Adobe Targetでのレスポンストークンとat.jsカスタムイベントの使用

レスポンストークンとat.jsカスタムイベントを使用すると、Targetのプロファイル情報をサードパーティシステムと共有できます。 カスタムプロファイル属性、地理情報、アクティビティの詳細、組み込みプロファイルなど、Target訪問者プロファイルの任意のオブジェクトをTarget応答に追加して、カスタムJavaScriptを使用してサードパーティと統合できます。

レスポンストークンとat.jsカスタムイベントの使用方法

  1. Targetから必要なデータを特定する
  2. 設定/レスポンストークン画面で切り替えを反転して、必要なデータのレスポンストークンをオンにします
  3. 使用する必要があるイベントリスナーを決定します。
  4. Adobe Targetイベントをリッスンし、レスポンストークンを読み取り、統合に必要な操作を行うために必要なJavaScriptを記述します
  5. 「Load Target」アクションの後に、Launchのカスタムコードアクションを使用してイベントリスナーJavaScriptをデプロイするか、セットアップ/実装画面でat.jsの「ライブラリフッター」セクションに追加して、新しいat.jsファイルを保存します。
  6. 統合のQAと公開

その他のリソース

このページ