Automated Personalizationのプレミアム ​ オファーレポートグループ

でのレポートグループの使用に関する情報 Adobe Target Automated Personalization (AP) アクティビティ

レポートグループは、次の 2 つの主要機能を実行します。

  • レポートグループを使用すると、AP アクティビティレポートでグループ化されたオファーを表示できます。
  • レポートグループは、 Target パーソナライゼーションモデル機能を使用します。

レポートグループを使用する場合、 Target は、そのグループ内のすべてのオファーのデータを使用して、各レポートグループに対して 1 つのパーソナライゼーションモデルを作成します。 レポートグループがない場合、 Target は、AP アクティビティの各オファーに対してパーソナライゼーションモデルを作成します。

アクティビティの設定で、オファーごとに作成するのに十分なデータがない場合、レポートグループは、 Automated Personalization. また、レポートグループは、類似するオファーをグループ化して新しいオファーの「コールドスタート」の問題を解決することもできるので、各モデルはより多くのデータを得ることができます。モデリンググループは、AP アクティビティに新しいオファーが定期的に導入されるアクティビティにも使用できます。

この方法は、訪問者がグループ内のすべてのオファーに同じ方法で応答する場合に便利です。ベストプラクティスは、類似する訪問者グループが同様の方法で応答するオファーをグループ化することです。つまり、同様のコンバージョン率を持つオファーをグループ化します。すべてのオファーを 1 つのレポートグループに入れるのは避けてください。コンバージョン率の異なるすべてのオファーまたはオファーをグループ化すると、 Target パーソナライゼーションモデル。

メモ

オファーが特定のモデリンググループから削除または置換されると、その特定のオファーをモデリンググループからも削除した履歴トラフィックが表示されます。つまり、削除されたオファーは、 Target パーソナライゼーションモデルを参照してください。

レポートグループの設定

  1. エクスペリエンス AP アクティビティのページで、 コンテンツを管理 アイコン

    コンテンツを管理アイコン

  2. Manage Content」ダイアログボックス上部の「Offers」タブをクリックします。

  3. (条件付き)特定のオファーにマウスポインターを置いてから Reporting Group のフォルダーアイコンをクリックして、特定のエクスペリエンスをレポートグループに追加します。

    レポートグループアイコン

  4. (条件付き)複数のエクスペリエンスのチェックボックスをオンにしてから レポートグループ ダイアログボックスの右上隅にあるフォルダーアイコン。

    レポートグループアイコン

  5. 選択したオファーを既存のレポートグループに割り当てるには、「既存」を選択し、ドロップダウンリストから目的のレポートグループを選択して、「適用」をクリックします。

    または

    選択したオファーを割り当てる新しいレポートグループを作成するには、「」を選択し、新しいレポートグループに名前を付けて「Apply」をクリックします。

    新しいレポートグループを作成するための新しいアイコン

以下を使用して、 場所 場所でオファーをフィルターするリスト。 レポートグループを基準にしてオファーをフィルターするには、レポートグループリストを使用します。また、レポートグループでは、割り当てられていないオファーをフィルターして、現在どのレポートグループにも割り当てられていないオファーにレポートグループを割り当てることもできます。

特定のオーディエンスに対するオファーのターゲット設定について詳しくは、「AP オファーのターゲット設定」を参照してください。

注意事項

  • レポートグループが Target モデルを構築します。 その結果、 Adobe では、アクティビティがライブ状態のときに新しいオファーを置き換えたり追加したりする予定がある場合にのみ、レポートグループを使用することをお勧めします。 ライブアクティビティに新しいオファーが導入された場合、既存の類似のオファーを含むグループに新しいオファーを配置すると、マシンは、グループ内の他のオファーで既に収集されているデータを使用して、新しいオファーについて学習できます。 すべてのオファーを 1 つのレポートグループに入れるのは避けてください。

  • AP アクティビティには、場所とオファー(モデルラベル)の組み合わせがあります。 条件 Target レポートにデータを記録します。 Target では、このような組み合わせを考慮して、オファーが発生したイベント(表示、クリックなど)が明確になります。

    例えば、1 つのアクティビティに複数の場所と複数のオファーがあり、それらが重複する可能性があります。 訪問者が異なる場所で複数のオファーを表示する場合、 Target は、これらのオファーのデータのみを記録します。 同じ訪問者が後でオファーをクリックした場合、 Target は、その組み合わせのみからイベントを記録します(すべての組み合わせに対しては記録しません)。

    同様に、クリック元が別の場所(指標に存在するがオファーを表示しない場所)である場合、このイベントは「 」アクティビティに記録されますが、オファーと場所の組み合わせに関しては記録されません。 その結果、このオファーはオファーレポートグループに表示されません。

    この動作は、クリックが別の mbox からおこなわれ、オファーを提供した mbox からのクリックではない可能性があるためです。 このため、指標はアクティビティに関連付けられますが、オファーには関連付けられません。

レポートグループのオファーを表示

  1. クリック アクティビティ、目的の Automated Personalization 「 」アクティビティを選択し、 レポート タブを使用して、 オファーレベル レポート。

    多くのアクティビティがある場合、タイプドロップダウンリストから Automated Personalization を選択することで、リストをフィルターできます。

  2. クリック 制御 または ターゲット をテーブルに表示して、レポートグループ内のグループ化されていないオファーおよびオファーを表示します。

    オファーグループ:コントロールとターゲット

の使用に関する情報 Automated Personalization レポート ( オファーレベル レポートを参照 )、 Automated Personalizationサマリレポート.

このページ