エクスペリエンスとオファー

Adobe Targetのエクスペリエンスは、訪問者がアクティビティのオーディエンス条件を満たす場合に、どのコンテンツを表示するかを決定します。

エクスペリエンスは、オファー、画像、テキスト、ボタン、ビデオ、ページ上のこれらの様々な要素の組み合わせ、Web ページ全体、購入ファネルやその他のページの論理的シーケンスを形成するページのセットである可能性があります。また、音声アシスタント応答、カスタマーサービスのスクリプト、自動販売機のパーソナライズされたフレーバーであることもあります。Target アクティビティのエクスペリエンスをテストまたはパーソナライズします。

通常、1 つのアクティビティに、複数のエクスペリエンスを含めることができます。例えば、ソルトレークシティエリアからの訪問者には、スキーブーツの 30 ドル割引のオファーが表示され、サンディエゴからの訪問者には、ウェットスーツの割引のオファーが表示されます。または、再訪問者に異なるスペシャルオファーを提示するページをテストできます。これらの各オファーは、別のエクスペリエンスに表示されます。

Target では、次の Experience Composer を利用できます。

タイプ 詳細
Visual Experience Composer(VEC) VEC は Adobe Target の主要機能の 1 つです。マーケティング担当者やデザイナーが視覚的なインターフェイスを使用して、コンテンツを作成および変更できるエディターです。コードを直接編集することなく、多くのデザインの選択肢を作成できます。コンポーザーで利用可能な編集オプションを使用すれば、HTML および JavaScript の編集も可能です。
フォームベースの Experience Composer フォームベースの Experience Composer は、非視覚的なエクスペリエンス作成機能を提供します。この機能を使用すると、Visual Experience Composer では動作しない電子メール、キオスク、その他の場所に Target Standard の A/B テスト、エクスペリエンスのターゲット設定、自動パーソナライゼーションおよび Recommendations アクティビティを配信できます。
シングルページアプリケーション(SPA)Visual Experience Composer(VEC) SPA 用 VEC を使用すると、継続的な開発に依存せずに、マーケティング担当者が自ら SPA でテストを作成したりコンテンツをパーソナライズしたりすることができます。VEC では、React や Angular などの人気あるフレームワークで A/B テストやエクスペリエンスターゲット設定(XT)アクティビティを作成することが可能です。

このページ