ユーザー権限の要件

最終更新日: 2022-03-14

(A4T)で Adobe AnalyticsのベースとなるアクティビティAdobe Target を作成するためのユーザーアカウント要件に関する情報です。

Analyticsアクティビティを定義するときは、レポートスイートを選択する前に、 AnalyticsユーザーアカウントとTargetユーザーアカウントの両方が必要になります。

次の節の説明に従って、ユーザーアカウントを設定する必要があります。

Adobe Experience Cloud

Adobe Experience Cloud Admin Console で、次の作業を実行します。

ソリューションアカウントを Adobe ID にリンクします。

あなたのAnalyticsおよびTargetのユーザーアカウントは Adobe ID にリンクされている必要があります。

詳しくは、 組織とアカウントのリンク.

Experience Cloud グループのメンバーシップを設定します。

あなたはAnalytics と Targetにアクセスできる 1 つ以上のExperience Cloudグループのメンバーでなければなりません。

詳しくは、 Experience Cloudユーザーと製品を管理する.

Adobe Analytics

特定のレポートスイートで A4T を使用するには、そのレポートスイートへのアクセス権を持っていて、 Web Services Access グループ化します。

  1. In Admin Console、 Analytics 製品プロファイルを選択し、 権限 タブをクリックします。

    その後、プロファイルがアクセスできるレポートスイートを確認できます。

  2. でアクセス権を持つレポートスイートがあることを確認します。 Target は、自分が属している製品プロファイルにリストされているものの 1 つです。

    次の図は、すべてのレポートスイートにアクセスできる製品プロファイルの例です。

    Admin Console権限タブ

  3. へのアクセスの設定 Web サービスへのアクセス グループ化します。

    へのアクセス Web サービスへのアクセス グループ化 Analytics は、 Analytics レポートソースとして Target.

アドビ Target

追加の権限は必要ありません。

このページ