Adobe TargetAPIの概要

Adobe Target APIは、次のタイプに従ってグループ化できます。管理API、配信API、レポートAPI、プロファイルAPI

APIタイプ 何が可能か ダウンロードリンク その他の役立つリンク
管理者 アクティビティ、オーディエンス、オファー、およびその他のオブジェクト(Recommendationsエンティティ、条件、デザインなど)を作成、変更、削除します。 Recommendations APIは管理APIの一種です。) Adobe TargetTutorialsでRecommendations APIを使用
配信 エンドユーザーに配信するために、最適化され、パーソナライズされたコンテンツをTargetから取得します。 ターゲット配信API Postmanコレクション
レポート アクティビティ結果とその他のレポート結果を書き出します。 レポートAPIは、ターゲット管理APIポストマンコレクションに含まれています。
プロファイル Adobe Targetに保存されているユーザプロファイルを取得して変更します。 ターゲットプロファイルAPI Postmanコレクション
メモ

Target管理API(Recommendations APIを含む)とTarget配信APIには、次のような重要な違いがあります。

  • 管理APIを使用すると、Target UIでも設定できるTargetの様々な要素を設定できます。 管理者APIは認証が必要です。

  • 配信APIを使用して、コンテンツを取得できます。 配信APIには認証は必要ありません。

Target管理APIを使用するには、まずAdobe I/Oを使用して認証を設定する必要があります。詳しくは、Adobe TargetTutorials​の認証を設定を参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now