時間枠

開始日時と終了日時は、 Adobe Target を使用して、特定の期間内にサイトを訪問したユーザーをターゲットに設定できます。 また、「週と日付の分割」オプションを設定して、オーディエンスのターゲット設定の繰り返しパターンを作成できます。

例えば、 組み合わせアドホックオーディエンス機能を使用すると、ブラックフライデーまでの 3 日間の特定のコンテンツと、ブラックフライデーの後の他のコンテンツを持つ低スペンダーをターゲットにすることができます。

  1. Target インターフェイスで、オーディエンスオーディエンスを作成​をクリックします。

  2. オーディエンスに名前を付け、オプションで説明を追加します。

  3. ドラッグ&ドロップ 時間枠 を audience builder パネルにドラッグします。

  4. 次を指定: 開始 および 終了 オーディエンスの日付と時間。

    アクティビティのスケジュールによってターゲティングを開始するには、開始日を空欄にしておきます。アクティビティの停止日時までターゲティングを続けるには停止日を空欄にしておきます。

    開始日と終了日を両方とも空欄にしておくこともできます。この機能を使用すると、開始日と終了日をアクティビティレベルで制御しながら、同じオーディエンスを複数のアクティビティで(オーディエンスのコピーを作成せずに)使用できます。

    メモ

    開始日/終了日のタイムゾーンは、GMT+/- NNとして表示されます。NN(ここでNN: NNはGMTからのオフセットであり、訪問者のタイムゾーンではなくアカウントレベルのタイムゾーンを反映しています。例えば、カリフォルニアのタイムゾーンは、GMT -08:00 と表示されます。

  5. (条件付き)クリック 頻度を設定 を使用して、繰り返しパターンを設定します(曜日と時刻を含む)。

    週と日付の分割

    以下を使用できます。 頻度 例えば、コールセンターに人員が配置されている日時のみ訪問者に「今すぐチャット」オプションを表示する場合などです。

    1 つ以上の曜日を選択して、開始および終了時間を設定します。クリック 頻度を追加 必要に応じて、追加のパターンを指定します。

    メモ

    週と日の分割の タイムゾーンは、GMT+/- NNとして表示されます。NN(ここでNN: NNはGMTからのオフセットであり、訪問者のタイムゾーンではなくアカウントレベルのタイムゾーンを反映しています。例えば、カリフォルニアの太平洋夏時間のタイムゾーンは、GMT -07:00 と表示されます。

  6. (オプション)オーディエンス用の追加のルールを設定します。

    必要に応じて、各ルールに対して手順 5 を繰り返すことができます。

  7. 完了」をクリックします。

トレーニングビデオ:オーディエンスの作成 概要バッジ

このビデオでは、オーディエンスのカテゴリの使用について説明しています。

  • オーディエンスの作成
  • オーディエンスカテゴリの定義

このページ