adobe.target.trackEvent(options)

この関数は、クリックやコンバージョンなどのユーザーアクションを報告するリクエストを実行します。応答でアクティビティを配信することはありません。

そのため、これらのイベント追跡 mbox 呼び出しは、アクティビティで指標を定義するのに使用できます。詳細については、「成功指標」および「コンバージョンの追跡」を参照してください。

API の詳細を次に示します。

キー タイプ 必須 説明
mbox 文字列 mbox名​
注意:ページ上で既に呼び出されているmbox名でtrackEvent()呼び出しが実行された場合、trackEvent()のSDIDはリセットされ、ページ上のターゲット呼び出しとは異なります。 ただし、別のmbox名でtrackEvent()呼び出しを実行すると、trackEvent()呼び出しのSDIDは、ページ上のページ読み込みリクエスト/トリガービュー()呼び出しと一致します。
selector 文字列 × CSS セレクターは HTML 要素を見つけるために使用されます。イベントリスナーが、見つけた要素に添付されます。
type 文字列 × 登録されたイベントタイプを表します。クリック、マウスダウンなどの HTML の既知のイベントとカスタム HTML イベントの両方が可能です。
preventDefault ブール値 × イベントリスナーコールバックで event.preventDefault() を使用するかどうかを示します。デフォルトは false です。
注意form[submit] and と [クリック]のみがサポートされています。サポートすべきシナリオの複雑さと量の膨大さにより、その他のシナリオはサポートされません。
params オブジェクト × mbox パラメーター。次の構造を持つキーと値のペアのオブジェクト。
{ "param1": "value1", "param2": "value2"}
timeout 数値 × タイムアウト(ミリ秒)。
指定しない場合は、次のデフォルト値が使用されます。
...timeoutInSeconds: 0.15...}
success 関数 × イベントが繰り返されたことを伝えるために使用されるコールバック関数。
error 関数 × イベントを繰り返せなかったことを伝えるために使用されるコールバック関数。

<a href="https://asite.com">click me!</a> 

さらに、trackEvent を割り当てるための JavaScript コード:

<script> 
$('a').click(function(event){ 
  adobe.target.trackEvent({'mbox':'homePageHero'}) 
}); 
</script> 

または

adobe.target.trackEvent({ 
    "mbox": "clicked-cta", 
    "params": { 
        "param1": "value1" 
    } 
});
メモ

必須フィールドが設定されていない場合、リクエストは実行されず、エラーがスローされます。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now