adobe.target.trackEvent(options)

この関数は、クリックやコンバージョンなどのユーザーアクションを報告するリクエストを実行します。応答でアクティビティを配信することはありません。

そのため、これらのイベント追跡 mbox 呼び出しは、アクティビティで指標を定義するのに使用できます。詳細については、「成功指標」および「コンバージョンの追跡」を参照してください。

API の詳細を次に示します。

キー タイプ 必須 説明
mbox 文字列 mbox名​
注意:ページ上で既に呼び出されているmbox名でtrackEvent()呼び出しが実行された場合、trackEvent()のSDIDはリセットされ、ページ上のターゲット呼び出しとは異なります。 ただし、別のmbox名でtrackEvent()呼び出しを実行すると、trackEvent()呼び出しのSDIDは、ページ上のページ読み込みリクエスト/トリガービュー()呼び出しと一致します。
selector 文字列 × CSS セレクターは HTML 要素を見つけるために使用されます。イベントリスナーが、見つけた要素に添付されます。
type 文字列 × 登録されたイベントタイプを表します。クリック、マウスダウンなどの HTML の既知のイベントとカスタム HTML イベントの両方が可能です。
preventDefault ブール値 × イベントリスナーコールバックで event.preventDefault() を使用するかどうかを示します。デフォルトは false です。
注意form[submit] and と [クリック]のみがサポートされています。サポートすべきシナリオの複雑さと量の膨大さにより、その他のシナリオはサポートされません。
params オブジェクト × mbox パラメーター。次の構造を持つキーと値のペアのオブジェクト。
{ "param1": "value1", "param2": "value2"}
timeout 数値 × タイムアウト(ミリ秒)。
指定しない場合は、次のデフォルト値が使用されます。
...timeoutInSeconds: 0.15...}
success 関数 × イベントが繰り返されたことを伝えるために使用されるコールバック関数。
error 関数 × イベントを繰り返せなかったことを伝えるために使用されるコールバック関数。

<a href="https://asite.com">click me!</a> 

さらに、trackEvent を割り当てるための JavaScript コード:

<script> 
$('a').click(function(event){ 
  adobe.target.trackEvent({'mbox':'homePageHero'}) 
}); 
</script> 

または

adobe.target.trackEvent({ 
    "mbox": "clicked-cta", 
    "params": { 
        "param1": "value1" 
    } 
});
メモ

必須フィールドが設定されていない場合、リクエストは実行されず、エラーがスローされます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free