共有サイトリンクの管理

Google Adsおよび Microsoft Advertising のみ

同期されたのアカウントレベルの共有サイトリンクの作成と管理 Google Ads または Microsoft Advertising からのアカウント Extensions > Sitelinks ライブラリ。

共有サイトリンクの作成

  1. メインメニューで、 Search> Campaigns >Campaigns. サブメニューで、 Live> Extensions >Sitelinks.

  2. データ テーブルの上にあるツールバーで、 作成 .

  3. 広告ネットワークとアカウント名を選択し、 Continue.

  4. を入力 共有サイトリンクの設定.

  5. クリック Post.

サイトリンクを作成すると、次の操作を実行できます アカウント、キャンペーン、広告グループのいずれかに割り当てる.

共有サイトリンク設定の編集

共有サイトリンクは一度に 1 つずつ編集できます。

  1. メインメニューで、 Search> Campaigns >Campaigns. サブメニューで、 Live> Extensions >Sitelinks.

  2. 編集するサイトリンクの横にあるチェックボックスをオンにします。

  3. データ テーブルの上にあるツールバーで、 編集 .

  4. を編集する 共有サイトリンクの設定.

  5. クリック Post.

共有サイトリンクの削除

  1. メインメニューで、 Search> Campaigns >Campaigns. サブメニューで、 Live> Extensions >Sitelinks.

  2. 削除する各共有サイトリンクの横にあるチェックボックスをオンにします。

    複数の行を選択する際のヒントについては、「」を参照してください複数の行を選択.」と入力します。

  3. ツールバーで、 詳細 を選択して、 Delete.

  4. 確認メッセージで、 Delete.

その他のポリシーおよびサイトリンクの不承認の理由については、 Google Ads および Microsoft Advertising サイトリンク拡張機能の要件。

Link Name: リンクに対して表示するテキスト。 最大 25 個のシングルバイト文字または 12 個のダブルバイト文字を含めることができます。 リンクテキストは、アカウントまたはキャンペーン内で一意である必要があります。

NOTE
(Google Ads) デスクトップおよびタブレットの広告には、35 文字の既存のテキストが表示されますが、モバイルデバイスには表示されません。

Status: サイトリンクの表示ステータス: Active または Deleted (既存のサイトリンクのみ)。 新しいサイトリンクのデフォルトはです。 Active.

Description Line 1, Description Line 2: 検索エンジンがリンクテキストの下に表示する可能性のある追加テキスト。 説明を含めるには、両方の説明フィールドに値を入力します。 各説明フィールドには、最大 35 個のシングルバイト文字または 17 個のダブルバイト文字を含めることができます。

Start Date: (既存の従来のサイトリンクを使用している、またはサイトリンクを使用しないキャンペーンのみ。オプション)キャンペーンの広告でサイトリンクを表示できる最初の日付。 新しいサイトリンクのデフォルトは現在の日付です。 将来の開始日を指定するには、MM/DD/YYYY または M/D/YYYY の形式で日付を入力するか、をクリックして日付を選択します。

End Date: (任意)キャンペーンでサイトリンクを広告と共に表示できる最終日。 デフォルトでは、サイトリンクは無期限に表示される場合があります。 終了日を指定するには、MM/DD/YYYY または M/D/YYYY の形式で日付を入力するか、をクリックして日付を選択します。

Mobile Preference: (任意)デスクトップまたはタブレットユーザーではなく、モバイルデバイスユーザーに対してネットワークが広告拡張機能を表示することを許可します。 デフォルトでは、このオプションは有効ではなく、広告拡張機能はどのデバイスタイプにも表示されます。

NOTE
ネットワークでは、優先デバイスタイプに広告拡張機能が表示されるとは保証されません。

Tracking URLs

Base URL 検索エンジンユーザーが広告をクリックした際に取得されるランディングページの URL。 ページのコンテンツを決定するパラメーターを含めます。 値を入力すると、広告のベース URL が上書きされます。

レコードを保存すると、ベース URL には、キャンペーンまたはアカウント用に設定された追加パラメーターが含まれます。

NOTE
  • (最終的な URL を持つアカウント)ベース URL には、ランディングページのドメインまたはサブドメイン内のリダイレクトを含めることができますが、ランディングページのドメイン外のリダイレクトを含めることはできません。 広告ネットワークは、この URL からドメインを抽出し、広告の任意の表示パスを追加して、広告の表示 URL を作成します。
  • (Google Ads)に設定する必要があります。キャンペーンまたは広告グループの各サイトリンクには、一意のランディングページが必要で、各サイトリンクランディングページのコンテンツには、約 80% の一意のコンテンツが必要です。 例えば、同じページ内に複数のアンカーへのリンクを含むサイトリンクを持つことはできません。
  • (Google Ads) マクロを使用しないでください。このマクロは、並列トラッキングを有効にするソースからのクリックに置き換わるものではありません。 広告主がマクロを使用する必要がある場合、Adobeアカウントチームはカスタマーサポートまたは実装チームと連携してマクロを追加する必要があります。

Tracking Template: (任意) トラッキングテンプレートまたはトラッキング URL。すべてのオフランディングドメインのリダイレクトとトラッキングパラメーターを指定し、最終/ランディングページの URL をパラメーターに埋め込みます。 例: {lpurl}?source={network}&id=5 または http://www.trackingservice.example.com/?url={lpurl}?source={network}&id=5 これにより、リダイレクトが含まれます。

  • キャンペーン設定に「」が含まれる場合に適用されるAdobe AdvertisingのコンバージョントラッキングEF Redirect「および「自動アップロード」、検索、ソーシャル、Commerceでは、レコードを保存すると、独自のクリック追跡コードが自動的にプレフィックスされます。

  • 最終的な URL の埋め込みでサポートされるパラメーターについては、(Microsoft Advertising のみ) Microsoft Advertising 詳細を見る または(Google Ads のみ)「使用可能」のセクションの「トラッキングテンプレートのみ」パラメーター ValueTrack のパラメーター Google Ads 詳細を見る.

  • オプションで、次のような URL パラメーターと、キャンペーンに定義されたカスタムパラメーターをアンパサンド(&)で区切って含めることができます {lpurl}?matchtype={matchtype}&device={device}.

  • オプションで、サードパーティのリダイレクトとトラッキングを追加できます。

NOTE
  • キャンペーン設定に「」が含まれる場合EF Redirect「」と「」に対して検査する値Auto Upload,」という文字列が表示される場合、レコードを保存すると、検索、ソーシャル、Commerce自体のリダイレクトおよびトラッキングコードが自動的にプレフィックスとして付けられます。
  • 最も詳細なレベルの追跡テンプレートは、それより上のすべてのレベルの値を上書きします。 例えば、アカウント設定とキーワード設定の両方に値が含まれている場合、キーワード値が適用されます。
  • (Google Ads) サイトリンクまたはキーワードレベルでトラッキングテンプレートを更新する場合、関連する広告がレビュー用に再送信されます。 広告を承認用に再送信しなくても、アカウント、キャンペーン、広告グループのレベルでトラッキングテンプレートを更新できます。
  • (Microsoft Advertising)承認のために広告を再送信しなくても、任意のレベルでトラッキングテンプレートを更新できます。
  • の場合 Google Adsを使用する場合は、マクロを使用しないでください。このマクロは、並列トラッキングを有効にするソースからのクリックに代わるものではありません。 広告主がマクロを使用する必要がある場合、Adobeアカウントチームはカスタマーサポートまたは実装チームと連携してマクロを追加する必要があります。
recommendation-more-help
bba95088-f653-468b-a1c0-bd1dbc81025c