Node.js SDK を初期化します。

最終更新日: 2023-07-27
  • トピック:
  • APIs/SDKs
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer

説明

以下を使用します。 create メソッドを使用して、Node.js SDK を初期化し、 Target ~に電話をかけるクライアント Adobe Target 実験とパーソナライズされたエクスペリエンスの場合。

メソッド

作成

TargetClient.create(options: Object): TargetClient

パラメーター

options は次の構造を持ちます。

名前 タイプ 必須 デフォルト 説明
client 文字列 None Adobe Target Client ID
organizationId 文字列 None Experience Cloud組織 ID
環境 文字列 × 実稼動 ターゲット環境名。 Adobe Analytics の Target UI, 管理 > 環境.
timeout 数値 × 3000 タイムアウト(ミリ秒)
serverDomain 文字列 × *client*.tt.omtrdc.net デフォルトのホスト名を上書き
secure ブール値 × true HTTP スキームを強制するには設定を解除します
logger オブジェクト × NOOP ロガー デフォルトの NOOP ロガーを置き換える
targetLocationHint 文字列 × None Target のロケーションのヒント
fetchApi 関数 × global.fetch または window.fetch 取得 は、SDK が http リクエストに使用します。 デフォルトでは、ノードフェッチまたはフェッチのブラウザ実装が使用されます。 ただし、 fetchApi
propertyToken 文字列 × None Target プロパティトークン. ここで指定した場合、 getOffers 呼び出しではこの値が使用されます。 オンデバイス判定の場合​に設定されている場合、SDK は、 propertyToken
decisioningMethod 文字列 × サーバーサイド 使用する判定方法を決定します (オンデバイス、サーバー側、ハイブリッド )
pollingInterval 数値 × 300000(5 分) のポーリング間隔 オンデバイス判定ルールアーティファクト (ミリ秒単位)
artifactLocation 文字列 × None の完全修飾 URL オンデバイス判定ルールアーティファクト. 内部的に決定された場所を上書きします。
artifactPayload オブジェクト × None の JSON ペイロード オンデバイス判定ルールアーティファクト. 指定した場合、URL からリクエストする代わりに使用されます。
events オブジェクト<string function=""> × None イベント名キーとコールバック関数値を持つオプションのオブジェクトです。
telemetryEnabled ブール値 × true 有効にすると、Adobeは SDK 機能の使用状況とパフォーマンスのテレメトリデータを収集します。 個人データは収集されません。

Node.js

const CONFIG = {
    client: "acmeclient",
    organizationId: "1234567890@AdobeOrg",
    events: {clientReady: targetClientReady }
};

const targetClient = TargetClient.create(CONFIG);

function targetClientReady() {
    // make calls to Adobe Target
}

このページ