることができます。popup クエリ文字列パラメーターを使用し、1 値を指定します。

例えば、https://example.data.adobedc.net/optout.html?popup=1 は、「ウィンドウを閉じる」ボタンを含むオプトアウトページを読み込みます。

NOTE
以前は、このクエリ文字列パラメーターによって、ポップアップウィンドウが強制的に表示されました。ただし、ほとんどの最新のブラウザーは、エンドユーザーに対してポップアップの制御を提供します。

シングルクリックのオプトアウト

ユーザーが追跡を直ちにオプトアウトできるようにします。opt_outconfirm_change の 2 つのクエリ文字列パラメーターを追加し、それぞれに 1 の値を指定します。

例えば、https://example.data.adobedc.net/optout.html?opt_out=1&confirm_change=1 は、オプトアウト Cookie を訪問者のページに直ちにインストールします。

シングルクリックのオプトイン

ユーザーがオプトアウト Cookie を削除して、追跡を即座にオプトインできるようにします。opt_inconfirm_change の 2 つのクエリ文字列パラメーターを追加し、それぞれに 1 の値を指定します。

例えば、https://example.data.adobedc.net/optout.html?opt_in=1&confirm_change=1 は、訪問者のオプトアウト Cookie を直ちに削除します。

recommendation-more-help
b4f6d761-4a8b-4322-b801-c85b9e3be690