A4T レポート

使用 Adobe Analytics レポートソースとして Adobe Target (A4T) を使用すると、 Analytics レポート Target アクティビティ。

アクティビティのレポートは、 Analytics および Target.

レポートのベストプラクティスで Analytics 対象 Target, このAdobe Spark Pageを訪問.

概要

両方 Analytics および Target レポートは、サイトへの訪問者ではなく、参加者(テストに参加した人)を測定します。

訪問者がページ上でアクティビティのコンテンツを見るたびに、 Target は、 Analytics(訪問者が閲覧したアクティビティやエクスペリエンスを含む) Target 呼び出し Analytics 変換がおこなわれたときに必ず。 Analytics は、特定の新しい Analytics イベント名「アクティビティコンバージョン」。 Analytics.

次の場合に 選択 操作が使用され、 参加者​に設定されている場合、選択した期間に参加者を受け取ったエクスペリエンスのみがレポートに表示されます。

メモ

を活用したレポート Target 待ち時間は 4 分です。 A4T を活用したアクティビティの場合、 Target および Analytics レポートの場合は、アクティビティが最初に保存されてから、エクスペリエンス別にレポートデータを分類できるようになるまでに、最大 24 時間かかる場合があります。 最初の 24 時間に収集されたデータも正確であり、適切なエクスペリエンスに割り当てられます。

Analytics のレポート

In Analyticsに値を指定する場合、A4T 統合を有効にした後で、いくつかのディメンションと指標を使用できるようになります。

ディメンション

  • Analytics for Target — 統合経由で渡される親 ID。 このディメンションの形式は、 Activity ID:Experience ID:3rd ID. 以下のディメンションは、このディメンションの分類です。
  • ターゲットアクティビティ
  • ターゲットエクスペリエンス
  • Target アクティビティ > エクスペリエンス
  • 3 番目の ID — 無視可能

指標

  • アクティビティのインプレッション - 参加者 数 Target レポート。
  • アクティビティコンバージョン - カスタムコンバージョン 数 Target レポート。

In Analysis Workspace、 Analytics for Target パネルを使用して Target 上昇率と信頼性を備えたアクティビティとエクスペリエンス。 詳しくは、 Analytics for Target(A4T) パネルAnalytics ツールガイド.

重要

次に、 Target アクティビティ レポート Analytics では、アクティビティのリストの代わりに「未指定」がリストされます。プロビジョニング済みのアカウントの更新が必要です。 カスタマーケアに連絡して、この問題を解決してください。

詳細と例については、 Analytics & Target:分析のベストプラクティス Adobe Experience Leagueが提供するチュートリアル。

のレポート Target

条件 Analytics はレポートソースとして使用され、レポートは Target 収集したデータを示す Analytics. この報告は他の報告とは少し異なる Target レポート:

  • この オーディエンス リストには、 Analytics レポートスイートを使用します。

  • この 指標 リストには、使用可能なすべての指標が表示されます Analytics.

    組み込みのカスタム指標や計算指標を含め、すべての指標を使用できます Analytics.

    増加した数値は、増加が望ましくない場合でも、肯定的な数値としてレポートに表示されます。 例えば、バウンス率を低く抑えたい場合であっても、最も高いバウンス率を持つものが勝者として表示されます。このような指標の取り扱いには注意が必要です。ポートに基づいて判断をおこなう場合には、数値が低下した方が好ましいのか、上昇した方が好ましいのかを確認してください。

指標またはオーディエンスを Target アクティビティの開始後、またはテストが完了した後でも、 測定する内容を事前に正確に知っておく必要はありません。

クリックして完全な Analytics レポートを直接アクティビティレポートページから開きます。

アクティビティの作成

アクティビティを作成する場合は、設定ページでアクティビティの目標を指定する必要があります。この目標は、レポートのデフォルトの指標となり、指標セレクターで常に先頭に表示されます。通常の Target アクティビティとは異なり、レポート用のセグメントを自由に選択できません。を使用したテスト Analytics uses Adobe Analytics セグメントではなく Target オーディエンス。

Analytics for Adobe Target(A4T) でのオフライン計算の実行

A4T でオフライン計算を実行することはできますが、Analytics でのデータエクスポートを含む手順が必要になります。

詳しくは、Analytics for Target(A4T)でのオフライン計算の実行を参照してください。

このページ