Target と Adobe Campaign の統合

TargetをAdobe Campaignと共に使用して、電子メールコンテンツを最適化します。

電子メールコンテンツを最適化する(例えば、男性と女性の受信者に異なるオファーを表示する)ために、Targetでリダイレクトオファーを作成し、Adobe Campaignを使用して電子メールオファーを管理できます。

電子メールを開いた際に、統合が実施されます。顧客が電子メールを開くと、Targetへの呼び出しが行われ、コンテンツの動的なバージョンが表示されます。 コンテンツは、すべてのブラウザーでサポートされる静的な画像で構成されます。Target は、オーディエンスまたはセッションレベルでオファーに対する反応を追跡し、そのデータは、 のレポートで利用できます。Target

Target は、次のデータを追跡できます。

  • ユーザーエージェント
  • IP アドレス
  • 地理的な場所
  • Target で訪問者の ID に関連付けられたセグメント(法的な承認を必要とします)
  • Campaign Datamartからのデータ

いくつかの制限があります。

  • 使用できるのは画像のみなので、コンテンツはパーソナライズできません。

  • トラッキングはAdobe Campaignに統合されていません。

  • 統一されたユーザーエクスペリエンスはありません。

    統合の異なる部分を設定するには、TargetとCampaignの両方を使用する必要があります。

    • の rawbox およびエクスペリエンスTarget
    メモ

    rawboxとTargetを使用する場合は、「ターゲットにmbox呼び出しを送信する権限のあるホストを指定する許可リストの作成」の重要なセキュリティ通知を参照してください。

    • Campaignの配信

始める前に

Adobe Campaignを使用してターゲットの電子メールオファーを設定する前に、Targetに次の設定を行ってください。

統合のCampaign部分を設定する前に、Targetにアクティビティを開始します。

Adobe Campaign 電子メールに Target オファーを含める

  1. Adobe Campaignに電子メールを作成します。
  2. 電子メールのプロパティで、含めるAdobe Target によって提供される動的画像​をクリックします。
  3. 共有アセットからデフォルト画像を選択します。
  4. 場所(rawbox)を指定します。
  5. 受信者の性別など、その他の決定パラメーターを追加します。
  6. 各オファーに少なくとも 1 人の受信者を選択して(この場合、男性および女性)、電子メールをプレビューします。
  7. Campaignに、テナントのアクティビティと名前を制御するために使用するTarget Edgeサーバーを定義します。
  8. Adobe Experience Cloudの外部アカウントにアクセスできるように、Experience Cloudに使用するリソースを指定します。

詳しくは、Adobe Campaignのドキュメントを参照してください。

このページ