AEM エクスペリエンスフラグメント

で作成したエクスペリエンスフラグメントを使用する Adobe Experience Manager (AEM) Target アクティビティを活用して、最適化やパーソナライゼーションを支援します。

メモ

この機能を使用するには、 Adobe Experience Manager (AEM) 顧客。 詳しくは、 要件

で作成したエクスペリエンスフラグメントを使用する AEM in Target 「 」アクティビティでは、使いやすさと優れた機能を組み合わせることができます。 AEM に強力な人工知能 (AI) と機械学習 (ML) 機能を搭載 Target 大規模にエクスペリエンスをテストし、パーソナライズする。

AEM では、パーソナライゼーション戦略に生かせるよう、すべてのコンテンツとアセットが一元化されます。AEM では、コードを記述しなくても、デスクトップ、タブレット、モバイルデバイス向けのコンテンツを 1 か所で簡単に作成できます。デバイスごとにページを作成する必要はありません。 AEM は、コンテンツを使用して各エクスペリエンスを自動的に調整します。

Target では、行動、コンテキスト、オフラインの変数を組み込んだルールベースの手法と AI 駆動の機械学習手法を組み合わせ、それを土台にしてパーソナライズされたエクスペリエンスを幅広く提供できます。を使用 Targetを使用すると、簡単にセットアップして A/B テスト および 多変量分析 (MVT) アクティビティを使用して最適なオファー、コンテンツ、エクスペリエンスを決定する。

エクスペリエンスフラグメントは、コンテンツ/エクスペリエンスの作成者と管理者を、Target を使用してビジネス成果を高める最適化/パーソナライゼーションの専門家と連携させる大きな一歩になります。

要件

Target 内でエクスペリエンスフラグメント機能のプロビジョニングが行われている必要があります。また、 AEM as a Cloud Serviceまたは AEM 6.4(以降) アカウント担当者が、この機能を利用するための条件を満たすお手伝いをいたします。

  • Adobe Experience Manager ​ as a Cloud Service
  • Adobe Experience Manager 6.5.
  • Adobe Experience Manager 6.4.
  • Adobe Target Standard または Adobe Target Premium アカウント
メモ

Adobe Experience Manager 6.3 および 6.4 は提供終了となり、サポート対象外になりました(拡張サポートを購入したお客様を除く)。

統合の有効化と認証の詳細情報については、Adobe Target カスタマーケアにお問い合わせください。

AEM でのエクスペリエンスフラグメントの作成と設定

AEM エクスペリエンスフラグメントを Target で使用するには、次の手順を実行する必要があります。

手順 1:AEM と Target を統合する

詳しくは、次を参照してください。

手順 2:エクスペリエンスフラグメントを作成する

エクスペリエンスフラグメントは AEM で作成されます。詳しくは、次を参照してください。

手順 3:エクスペリエンスフラグメントを Target と共有するように AEM を設定する

  1. AEM 内で目的のエクスペリエンスフラグメントまたはそれが含まれるフォルダーを選択し、「プロパティ」をクリックします。

  2. クラウドサービス」タブをクリックし、クラウドサービスの設定​ドロップダウンリストから「Adobe Target」を選択します。

    メモ

    前の手順では、組織内のユーザーが Adobe Target 設定を既に作成していることを前提としています。

  3. 保存して閉じる」をクリックします。

手順 4:エクスペリエンスフラグメントを発行し、 にエクスポートするTarget

AEM のバージョンに応じて、次のリンクを参照して手順を確認してください。

Target アクティビティでのエクスペリエンスフラグメントの使用

上記のタスクを実行すると、エクスペリエンスフラグメントが Target のオファーページに表示されます。

メモ
  • Target は現在、読み込むエクスペリエンスフラグメントを 10 分ごとに検索します。インポートされたエクスペリエンスフラグメントは 10 分以内に Target で使用可能になります。ただし、この時間は今後短縮される予定です。

  • エクスペリエンスフラグメントが Target をHTMLオファー そのエクスペリエンスフラグメントの「プライマリ」バージョンは、 AEM. Target 内のエクスペリエンスフラグメントは編集できません。

リスト内のエクスペリエンスフラグメントにカーソルを合わせ、表示アイコン(表示アイコン)をクリックして、公開オファー配信 URL やその AEM パスなど、エクスペリエンスフラグメントに関する追加情報を表示できます。

Visual Experience Composer(VEC)またはフォームベースの Experience Composer を使用して、Target アクティビティでエクスペリエンスフラグメントを使用できます。

メモ

を完全に使用するには Target AI および ML 機能では、 自動配分 または 自動ターゲット をクリックします。

エクスペリエンスフラグメントは、 Recommendations アクティビティ。 ただし、レコメンデーションでエクスペリエンスフラグメントを使用するには、 A/B テスト アクティビティ ( 自動配分 および 自動ターゲット) または エクスペリエンスのターゲット設定 (XT) アクティビティと レコメンデーションをオファーとして含める.

VEC を使用してエクスペリエンスフラグメントを使用するには:

  1. Target の Visual Experience Composer でエクスペリエンスを作成または編集する際に、AEM コンテンツを挿入するページ上の場所をクリックし、目的のオプションを選択して「エクスペリエンスフラグメントを選択」リストを表示します。

    • 前に挿入
    • 後ろに挿入
    • エクスペリエンスフラグメントに置き換え

    この エクスペリエンスフラグメント リストには、 AEM 現在は、内からネイティブで利用可能です。 Target.

    メモ

    「エクスペリエンスフラグメントと交換」オプションは、画像には使用できません。画像にこのオプションを使用する場合は、目的の画像を含むコンテナ要素をクリックします。

  2. 目的のエクスペリエンスフラグメントを選択し、「完了」をクリックします。

  3. アクティビティの設定を終了します。

    各タイプのアクティビティを設定する方法について詳しくは、次のトピックを参照してください。

フォームベースの Experience Composer を使用してエクスペリエンスフラグメントを使用するには:

  1. Target のフォームベース Experience Composer でエクスペリエンスを作成または編集する際に、AEM コンテンツを挿入するページ上の場所を選択し、「エクスペリエンスフラグメントを変更」を選択して「エクスペリエンスフラグメントを選択」リストを表示します。

    この エクスペリエンスフラグメント リストには、 AEM 現在は、内からネイティブで利用可能です。 Target.

  2. 対象のエクスペリエンスフラグメントを選択し、「保存」をクリックします。

  3. アクティビティの設定を終了します。

注意点

  • Target は現在、読み込むエクスペリエンスフラグメントを 10 分ごとに検索します。インポートされたエクスペリエンスフラグメントは 10 分以内に Target で使用可能になります。ただし、この時間は今後短縮される予定です。
  • エクスペリエンスフラグメントが Target をHTMLオファー エクスペリエンスフラグメントの「プライマリ」バージョンは、 AEM. Target 内のエクスペリエンスフラグメントは編集できません。
  • エクスペリエンスフラグメントを作成するには、 Adobe I/O. 前述のように、AEMを使用してエクスペリエンスフラグメントを作成します。
  • AEMでエクスペリエンスフラグメントを更新する場合は、エクスペリエンスフラグメントを公開し、に書き出す必要があります。 Target 再び Target では、最新の変更を使用できます。

Target に書き出したエクスペリエンスフラグメントから ClientLibs と不要なHTMLを削除する

エクスペリエンスフラグメントオファーを Target AEMが配信するページでは、ターゲットページに必要なすべてのクライアントライブラリが既に含まれています。 また、不要なHTML要素もオファーに含める必要はありません。

HTMLページ全体がエクスペリエンスフラグメントをラップして問題を引き起こす場合があります。 エクスペリエンスフラグメントが小さなHTMLであり、HTML、HEAD、本文などを含む完全なHTMLページではないことを確認します。

詳しくは、次のブログ投稿を参照してください。 AEM 6.5:Target に書き出したエクスペリエンスフラグメントからの ClientLibs の削除

トレーニングビデオ:でのAEMエクスペリエンスフラグメントの使用 Adobe Target

次のビデオでは、エクスペリエンスフラグメントの設定方法と使用方法を示します。

メモ

4:54 で取り上げた AEM ディープリンク機能は削除されました。

詳しくは、 Adobe Targetでのエクスペリエンスフラグメントの使用AEM SitesのビデオとTutorials ページ。

このページ