除外

での除外の作成 Adobe Target Recommendations 訪問者に商品やコンテンツがレコメンデーションされるのを防ぐ。 除外は、訪問者にレコメンデーションすべきでない、製品またはコンテンツのサブセットです。

除外は、アカウント全体で使用できます。 コレクションとは異なり、コレクションでは、作成時に各エクスペリエンスに特定のコレクションを指定します Recommendations アクティビティ、除外は、アカウント全体のすべてのアクティビティに適用されます。 アクティビティの作成時に除外グループを割り当てるオプションはありません。

除外を使用する場合の例を次に示します。

  • 廃止された製品
  • 秋/冬のカタログは、オンラインで表示する必要がある唯一のカタログになりました。 夏のカタログの品目は、購入できなくなりました。
  • ほとんどのページや画面でレコメンデーションに適していない可能性のある品目(アダルト商品、NC-17 映画など)
  • 不完全なメタデータフィールドを持つ製品(サムネール、価格、その他の重要なメタデータが欠落)
  • レコメンデーションすべきでない製品(SKU がシステムに存在しても購入可能な品目ではない場合や、実際に何かを注文せずに購入をシミュレートする QA チームの偽の SKU である場合など)
重要

除外ルールは、すべての環境にグローバルに適用されます。

静的および動的な除外ルールは、マーケティングに役立つ便利な機能です。詳細な情報、例、および使用例については、動的および静的インクルージョンルールの使用を参照してください。

除外の作成

  1. Recommendations除外​をクリックして、既存の除外のリストを表示します。

    除外リストビューで各除外について報告される「項目数」は、現在設定されているデフォルトの Recommendations ホストグループ(環境)内でその除外のルールに一致する製品の数です。詳しくは、 設定 :デフォルトのホストグループを変更します。

  2. 除外を作成」をクリックします。

  3. (条件付き)除外の作成(または更新)時に、環境を​環境​フィルターから選択して、その環境の除外のコンテンツをプレビューします。デフォルトでは、デフォルトのホストグループの結果が表示されます。

    除外を作成

  4. 除外の​名前​を入力し、オプションで説明を入力します。

  5. ルールビルダーを使用して除外を作成します。

    ルールリストでパラメーターを選択して、オペレーターを選択してから、1 つ以上の値を入力して製品を特定します。複数の値はコンマで区切ります。

  6. 保存」をクリックします。

詳細検索を使用した除外の作成

また、 詳細検索 の カタログ検索 ページ ( Recommendations > カタログ検索 > 詳細検索) をクリックします。

名前を付けて保存ダイアログ

「ID/次を含む」などを使用した検索を作成したら、名前を付けて保存/除外をクリックします。

重要

この 詳細検索 機能では大文字と小文字が区別されません。ただし、配信時に返される製品は、大文字と小文字を区別した検索に基づいています。 この違いが混乱を招くこともあります。詳細検索機能による結果を基にして除外を作成する際は、大文字と小文字の区別を考慮してください。例えば、最初に「Holiday」と検索すると、「Holiday」または「holiday」を含む結果が返されます。その後、「holiday」を含む商品を除外することを目的とした除外を作成すると、「holiday」を含む商品のみが除外されます。「Holiday」を含む商品は除外されません。

除外の編集、コピー、削除

リスト内の目的の除外の上にマウスポインターを置いて、次に適切なアイコンをクリックします。編集、コピー、削除を行います。

除外のアイコンにマウスポインターを置く

既存の除外をコピーして、重複する除外を作成し、それを変更できます。 これにより、手間をかけずに同様の除外を作成できます。

除外は、アカウント全体で使用できることに注意してください。 除外を削除する前に、必ずこの点を考慮してください。 削除した除外は復元できません。

トレーニングビデオ:Recommendationsでのコレクションと除外の作成(7:05) チュートリアルバッジ

このビデオには、次の情報が含まれています。

  • コレクションの作成
  • 除外の作成

このページ