データプロバイダーを実装して、サードパーティデータをAdobe Targetに統合する

Adobe Targetのデータプロバイダー機能を使用してサードパーティのデータプロバイダーからデータを取得し、Targetリクエストで渡す実装の詳細と例。

メモ

データ プロバイダ at.js ーには1.3以降が必要です。

データプロバイダーの基本コンポーネントの実装

dataProviderの基本的なコンポーネントの概要と、適切な順序でコードを取得する方法を簡単に説明します。
ビデオで使用されているコードの実際の例を次に示します。
https://target.enablementadobe.com/data-providers/simple.html

サードパーティAPIとの統合

より現実的な例(天気APIの統合)を示します。
ビデオで使用されているコードの実際の例を次に示します。
https://target.enablementadobe.com/data-providers/3rdparty.html

複数のプロバイダーとの統合

複数のプロバイダーのデータをグローバルTargetリクエストに組み込む方法。
ビデオで使用されているコードの実際の例を次に示します。
https://target.enablementadobe.com/data-providers/combined.html

ページ読み込みの影響の最小化

データをセッションストレージオブジェクトに保存することで、ページ読み込み時間への影響を最小限に抑えます。 または、 profile.プレフィックスを使用して値をプロファイルパラメーターとして渡し、セッションの最初のTargetリクエストで渡すこともできます。 ただし、リクエストごとに50個のプロファイルパラメーターを渡すことに制限されます。

ビデオで使用されているコードの実際の例を次に示します。https://target.enablementadobe.com/data-providers/reducedCalls.html

サポート資料

このページ