エクスペリエンスのターゲット設定

エクスペリエンスのターゲット設定(XT)では、マーケティング担当者が定義した一連のルールや条件を基にして、特定のオーディエンスにコンテンツを配信します。

エクスペリエンスのターゲット設定(ジオターゲティングを含む)は、特定のオーディエンスに特定のエクスペリエンスまたはコンテンツをターゲット設定するルールを定義する際に有効です。アクティビティで複数のルールを定義して、様々なオーディエンスに異なるコンテンツのバリエーションを提供します。

訪問者がサイトを表示すると、エクスペリエンスのターゲット設定(XT)は、その訪問者を評価して、設定した条件を満たしているかどうかを判断します。条件に一致した場合、その訪問者はアクティビティに組み込まれて、条件が一致したオーディエンス用に設計されたエクスペリエンスが表示されます。単一のアクティビティ内で、複数のオーディエンスに対してエクスペリエンスを作成できます。

エクスペリエンスのターゲット設定は、パーソナライゼーションの第一歩であり、多くの場合、A/B テストから始まります。マーケティング担当者は A/B テストを実施し、レポート用オーディエンスを使用することで、エクスペリエンスが異なれば、それに共感するオーディエンスも異なることを発見します。エクスペリエンスのターゲット設定を使用すると、マーケティング担当者は、その発見を活かして、それらの異なるユーザーセグメントに対するコンテンツの長期的なターゲット設定に容易に切り替えることができます。

シナリオ:エクスペリエンスターゲット設定

Web サイトでアウトドア用品を特集するとします。A/B テスト用のレポートは、異なるオーディエンスの共感を呼ぶ 3 つのエクスペリエンスがあることを示しています。この発見を活用するために、訪問者の場所や趣味に応じて、異なるヒーロー画像をホームページに表示して、これらの異なるオーディエンスに対してアピールしたいと考えてます。このシナリオでは、ニュージャージーからの訪問者にハイキングの画像を表示し、ハワイからの訪問者にサーフィンの画像を表示します。また、サイクリングが好きなオーディエンスもいます。3 番目のヒーロー画像を表示して、サイクリング好きのオーディエンスにアピールします。

XT アクティビティにより、各オーディエンスにアピールする異なるヒーロー画像を使用して、これら 3 つのオーディエンスをターゲットにすることができます。以下のビデオ、「A/B テストからエクスペリエンスのターゲット設定へ」は、両方の州をターゲットにしたエクスペリエンスおよびサイクリング愛好家をターゲットにした 3 番目のエクスペリエンスの作成方法を説明します。またこのビデオでは、目標を達成するための 3 つのエクスペリエンスの順序付け方法も説明します。このビデオを見たら、次にエクスペリエンスのターゲット設定アクティビティの作成に進みます。

トレーニングビデオ:

以下のビデオは、この記事で説明する概念についてさらに詳しく説明しています。

A/B テストからエクスペリエンスのターゲット設定へ

このビデオでは、エクスペリエンスのターゲット設定(XT)で A/B テストを次の段階に進める方法について説明します。

  • XT アクティビティを設定するための、3 つの手順から成るガイド付きのワークフローを説明します。
  • 場所に特有のコンテンツを様々な地域のオーディエンスに配信する方法を説明します。
  • 適確なコンテンツが適切なオーディエンスに配信されるように、エクスペリエンスを並べ替える方法について説明します。

アクティビティのタイプ(9:03)

このビデオでは、Target Standard/Premium で利用できるアクティビティのタイプについて説明しています。エクスペリエンスのターゲット設定に関する説明は、5:15 から始まります。

  • Adobe Target に含まれるアクティビティのタイプの説明
  • 目標達成に適したアクティビティのタイプの選択
  • すべてのアクティビティのタイプに適用される 3 ステップのガイドによるワークフローについての説明

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now