レポートリクエストのレポートオプションのData Warehouseを設定する

Data Warehouse を作成する際には、様々な設定オプションを使用できます。次の情報では、リクエストのレポートオプションを設定する方法を説明します。

リクエストの作成を開始する方法と、その他の重要な設定オプションへのリンクについて詳しくは、Data Warehouse リクエストの作成を参照してください。

レポート・リクエストのレポート・オプションをData Warehouseするには、次の手順に従います。

  1. まだリクエストを作成していない場合は、「 Adobe Analytics 」を選択して、リクエストの作成を開始します。 ツール > Data Warehouse > 追加.

    詳しくは、Data Warehouse リクエストの作成を参照してください。

  2. 新しいData Warehouseリクエストページで、 レポートのオプション タブをクリックします。

    「レポートの宛先」タブ

  3. 以下のフィールドに入力します。

    table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 4-row-2 5-row-2 6-row-2 7-row-2 8-row-2 9-row-2 10-row-2 11-row-2 layout-auto
    オプション 関数
    ファイル名

    レポートを識別します。

    ファイル名に次の特殊文字が使用されている場合、リクエストは保存できません。 ! " # $ & ' ( ) * + , / : ; > = < ?@ [ ] \ ^ ' { } | ~

    %文字は、次のように、「R」、「rsid」、「id」の後に付く場合にのみ使用できます。 %R, %rsid、および %id

    ファイル名にレポートの日付範囲を追加

    レポートファイル名に日付範囲を追加します。

    例えば、2024 年 5 月 1 日から 2024 年 5 月 7 日までのデータを要求した場合、ファイル名には20240501 ~ 20240507の日付範囲が含まれます。

    CSV レポートを CSV ファイル形式で配信し、データをスプレッドシートで表示します。
    Tableau(TDE) レポートを Tableau Data Extract(TDE) ファイル形式で配信します。この形式は、Tableau 内の追加データのデータやレイヤーを視覚化するために使用できます。
    レポートを圧縮ファイル (ZIP) として送信 レポートを圧縮 (ZIP) ファイル形式で配信します。 電子メールを レポートの宛先.
    すべての行を返す 有効にすると、すべての行がレポートに含まれます。 このオプションを無効にして、含める行数を指定します。
    レポートコメントの開始 レポートに含めるコメントを追加します。 レポートの先頭にコメントが表示されます。
    指標で並べ替え

    指標値を降順で並べ替えた、Data Warehouseでランク分類レポートを提供します。 指標で並べ替えると、Data Warehouse レポートが解釈しやすくなり、他の Analytics 分類レポート表示と比較しやすくなります。

    詳しくは、 指標で並べ替え.

    マニフェストファイルの送信 レポートに含まれるファイルに関するメタデータが含まれます。
    電子署名ファイルの送信 レポートの受信者は、ファイルがAdobeから送信されたもので、変更されていないことを確認できます。
    レポートにデータがない場合は空のファイルを送信 レポートにデータが含まれていない場合でもレポートを送信します。
  4. 引き続き、 スケジュールオプション タブをクリックします。 詳しくは、 スケジュールリクエストのData Warehouseオプションの設定.

recommendation-more-help
6b7d49d5-f5fe-4b7f-91ae-5b0745755ed2